2017 / 03
≪ 2006 / 07 - - - 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 - 2006 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みなさん、こんばんは~

2009年度に死亡した人のうち、相続税を支払った人は

46431人の4.1%

だそうです。
(現行水準になった1994年以降、過去最低でした。)

相続税の基礎控除は、5000万円プラス法定相続人1人×1000万ですが、

これが2011年以降は、

3000万円プラス法定相続人1人×600万

になりそうなので、課税対象者はかなり増える見込みです。

今まであまり縁のなかった人たちも、考えなくえてはいけませんね。

でも相続対策はお金もちだけでなく、普通の庶民の人も争族対策は必要ですので念のため。


みなさん、大丈夫???




CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!
こちらをクリック!

1日1回応援クリックお願いいたします! 






スポンサーサイト

今日は、

相続における生命保険の活用法

のお話!

意外と知られていませんが、生命保険は相続対策に良く使われます。

どのように使われているかと言いますと、

1、生前贈与の対策(節税対策)

例) 契約者 子 被保険者 親 受取人 子
* ポイントは、年間110万円は非課税であるということと、一時所得であるということ。

2、財産評価減の対策

保険金は、500万円×法定相続人の数=非課税 ですので、奥様と子供2人の場合、1500万円は非課税となります。銀行預金であれば、当然課税対象になりますので、使わない手はありません。

3、争族の対策(相続ではありません)(遺産分割対策)

生命保険は受取人固有の権利ですので、万が一、財産争いでもめた場合でも、早く現金(保険金)を受け取ることができますね。
また、自宅しか相続財産がない場合、簡単には分けられませんが、あらかじめ保険に加入しておきますと、自宅は兄、保険金は弟、という風にケンカをせずに分けることが可能です。

4、納税資金の対策

財産が自宅の不動産のみで、預貯金がない場合には、自宅を売却しなければならないかもしれません。
このような場合に、よく利用されるのが生命保険を利用した納税資金対策です
 




CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!

こちらをクリック!



 
1日1回応援クリックお願いいたします! 






今日も少し相続のお話です。

相続には、

「遺産に係る基礎控除」
(5000万円+1000万円×法定相続人の人数)


というのがあります。

例えば、相続人が妻と子供2人の場合、

8000万円は非課税!


ということですね。
(相続する財産が8000万円以下の場合、相続税がかからないということです。)

ですので、相続税を支払うのは、5%くらいのお金持ちだけなんです。

では、

相続放棄しても、「遺産に係る基礎控除」は使えるのでしょうか?

答え:

使えます!

例えば、相続は放棄したいけど、生命保険だけ受け取りたいという場合ですね





CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!

こちらをクリック!





今日は、少しだけ相続のお話です。

人が亡くなりますと、相続が発生しますが、亡くなった人の財産(借金も)は、特定の人が相続することになります。

○ 配偶者は常に相続人になります。

○ 子どもがいる場合は配偶者と子どもが相続人です。

○ ですので、子ども(孫)がいる場合は、親や兄弟姉妹は法定相続人にはなりません。

○ 子どもがいない夫婦の場合は、配偶者と父母(祖父母)が、法定相続人です。

○ 父母(祖父母)がいなければ「配偶者と兄弟姉妹」が法定相続人になります。


ちなみに、兄弟姉妹が亡くなっている場合は、その子どもが代わって相続人になりますが、配偶者だけに残したい場合は、「遺言書」を作成しておけば、大丈夫です。
(兄弟姉妹には遺留分がありません。)

最後に、生命保険は相続によく活用されますが、生命保険は、

受取人固有の権利

なので、

この人に残したい!!

という場合は、生命保険が有効ですね!
 





CFPへの保険相談は、保険pスタジオへ!

こちらをクリック!



 
1日1回応援クリックお願いいたします! 






   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 


相続税法24条活用の2日目です。

今日は、年金受給権が、どれくらいの割合になるかということを、以下に書いてみます。

(確定年金の場合)(年金総額に以下の割合を乗じます)

5年以下       70%

05年超10年以下 60%

10年超15年以下 50%

15年超20年以下 40%

25年超30年以下 30%

35年超       20%


(終身年金の場合)(年金額に以下の倍率を乗じます)

25歳以下 11倍

25歳超40歳以下 8倍

40歳超50歳以下 6倍

50歳超60歳以下 4倍

60歳超70歳以下 2倍

70歳超       1倍

また、遺族年金支払特約が付いているものは、据置(運用)期間中に亡くなられた場合でも、24条で評価できますよ!




保険の節約相談は、匿名Pスタメール相談よりどうぞ



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  





   保険ブログランキングはこちら!!
1日1回応援クリックを宜しくお願いしますね
 
 


生命保険は、人に死にかかわるものですので、税制上優遇されていることが多いのですが、本日は、

相続税法24条

について簡単にご説明します。

相続税法24条とは、

年金受取中に年金受取人が死亡した場合、相続人は、残りの年金(未払年金)に対する年金受給権
を相続します。
この年金受給権は、相続税の対象になりますが、これに大きな優遇措置があります。


例えば、年金年額200万円、残りの年金期間が36年の場合、

200万円×36年=7200万円

受け取れますが、相続税の評価額は、

なんと、

この、わずか、20%の

1440万円

なのです。


7200万円相続して、1440万円の評価ですから、これを利用しない手はありませんよね

これらは、変額個人年金などを利用しますが、最近、銀行などでこの商品が売れているのも、この相続税法24条を活用するための方も多いのですよ




保険の節約相談は、匿名Pスタメール相談よりどうぞ



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

生命保険は、よく相続対策に使われます!

なぜなら生命保険は、遺言と同じ効果があるからです

生きている間に、誰にいくら と指定できますよね

また、生命保険は、 『受取人固有の権利』 ですので、誰にも渡さなくてもOKです。

ちなみに相続対策なら、終身保険が適しています。

終身保険は、基本的に支払う累計保険料より、保険金の方が大きいので損もないですね。

一時払い終身保険では、死亡保険の約3分の1の保険料で買えるものもあります。

”遺言書”を書くには抵抗があるかもしれませんが、生命保険ならお手軽?ですね!! 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





ブログランキングはこちらから!(現在2位です!)  

相続税がかかる人は、国民全体の5%くらいと言われています。

それでは、どれくらいの財産があれば相続税がかかるのでしょうか?

5000万円+1000万円×法定相続人の数

例えば、奥様と子供2人が相続人の場合、

8000万円までは相続税がかからないということになります。

つまり、一般の方の大半は相続税はかからないということになります。

余談ですが、働いたら所得税がかかりますが、そこからさらに相続税がかかるとすると、2重課税ですよね!

ちょっと納得できなくないですか??


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

Pスタメール会員募集中!
携帯から空メールをどうぞ!hoken-p@star7.jp
詳しくは5月26日のブログを見て下さいね!


ブログランキングはこちらから!  

相続対策として、よく利用される生命保険ですが、

基本的な相続対策を1つ紹介します。

結婚して20年以上の場合、居住用の不動産を夫婦間で贈与した場合、2000万円までは非課税になります。

贈与税の基礎控除110万円と合わせれば、2110万円が非課税になります。


大きいですね!

また、購入資金(現金)の贈与でもOKです!

ただし、不動産の場合の方が、相続税評価額(土地は路線価方式か倍率方式。建物は固定資産税評価額)でので、実際の評価の8割くらいになりますので、有利になります!!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

Pスタメール会員募集中!
携帯から空メールをどうぞ!hoken-p@star7.jp
詳しくは5月26日のブログを見て下さいね!


 『生命保険は、保険金受取人固有の権利で、相続財産ではありません!』

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、分かりやすく書くと、

生命保険は受取人だけのものです!

つまり、誰にも分ける必要がありません。

遺言と同じかそれ以上の効果があります!

遺言を書いても、遺留分といって相続人は最低限受け取る権利がありますので、特定の人に全部というわけにはいきません。

もし、特定の人に財産を残したいなら、生命保険が1番なんですよ! 


現在ランキング1位です!(人気ブログランキング)   

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

Pスタメール会員募集中!
携帯から空メールをどうぞ!hoken-p@star7.jp
詳しくは5月9日のブログを見て下さいね!


保険ブログ人気ランキングはこちら! 

今日は、実際に相続税の計算をしてみたいと思います。

(例)
相続財産 3億円
相続人 妻と子1人の場合。
生命保険 3000万加入中。


(検証)

3億円+(3000万円ー500万×2人)=3,2億円
3.2億円ー(5000万円+1000万円×2人)=2.5億円

配偶者 2.5億円÷2×40%ー1700万円=3300万円

子供  2.5億円÷2×40%ー1700万円=3300万円

配偶者の税額軽減 マイナス3300万円
妻の納税額    ゼロ
子供の納税額   3300万円


つまり、生命保険金を子供が受け取り、相続税を支払えば、手元の財産はほとんど残る計算になりますよね。

納税資金対策には、生命保険が有効ですよ!

ただし、奥様が亡くなった時の二次相続対策のため、奥様も生命保険に加入しておく必要があります。

応援クリックお願いします 



保険人気ブログランキングはこちら! 

一次相続対策だけに、目がいっていませんか?

一般的に、世帯主である夫の相続財産が多く、夫死亡時の一次相続対策は、考えていらっしゃる方は多いようです。

しかし、相続税は、妻のために税額軽減制度を設けています。

一次相続では、配偶者が、相続する財産の半分、または、1億6000万円までは、非課税になります。

(例えば10億円財産があっても、5億円までは非課税となります。)

一方、二次相続では、配偶者がいないため、配偶者の税額軽減もなく、法定相続人も減っていることから、一次相続時以上に対策が必要になります。

相続対策は、夫と妻の両方に必要です!

応援クリックお願いします。 




保険人気ブログランキングはコチラ! 

今日も、相続の話です。

例えば、相続財産を、お孫さんに渡したいとしたら・・・
(お孫さんは、法定相続人ではありません)


2つの良い方法があります。

1つは、遺言です。自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つの方法があります。(詳細は、省略します。)

そして、もう1つが、生命保険です。

生命保険は、保険金受取人固有の権利ですので、確実に財産を渡すことができるんですよ!

(死亡保険金は相続財産ではありません。相続税では、死亡保険金は相続財産に入れますが、これは「みなし相続財産」なのです。)

これも、生命保険ならでは! です!!


応援クリックお願いします


保険人気ブログランキングはこちら!  

今日は、昨日に続いて相続の話です。

保険金は、非課税になるのをご存知ですか?

500万円×法廷相続人の人数=非課税金額

例えば、ご主人が亡くなり、奥様と子供2人の場合、

500万円×3人=1500万円は、税金がかかりません。


つまり、1500万円の現金に対しては、相続税がかかりますが、1500万円を銀行預金から生命保険会社に移すだけで、非課税になるのですよ!

(ただし、財産が、5000万円+法廷相続人×1000万円までの財産については、相続税はかかりません。)

相続対策の基本です!

応援クリックお願いします。  





保険人気ブログランキングはこちら! 

今日は、相続について書いてみたいと思います。

《相続》というと関係ないと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方が関係あると思いますので、ぜひ、読んでいただければと思います。

1回目は、相続と争続 のお話です。

例)普通の親(お金持ちでない人)が、亡くなりました。
   相続財産は、家(1500万円)と現金500万円で、
   兄弟2人が相続する場合。
   お兄さんは、親と同居でした。


相続人は、兄弟2人ですので、財産を半分ずつすれば良いのですが、

家は、兄が住んでおり、売却することはできません。

このケースで、兄は家(1500万円)、弟は現金(500万円)の相続で納得するでしょうか?


納得する人もいれば、しない人もいるでしょう。

でも、相続でもめるケースは、このようなケースが非常に多いのです。

ですから、世間一般の人も、ほとんど関係があります。

では、生命保険を活用して、対策を立てましょう!

親が自分自身に、1000万円の生命保険をかけて、保険金の受取人を弟にしてはどうでしょうか?

そうすると、兄は、家(1500万円)を相続し、弟は、現金500万円と生命保険1000万円で合計1500万円を相続します。

均等になりましたよね!

これで、争続 は、かなり減るのではないでしょうか?

このように、生命保険は、相続対策で良く利用されますが、まだまだ知らない方や相続は関係ないと思っていらっしゃる方が非常に多いのが現実です。

実際に相続が発生してから(親が亡くなってから)では、遅いので、生前の対策が必要になります。

ここでは、省略しますが、相続に適した生命保険があります.

生命保険は、このような使い方もできるんですよ!

詳しい問い合わせはこちらまで、お気軽にどうぞ!

ホームページからでもOKです。

応援クリックお願いします!  

 

全タイトルを表示

保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433

Author:保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433
年齢 45歳
血液 O型
出身 大分 山口
資格 ・CFP ・証券外務員2種 ・DCプランナー ・トータルライフコンサルタント
趣味 仕事 海外旅行 ジム ゴルフ 犬の散歩 マッサージ 読書


ファイナンシャルプランナーによる生命保険の節約アドバイス専門店!

当店では、以下の4つをモットーに保険提案をさせて頂きます。

1、お客様のご希望に沿った保険の提案をします!
(保険会社が売りたい商品ではなく、お客様が買いたい商品を提案します。)

2、その保険の中で1番安い組み合わせで提案させていただきます!
(同じ商品でも最大2倍近く保険料が違う場合もありますので、最も安い組み合わせを提案します)

3、しつこい勧誘等は一切行いません!
(保険相談の途中で、考え方の相違などちょっと合わないかな?と思ったら いつでも相談をストップして頂いても全く問題ありません!)

4、相談料や契約時の交通費等、保険料以外のお金は一切頂きません!
(保険料もそれぞれの保険会社へ直接振り込んで頂きますので、お客様との金銭の授受はございません)

東京・埼玉・神奈川は、無料でご自宅まで相談にお伺いさせて頂きます。(1~2週間先、または土・日は予約が埋まっていることが多いですので、早目に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。