2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気のアフラックWAYSの5年前納の商品が今月末で販売終了となります。

駆け込み需要で大忙し

まだ間に合いますよ~




スポンサーサイト

おはようぎざいます

人気のマニュライフ生命の終身保険が来月より値上がりします。

検討中の方はお早めに!!





CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!
こちらをクリック!

1日1回応援クリックお願いいたします! 





みなさん、こんばんわ~

最近、保険相談をしていますと、たばこを吸う人が少なくなっているように感じます。

特に若い人は、吸わない人は多いですね~

経済的な事情とか健康のこととかいろいろあると思いますが、体には良いことです

気になったので調べてみたら、

喫煙率は、

男性 約36%
女性 約9%


平成15年では、男性47%、女性11%でしたので、随分少なくなってきていますね。


年代別では、

男性
20代 41%
30代 49%
40代 52%
50代 41%
60代 33%
70代 19%

女性
20代 14%
30代 18%
40代 13%
50代 10%
60代  5%
70代  3%


(厚生労働省「国民健康・栄養調査結果の概要」/平成20年)


非喫煙割引の保険の方を多く提案している感じがありましたので、意外に多い印象です。
また男性は40代が、女性は30代がピークになっていますね。



生命保険は、非喫煙者と喫煙者で選ぶ保険会社が変わってきます


皆さんの保険は、非喫煙割引がありますか





CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!
こちらをクリック!

1日1回応援クリックお願いいたします! 





みなさん、こんばんは~

今日の日経の夕刊にもありましたように、

終身保険の値上げや販売中止が相次いでいます。

住友生命は、販売中止。
東京海上日動あんしん生命は、値上げ。
あいおい生命や富士生命は、一部販売中止。


理由は、長期金利の低下で採算が悪化しているからですね。
(7年ぶりに、0.895%まで下がっています。)

東京海上日動あんしん生命の長割り終身保険は、人気の高い商品ですが、10月までは今の保険料で加入できますので、ご検討されている方は、お早めに




CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!
こちらをクリック!

1日1回応援クリックお願いいたします! 





みなさん、こんばんは~

チェジュから帰ってきて毎日大忙しで、今日も3件の保険相談でクタクタな私ですが、

今週もたくさんの予約がありますので、全力で頑張りたいと思います!

ところで、葬儀費用の平均っていくらかご存じですか。

全国平均では、

231万円

です。

ご存じのように、

この葬儀費用を準備するのは、終身保険が適しています。

皆さん、終身保険に加入していますか

葬儀費用に1番適している保険は、どこの保険会社の商品





CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!

こちらをクリック!


1日1回応援クリックお願いいたします! 





某保険会社から、

待望の!!

【ユーロ建ての終身保険】

が発売されます

今まで人気のドル建て終身保険に、強力なラインナップが加わりました。

このユーロ建て終身保険は、我々プロの間でも真っ先に加入を検討する保険の1つになりそうです。

興味のある方は、ぜひ、ご相談を!!





CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!

こちらをクリック!


1日1回応援クリックお願いいたします! 






保険には、頭金という制度があります。

文字どおり、車や住宅ローンと同じで、頭金を入れると月々の支払いが安くなるというもので、一部の保険会社で取扱があります。

具体的には、死亡1000万円の終身保険で、頭金の上限(2割)の死亡200万円部分を一時払いにすることで、頭金プランが可能になります。

月々の保険料を抑えたい方や返礼率を上げたい方にはお薦めです




CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!

こちらをクリック!


1日1回応援クリックお願いいたします! 





終身保険と言えば、60歳とか65歳まで支払うのが一般的ですが、

一時払いや前期前納払いというのもあります。

今日は、前期前納払について。

(例:A社)

50歳 男性
死亡保険 200万
支払期間 5年
年払い保険料 271,708円


この年払保険料を5年分まとめて支払うことを、前納と言います。

前納にしますと、
1,331,913円

普通に5年間支払うと、
271,708円×5年=1,358,540円

少し割引(26,627円)があるのがお分かり頂けると思います。


さて、この保険ですが、10年後に解約するとどうなるのでしょうか!

解約返戻金は、1,421,028円

返礼率は、106.6%です。

このように、50歳で加入しても10年で6.6%増えて、なんといっても、

133万の保険料で、終身の200万の死亡保障がが買える!

のですから、加入しない手はないですね 





CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!

こちらをクリック!


1日1回応援クリックお願いいたします! 






今日は、数年後に住宅購入を考えている皆さまへ、ワンポイントアドバイス!

銀行等で住宅ローンを組むときには、団体信用生命保険に加入する必要があるのをご存じですか

団体信用生命保険とは,万が一、死亡した場合や高度障害状態の場合などに、住宅ローン残高の保険金が支払われるというものです。
(簡単に言いますと、ご主人が亡くなると、住宅ローンがチャラになるということですね。)

ここで問題は、

団体信用生命保険は生命保険だということ!

つまり、”保険”ですので、当然、告知がありますから、告知の内容によっては、住宅ローンを断られてしまう可能性があるということです。

このようなリスクをヘッジするためには、

あらかじめ、予定している住宅ローン分の生命保険に加入しておいた方が良いのは、言うまでもありません




CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!

こちらをクリック!


1日1回応援クリックお願いいたします! 




1日1回応援クリックを宜しくお願いします)  



当店で、ほとんどの方が加入する

『収入保障保険』

この設定月額金額については、お客様の考え方や価値観が出るところですね。

「遺族年金が月12万くらいでるので、収入保障保険で10万、あとは働けばなんとか生活はできる・・・・」

という話もお客様からよく聞きます。

それはそれで、すべて否定するわけではもちろんありませんが、ファイナンシャルプランナーとして、

リスクマネジメントの観点から言えば、少し違ってきます。

リスクマネジメントの観点・・・・

それは、

最悪のシナリオを想定して準備・計画しなければならない!

ということです。

例えば、上記の例で言いますと、ご主人が万が一の時に、奥様が必ず働けるとは限りません。

子供が小さい、
奥様が病気で働けない、
就職先がない、
奥様の両親が病気や介護で面倒を見る必要がある、等。


保険は、個々に予算があり、価値観もあるため、一概には言えないですが、ご主人がいなくなるというのは、本当に大変なことですので、死亡保障については、気持ち多めに加入しても良いかもしれませんね! 





Newホームページはここをクリック!! 


保険ランキングへ 








   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 




最近は年配の方の保険相談も増えています。

多いのは医療保険の相談ですが、

ぜひ、皆さんの親にも

お葬式代程度の死亡保険を薦めてみてください

お葬式代に300万円かかるとした場合、銀行に預けておきますと300万円必要ですが、保険にしますと、300万円のお葬式代が200万円以下で準備できるのですよ!

100万円以上、お得になりますので、活用しない手はありませんね





当店新ホームページより、ご相談予約をお待ちしております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


Newホームページはここをクリック!! 




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 



『死亡保障は、必要ですか?』

素朴な質問ですが、よく聞かれる質問の1つなんです。

死亡保障は、簡単に言いますと、

【残された家族の生活費のため】

に加入するものですが、

【その方が亡くなることによって経済的に困る人のため!】

と言いかえることができます。

ですので、一般的には主婦の方や独身の方の場合など、さほど必要ありません。

しかし、主婦の方でも必要な場合もあります

「専業主婦の方が万が一亡くなってしまいますと、子供の世話をご主人が見なければなりませんが、ご主人の仕事がありますので、ベビーシッターに預ける費用分を保険でカバーする」

「住宅を購入したときに、親に借入をして現在返済中」

「借金がある場合」

「親や兄弟に仕送りをしている」

「親の生活費を負担している」

「お葬式代」


など・・・・は、検討の余地ありですね。






当店ホームページはこちらをクリック


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 



終身保険を1つ持っておくと、非常に役に立ちますので、お客様には、1つ終身保険に加入することをお薦めしています

(終身保険のイメージ)
35歳 男性 死亡保障2000万 65歳払い 36760円
65歳時総支払額   13,233,600円
65歳時解約返戻金  15,500,000円



終身保険は、

☆死亡保障がある
☆老後の年金になる(年金に移行できる)
☆貯まったお金を老後の医療費に使える
☆貯まったお金を介護費用に使える
☆お葬式代にできる
☆相続対策になる
☆デフレ対策に有効である


と、いろいろ有効活用ができます。

ぜひ、1つは持っておいて下さい!




新ホームページはこちらをクリック


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 



「お客様はたばこを吸われますか?」

「たばこを吸う人と吸わない人では、提案する保険会社が違ってきます。
たばこを吸う人に安い会社、吸わない人に安い会社があるのですよ。」


お客様にお話すると、結構、びっくりする場合が多いですね


オバマ米大統領が、これまで失敗してきた禁煙を実行するかに注目が集まっています。

選挙の公約にもしていたそうですが、止めていなかったそうです。

アメリカの喫煙率は、日本より低く、約2割

また、アメリカでは、たばこを吸うと管理職としての資質を問われるそうが、全面禁煙のホワイトハウスで、禁煙できるかどうか注目ですね!





新ホームページはこちらをクリック


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 



収入保障保険について、3日目です。

「収入保障保険はなぜリーズナブルなの?」

2つ理由があります。

昨日もお話したように、収入保障保険は、年々、保障が下がっていく保険です。

しかし、死亡率はどうでしょう?

逆に、年々、上がっていきますね。

つまり、保険会社からすると、お客様が年をとるにつれて、支払う予定の保険金額が下がっていくので、保険料を安く設定できるのですね!

定期保険と比べて、なんとなく割安に感じるのは、このためです。

そして、収入保障保険がリーズナブルなもう1つの理由は、

保険料の値下げ競争が激しい商品である!

ということです。

収入保障保険は、医療保険と並んで、各社が力を入れていますので、必然的に安くなっているのです。

以上になりますが、

最後に、収入保障保険は、

たばこを吸う人と吸わない人で選択する保険会社が変わってきますので、ご注意くださいね





新ホームページはこちらをクリック


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 




昨日に続いて、「収入保障保険」 の話です。

「収入保障保険は、なぜ、合理的でリーズナブルなのか?」

まずは、なぜ、合理的なのか!から。

収入保障保険は、亡くなった時から保障期間までの間、毎月、契約時に決めた金額が家族の生活保障として支払われます。

保険に加入する主な目的は、残された家族の生活費のために加入するものですよね。

ところが、必要な保障は、時間の経過とともに減っていきます。

つまり、

生命保険を考える場合、時の経過とともに、必要な保障も減っていくのが自然ですね。

これにぴったりなのが、収入保障保険なのです

合理的

ですよね。

明日は、「なぜリーズナブルかのか?」についてです。





新ホームページはこちらをクリック


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 




 「収入保障保険とは、どんな保険ですか?」

死亡保障と言えば、3000万とか5000万という金額をイメージされる方が多いと思いますが、(これは定期保険というものです)

この保険は、ご主人が万が一の時に、

『保険会社が、毎月15万円、残された家族に支払います!』

という保険です。(15万円という契約の場合)

「死亡保障はいくらあれば足りる?」

と悩んでいる方はたくさんいらっしゃいますが、これだと

毎月、いくらあれば生活できるかイメージししやすいですよね。

しかも、この保険は、とても合理的でリーズナブルなのです

理由は、2つあります!

続きは、明日





新ホームページはこちらをクリック


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 



三井住友海上きらめき生命より、新商品「低解約返戻金型定期保険」が発売されます。

いわゆる長期定期保険の低解約型ですが、一般の方にはなじみが薄いかもしれませんね。

どちらかといいますと、法人で加入されるケースが多いからです。

しかし、個人に適していないかとうと、そんなことはありません。

定期保険というと、「掛捨て」というのが一般的なイメージかもしれませんが、長期の定期保険には解約返戻金があります。

この解約返戻金を老後の資金として活用することができるからです

そして、終身保険との最大の違いは、

保険を買うコストが安い!

ということです。

終身保険と長期定期保険には、それぞれメリット・デメリットがありますので、良く見比べて加入しましょう!

また、長期定期保険はたくさんの保険会社が出しています。

保険料は、各社、全然違いますので、保険会社ごとの比較も忘れずに




保険の節約相談は匿名Pスタメール相談よりどうぞ! 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 


最近は、外貨建ての終身保険や個人年金保険が良く売れています。

終身保険をご案内する場合、低解約型や無配当型、変額、積立利率変動型など、一通り、種類を説明させていただきますが、ドルなどの外貨建て保険の話になりますと、

「ドルは怖い・・・?」

「ドルはどうなるか分からない・・・?」

「ユーロは・・・?」

と言われる方が結構、いらっしゃいます。

そこで私は、一応、下記のように話します。

「円は怖くないですか?」

「円はどうなるか分かりますか?」


最後に、

「円もドルもどうなるか分からないので、どっちにころんでも良いように、両方持っておくのも1つの考え方ですね!」

と、分かり易く説明します。

個人的には、三大疾病付きドル建て終身保険などが好きですが、

絶対これが良い保険!というのはありません。

個人個人、好みや価値観が違いますからね!


私は、お客様に、納得のいく保険を選んでいただければ、幸せです




保険の節約相談は、匿名Pスタメール相談よりどうぞ



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 


保険は嫌いだから・・・・

たまにそういうご主人がいます。

私は、その方に質問します。

私: 「あなたが亡くなったら、残された奥様と子供はどうやって生活するのですか?」

なんとかなる・・・

死なないから・・・

私:「・・・・・・・」




保険の節約相談は、匿名Pスタメール相談よりどうぞ



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  




   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 


生保の大手9社の決算が出ました。

不払い問題があり、各社とも新契約は減少していますね。

特に、大手の日本生命が戦後初めて首位から転落したのは驚きました。(戦後初めてっていうのもすごいですが・・・)

最近の業界動向を見ていますと、営業の数だけで契約を取っていく昔からのスタイルが限界を迎えているのをすごく実感します。

外資系保険会社のコンサルティング営業や当店のような来店型ショップ、インターネットでの加入など、いろいろなところで加入でき、保険各社を比較できますので、当然の流れといえます。

ところで、この中で私が気になったのは、死亡保障の販売が大きく減少していることです。

最近の生命保険は、死亡保障を売るのは難しく、医療保険を売るには簡単だと言われています。

なぜなら、お客様のニーズが、健康保険の自己負担増加により、医療保障の方が大きく、一方、死亡保障は、死亡する確率が少なくなかなか自分や家族の死にたいする実感がないのか、または節約志向もあり、少なめに設定される方が多いからかもしれません。

テレビの宣伝も医療保険ばっかりですよね。

以前から何度か書いていますが、本当に困るのは、御主人が亡くなった時で、保険の中で1番役に立つのが死亡保険です。

これを節約してはいけませんね。

家計の中の必要経費です

保険の優先順位は、死亡保険が1番なのです




保険の節約相談は、匿名Pスタメール相談よりどうぞ



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


お葬式や墓地・墓石代費用を準備する場合、生命保険が1番適していると思います

例えば、終身で300万円の保障(お葬式代、墓地・墓石代)を買う場合、総支払額で6割前後のお金(保険料)を支払えば、準備することができます。

6割ということは、180万円です。

180万円で300万円が保障されるんです!

最低限、この金額だけは、終身保険で準備した方が良いですね

銀行に300万円お葬式代として、プールしておく理由はありません。

それでは、どの保険が適しているのでしょうか?

当然、300万円の保障を買うのに、毎月の保険料が安い保険が適しています。

その場合、たくさんの保険会社の商品を比較しなければならないのは言うまでもありませんね

中には、4割で準備できるものもありますよ



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


当店のお問合せの多いドル建て保険について少し書いてみたいと思います。

ドル建て保険の最大の特徴は、

保険料や保険金、解約金がドルで支払われるというものですが、(円で支払われるものもあります)なんといってもアメリカと日本の金利差があるため、

保険を買うコストが安い=保険料が安い

ということです。(現在のレートの場合)

たしかに円安になれば、保険料も割高になる可能性もありますが、過去を見ても、ドル・円は他の通貨に比べて変動幅がそんなに大きくありません。

むしろ、円高になれば、毎月の保険料は安くすみますし、円安になれば解約金が多くなりますので、メリットの方が大きいのではと思っています。

そして、保険を通じてドル資産を持つことができ、通貨分散もできるというのも大きなメリットですよね


ドル建て保険の種類ですが、円建てと同じく、無配当終身保険積立利率変動型終身保険特定疾病付き保険低解約型終身保険養老保険個人年金保険、など種類も多彩で、また、そのほとんどはアリコジャパンやAIGエジソン生命など外資系が強いのも特徴ですね!

これらを選択する時は、自分自身の好みにあったものを選択するようにしましょう!

個人的には、お薦めの保険ですよ



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


逓減定期保険とは、保険金額が毎年減少していく保険ですが、最近は収入保障保険の方が、一括受取りと分割受取が選択できますので、人気となっています。

時々、お客様に聞かれることがあります。

「保障は毎年減少していくのですが、なんで保険料は毎年減らないのですか?」

今日は、全く新しいタイプの商品のご紹介です。

逓減定期保険なのですが、

保険金額だけでなく保険料も毎年下がっていくという業界初の商品です

いつか出ると思っていましたが、ついに出ましたね!

この保険は、個人はもちろんですが、法人での加入が多いのも特徴です。

特に借入金がある会社や個人事業主など、合理的に保障を確保することができます。

ぜひ、一考を!!


(お問合せは、ホームページよりお願い致します!)


(編集後記)

首都圏のマンション販売戸数が、前年比20%マイナスだそうです。
約5年ぶりに、在庫も1万戸を超えています。
私の家の近くも少し前までは、完売御礼だらけでしたが、最近は売れていないですね。
都心はともかく、郊外の物件は、少し待った方が良いかもしれません。
金利も上がりそうにないですし・・・・。



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日は、(財)生命保険文化センターによる調査結果(H19.12)の4日目です。

死亡保障の平均加入額は? 

男性 2382万円

女性  980万円

独身の方も含めた平均ですので、平均値は下がっているようです。

一家の大黒柱が、2300万円では少なすぎますよね。

ちなみに、死亡保障の希望額は?

男性 3895万円

女性 1774万円


で、それぞれ、1513万円、794万円不足しています。


皆さん、死亡保障が不足していては???と思いませんか?

買ったばかりの3000万円の新築の家に、1000万円しか保険をかけない人は、あまりいないですよね

生命保険は、物ではなく人なのです。

ましてや、御主人がなくなったら、残された家族は精神的にも大変です。

お父さんの万が一を考えるのなら、せめて、生命保険は少し多めくらいの気持ちで、加入しても良いと思いませんか




(編集後記)

今日、ドコモの『iのあるメール大賞』が発表されていましたのでご紹介します。
グランプリ作品
『さあ!問題です。昨日、レインボウパパからおやつパパになったことがわかりました。この答えがわかったあなたはきっと幸せになるでしょう。』
意味がわかりましたか!答えは明日のブログで!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


昨日までの『生命保険の3つの基本形シリーズ』はいかがでしたでしょうか!

この3種類の仕組みを良く理解して加入すれば、失敗はありません

「こんなはずではなかった。」  「聞いていない。」

というようなことは、無くなります。


これらを不動産に例えることもできます。

定期保険は、賃貸マンションと同じです。

10年定期ですと、10年間、家賃を支払って契約満了すれば、家賃は戻らず、家を家主に返します。

賃貸派に、お薦めです!

終身保険は、ローンで分譲マンションを購入するのと同じです。

65歳まで支払えば、一生自分のものになりますよね!

また、売却して現金にすることもできます。

生命保険も賃貸と持家に分けることができますので、このように覚えておいても良いですね



保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


私がお客様の前でよくお話する

『生命保険の3つの基本形』

3回シリーズの最後です。!

③終身保険

定期保険や養老保険と違い、保険期間が終身なのが最大の特徴で、保険料は定期保険よりは高いですが、養老保険より安くなります。
貯蓄性も高く、人気の商品です。


人気の終身保険ですので、種類がバラエティに富んでいます。

以下、主な終身保険のタイプです。

1、無配当終身保険
文字通り、配当が無い保険で、配当のあるタイプより保険料が安いのが特徴です。

2、、利差配当付き終身保険 
運用成果の出た場合、配当が出ます。

3、低解約返戻金型終身保険
払込期間中の解約返戻金を抑えて、その分、払込終了後には、1,2より解約返戻金が多いのが特徴です。
また、1.2に比べて保険料も割安です。

4、積立利率変動型終身保険 
国債に連動して金利が上昇すれば、解約返戻金が増える仕組みの保険です。
一般的に1,2、3より保険料は少し高めです。

5、ドル建終身保険 
文字通り、円ではなくドルで死亡保険金や解約返戻金が 支払われる保険です。
一般的に円建てのものよりも予定利率が高いので、保険料は割安です。ドルの3,4、バージョンもあります。

6、変額終身保険 
解約返戻金は運用次第でいくらになるか未確定の保険です。
運用が良ければ、上記の保険より解約返戻金が多くなる場合がありますが、運用が悪ければ、逆に少なくなります。
保険料は、割安に設定されています。

このように、終身保険は種類もたくさんありますので、目的や好みに応じて比較検討してみましょう


終身保険は、

《年金と一生涯保障》

という2つの目的で加入します
 




保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


私がお客様の前でよくお話する

『生命保険の3つの基本形』

3回シリーズの2回目!

②養老保険

定期保険と同じく、保険の期間が定められていますが、いわゆる”満期”のある保険で、満期になりますと、保険金と同じ満期金が出る保険です。

養老保険は以下の特徴があります。

1、保障期間が定められている。

2、保障金額(保険金額)と満期金額が同じで、貯蓄性がある。

3、保険料は一番高い。


以前は、郵便局がよく販売していましたが、最近は、貯蓄性がいま1つで、人気は下降しています。

養老保険は、

《貯金と一定期間の保障を》

という方に向いていますね
 




保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


生命保険は、よく難しいと言われますが、基本を抑えれば、ある程度、理解することが可能です。

今日は、私がお客様の前でよくお話する

『生命保険の3つの基本形』

書いてみます。(3回シリーズ)

まずは、

①定期保険

定期というので、銀行の定期預金を連想して、お金が貯まると勘違いしそうですが、保険の場合は、いわゆる掛捨ての保険のことを指します。

定期保険は以下の特徴があります。

1、保障期間が定められている。

2、掛捨てである。(途中解約の場合、解約金が少しあるのが一般的)

3、保険料が安い。


そして、この定期保険の種類は、

a,定期保険

b,逓減定期保険

c,収入保障保険


などがありますが、最近は、cの収入保障保険が人気となっています

定期保険は、

《少ない予算で大きな保障を》

という方に向いていますね
 




保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


終身保険の支払い期間は、通常60歳とか65歳払込みが多いと思いますが、支払い期間を、短縮することができるのをご存知ですか?

例えば、普通、20年、30年と支払うものを、

1回(一時払い)や3回払い

にすることができます。

メリットは、解約返礼率が上がる

ということです。

ある会社を例にしますと、

30歳、女性 3年払い 保障期間 終身 保険金500万円

これで、3年間の支払い総額は、約230万円です。

230万円支払うと、終身で500万円の保障が得られるということですね

次に、途中解約をした場合の返礼率を見て見ましょう!

1年後 約96%

5年後 約98%

6年後 100%超

10年後 約106%

30年後(60歳時)は、

なんと、約140%  になります。


資金に余裕があり、返礼率を重視したい方は、

ぜひ、終身保険の短期払いも検討してみてください




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  






全タイトルを表示

保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433

Author:保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433
年齢 45歳
血液 O型
出身 大分 山口
資格 ・CFP ・証券外務員2種 ・DCプランナー ・トータルライフコンサルタント
趣味 仕事 海外旅行 ジム ゴルフ 犬の散歩 マッサージ 読書


ファイナンシャルプランナーによる生命保険の節約アドバイス専門店!

当店では、以下の4つをモットーに保険提案をさせて頂きます。

1、お客様のご希望に沿った保険の提案をします!
(保険会社が売りたい商品ではなく、お客様が買いたい商品を提案します。)

2、その保険の中で1番安い組み合わせで提案させていただきます!
(同じ商品でも最大2倍近く保険料が違う場合もありますので、最も安い組み合わせを提案します)

3、しつこい勧誘等は一切行いません!
(保険相談の途中で、考え方の相違などちょっと合わないかな?と思ったら いつでも相談をストップして頂いても全く問題ありません!)

4、相談料や契約時の交通費等、保険料以外のお金は一切頂きません!
(保険料もそれぞれの保険会社へ直接振り込んで頂きますので、お客様との金銭の授受はございません)

東京・埼玉・神奈川は、無料でご自宅まで相談にお伺いさせて頂きます。(1~2週間先、または土・日は予約が埋まっていることが多いですので、早目に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。