2006 / 11
≪ 2006 / 10 - - - 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 - - 2006 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援クリックお願いしますね! 

皆さん、最近、保険の見直しをしましたか? 

今、日本には、外資系の保険会社を含め、約40社あります。

まだまだ、保険を比較せずに、1社だけ加入している方が多いようです。(私の周りでは、少なくなりましたが!)

ご存知ですか?

保険も年々、進化しているんですよ!
 


5年前の携帯電話を想像してみて下さい。

今とは、機能やデザインが全然違うと思います。

車も数年前と比べて、エンジンの性能やデザインが変わってますよね!


生命保険も同じです。

古いよりも新しいものが良いのです。


弊社ホームページの保険の節約術6か条の1つに新商品で節約!   というのがあります。

生命保険もどんどん良くなっています。

定期的にリニューアルをしてくださいね!


節約ができますよ! 

無料相談は、こちらからどうぞ! 

保険人気ブログランキングはこちらです。 



スポンサーサイト

応援クリックお願い致しますネ!  

今日は、少し変わった医療保険AIGスター生命Wアシストについて書いてみます。

いつものように、このブログでは限りなく分かりやすく、大きな特徴だけを書いていますで、詳細をお知りになりたい方は、AIGスター生命に直接聞いていただくか、宜しければ、私どものお店にお問合せいただければと思います

大きな特徴は、

1、診断後、すぐに給付金を全額受け取れます。

  もう少し詳しく書くと、普通、入院すると入院日数×10000円というふうに保険が下りますが、この保険は、2日以上入院すれば、入院日数に関係なく、病気が診断された時点で、決められた金額が支払われます。(例、高血圧性心疾患100万円。食道の悪性新生物(ガン)90万円。痛風40万円。等々)

2、病気別の平均入院日数より多めの給付額が設定されているみたいですので、お得感があります。

3、1ヶ月以上入院すると、入院中の生活費が一定額保障されます。
 (例、30万円が最長3年間等)


入院の初期に保険が下りるので、後で、保険がおりるかどうかの不安がなく、とても安心感があるのではないでしょうか!

詳細については、お問合せくださいネ!

保険ブログ人気ランキングはこちらです!(現在8位です!) 




応援クリックお願い致します!  

私の仕事は、お客様が無駄に保険に加入していないかを、日々チェックすることです。

老後の年金がいくらもらえるか分からず、医療費がどんどん上がっていく中で、少しでも家計の支出を節約して、老後に使えるお金を残していけるようアドバイスします。

我々の親の世代は、国の医療制度や年金制度に、非常に恵まれていますが、私達の時代は、逆です。

自己責任で、年金を貯め、医療費を支払わねばなりません。


皆さん、年金保険に加入していますか?

医療保険の見直しは、終わっていますか?


家計や保険の節約は必須です!

保険人気ブログランキングはこちらです!  



応援クリックお願いいたします!  

今週号の日経ビジネス県民共済の記事がありました。

意外と歴史は浅く、1973年埼玉県でできたそうですが、発祥の地、埼玉では、人口707万人に対して、215万人30%の人が加入しているそうです。(東京は9.8%、神奈川は4.7%です)

すごいですね!

今日は、県民共済について私なりの意見を書いてみたいと思います。

内容は、2000円コースの場合

1、病気死亡400万(不慮の事故1000万)
2、病気入院4500円(不慮の事故5000円)
3、手術1万円から5万円
4、通院1500円
5、保障は、65歳まで。(ただし、60歳から半分の保障です)

詳細は、皆さんで確認お願いいたします。 (共済HPはこちら)

特徴は、

1、保険料が安い。
2、保障は65歳まで。(熟年型共済では、70歳以降、入院が1日1000円の保障になります。


個人的な意見・感想ですが、

保障が少なく、特に60歳以降は死亡・入院ともにかなり少なくなってしまいますので、共済だけでは足りないと思います。

昨今、医療費の自己負担は、増加する一方で、老後の年金も減っていく中、また、1万円の保障で終身保障を選択される方が多い現状をみますと、本格的に保障が必要になってくる60歳以降に保障が激減してしまうのはいかがなのでしょうか?


共済の加入については、メインの生命保険に加入して、上乗せとして加入するのには、良い保険だと思います!

保険ブログ人気ランキングはこちらから! 



保険ブログ人気ランキングはこちらから!  

今日は、最新の保険節約術の話です。

今までは、アリコが安い!アフラックが安い!いやいや外資系の○○の方が安い!というふうに言われていましたが、どうなのでしょうか?

結論から申し上げます。

今の時代は、各社の得意商品を組合わせることが、最大の節約方法です!!

各社が力を入れている商品

つまり、

終身保険、医療保険、定期保険、がん保険、年金保険、外貨建商品、介護保険、等々

それらを組合わせて1つの生命保険を作った方が、おおよそ、2割から4割くらい安く加入できるケースがほとんどです(一応ケースバイケースですが)

ご存知でしたか!!

無料メール相談や無料見積もり送付、来店(当店は江戸川区の葛西です)、電話(フリーダイアヤル)、近県であれば、自宅や勤務先に訪問もOKです。

気軽に相談して、生命保険の節約を試してみませんか!!

ホームページよりどうぞ!

応援クリックお願いします!  



保険ブログ人気ランキングはこちらから! 

私が保険の販売で心がけていることは、

お客様に選んでいただくこと!

この1点に尽きます

終身保険(貯蓄タイプ)と定期保険(掛捨てタイプ)の違い。

10年更新型や終身型との違い。

高い保険と安い保険の違い。

入院保険の選び方。

メリット、デメットの説明。

等々


すべてを説明したら、だいたいの方は、セミプロ級になります。

そして、保険加入の時、こちらから勧めるのではなく、

お客様ご自身で、保険を選ばれます

これが、私の保険販売のポリシーです!

当社のホームページはこちらになります! 

応援クリックお願いしますね!  




保険人気ブログランキングはこちらから! 

今日は、がんの最新の検査法についてのお話です。

従来のCTの10倍以上の速さの電子ビーム断層撮影装置、EBT を使った検診です。

全身の検査を行っても、約20分程度で、痛みをなく、従来のCTスキャンに比べて、放射線被爆量も10分の1と少ないそうです。

また、とても小さながんも検出できるので、Ⅹ線検査に比べ、正確性も高いとのことです。


気になる費用は、アメリカで約1000ドル(日本円で約12万円)です。

ハワイでも、日本人が250人ほど受けているとのことですが、日本でも導入されているところもあり、お近くの病院に聞いてみてはいかがでしょうか!

応援クリックお願いできますか! 



保険人気ブログランキングはこちら!  

今日は、人気の一時払変額年金保険アイエヌジー生命保険スマートデザイン10について、私なりの意見を書いてみたいと思います。

まずは、特徴から!

1、運用がうまくいかなくても、10年後の年金原資の100%を保証している。(元本割れがない)

2、解約諸費用がかからない。

3、債権65%、株式35%なので、リスクは軽減されている。

4、生命保険の相続税非課税枠が適用されます。


というところでしょうか!

では、どんな方にお勧めなのでしょうか!

1、元本割れは、絶対に避けたい。

2、運用の成果により、そこそこの利回りを期待したい。

3、もちろん、10年は寝かせられるお金だけです。
 


おそらく、今、変額年金商品では、人気ベスト3に入っていると思います!

応援クリックお願いしますね! ありがとうございます! 



保険ブログ人気ランキングはこちら!  

今日は、朝4時半に起きて、浜松に行ってきました。

電話でアプローチをしたお客様だったのですが、会社の決算対策の話が聞きたいとのことでした。

そこで、ご案内させていただきました、東京海上日動あんしん生命

逓増定期保険の話を少ししたいと思います。

(逓増定期保険の中で、一番売れています)

一言で言うと、全額経費(損金)で落とせる保険で、5年から10年後の間に解約して、支払った保険料の95%~100%戻ってくるというものです。

ポイントは、税金対策(課税の繰り延べ)

ようは、節税です!

儲かっている会社は、ほとんどの会社で導入している決算対策商品です。

全額、経費で落とせて(節税できて)、ほとんどの現金が戻ってくる金融商品は、生命保険だけなんですよ!

資料請求は、こちらから!  

応援クリックお願いしますね! 



保険ブログ人気ランキングはこちらから!  

今日は、新発売のソニー生命の介護保険のお話です。

まずは、保険料例から!

60歳男性、介護年金=年間100万円(死亡給付5倍型)

一時払い金額、5,489,900円

死亡保険   5,000,000円


簡単に説明しますと、約549万円を支払い、介護2以上になると、介護の状態が続く限り、年間100万円が終身で支払われます。

約5年半、介護が続けば、元がとれるというわけです。

また、死亡保険も500万円ついてますので、払込との差額約49万円が、実質の保険料となります。

解約しても、500万円は戻ってきます。(保障は無くなりますが)

こんな感じでしょうか!

なかなか、良い保険と思いますが、みなさんいかがでしょうか!

特に、女性の方は、何らかの介護保険が必要だと思います。
参考までに、こちらのブログも見て下さい

ある意味では、医療保険より、必要性が高いと思います。

あと、戻ってくるお金がもっと多いタイプの10倍型もあります。

興味がありましたら、資料をお送り致します。

お気軽にどうぞ!

資料請求はホームページよりどうぞ! 

応援クリックお願い致します!  



保険人気ブログランキングはこちらから!  

今日は、結論から先に述べます。

こども保険は、親の保障をする保険です!

みなさんの保険証券を良く見てください。

『お父様の万一の時、以後の払込は免除されます』

『お子様が22歳になるまで、育英年金を受け取ることができます』


これ、全部お父様の保障ですよね! 

つまり、こども保険でお父様の保障を買っていて、さらに、お父様ご自身も保険に加入していらっしゃいますので、2重に保険を買っていることと同じになります。

もったいないですよね!その分、節約できます!

また、現在の学資保険は、あまり利率が良くありません。

学資保険の代用として、ある会社の終身保険や長期定期保険が売れています。


学資保険の正しい加入の仕方については、専門の担当がアドバイスさせて頂きます。

お気軽にどうぞ!

応援クリックお願いしますね 



▼続きを読む▼


保険人気ブログランキングはこちらから 

日本の人口は、約1億3000万人ですが、

年間、約100万人の人が亡くなります。

そのうち、がんで亡くなる人約30万人

つまり、日本人の3人に1人はがんで死ぬのです

すごい確率ですよね。

お父さんとお母さん、子供1人で誰かががんで亡くなる計算です。

だから、(単純に)がん保険は必要だと思います

ちなみに、

死亡者数2位は、心臓の病気で、約15万人

3位は、脳の病気で、13万人です。

良く言われる3大疾病で、100万人中、約60万人が亡くなります。

3大疾病保障も検討の余地が必要ですね!

参考までに、

交通事故で亡くなる方は、年間、約7000人です。


応援クリックお願いしますネ!  



保険ブログ人気ランキングはこちらから!  

保険Pスタジオの無料メール相談

『ズバリ答えます!Pスタメール相談』

が、大反響です!

始めて2週間ですが、かなりの反響で本当にうれしい限りです。

お客様、本当にありがとうございます!

(少し、回答が遅くなっているケースもあり、この場をお借りして再度、謝罪させていただきます。申し訳ございません。)

今日は、ホームページの中の『無料サービスについて良くある質問』

がとてもシンプルで分かりやすいとのお褒めの言葉も多く頂戴しているので、下記に再度、ご案内させていただきます。

ここをクリックしてください!(良くある質問) 

また、お客様の声 も参考までにどうぞ!

(当たり前ですが、すべて当社のお客様に書いていただきました)

ランキング参加中のため、応援クリック宜しくお願いいたします! 





保険ブログ人気ランイングはこちらから! 

日本人の保険の加入率は、約92%です。

ほとんどの人が、なんらかの保険に加入しています。

ところが、

『いくら支払って、いくらもどってきますか?』

ほとんどの人が、 『え~と・・・・○○だったかな?』

保険Pスタジオにいらっしゃる方の9割は、自分自身の加入内容をあまり理解していません。

(だから、来ていただけるのですが!)

また、いくら戻ってくるかに関心がありません?!

(本当は、そんなことはないのですが、きっかけが・・・?)

毎月、何万円も支払っているのにもかかわらず・・・。

もったいないですよ! 

30歳の人が、毎月夫婦で30000円払った場合、65歳までに、総額 1260万円の支払いになります。

更新型だと、2000万円以上になるでしょう。

そして、ほとんどの方の保険が、支払ったお金の5%以下しか戻らないのです


自動車や食料品など、○○が安いとか○○が良いとか比較検討するのに

生命保険だとどうして・・・?


いますぐ、生命保険を見直しましょう!

かなりの節約が可能です!


応援クリックしていただけたら感謝です! 

保険Pスタジオのホームページはこちらです



保険人気ブログランキングはこちらから   


10月度のがん保険人気ランキングを公開します。

1位、東京海上日動あんしん生命 

2位、アリコジャパン 

3位、該当なし


東京海上日動あんしん生命のがん保険が、1位に輝きました!
保障が厚く、保険料が安いのが特徴です。当店では、オープン以来の不動の1位です。

2位はアリコジャパンです。夫婦型や日額5000円プランができるのが特徴です。


3位は、該当がなく、ほとんどがこの2社で占めています。

皆さんのがん保険は、最新型ですか?

人気ランキングの応援クリックお願いいたします 



保険人気ブログランキングはこちらから!  


10月度の医療保険人気ランキングを公開します。

1位、オリックス生命 

2位、アクサ生命 

3位、東京海上日動あんしん生命

3位、ソニー生命


9月新発売のオリックスが、1位に輝きました!保険料がとにかく安いです。

2位のセルフガードの人気も健在です。保障はオリックスより厚いですよ。

3位の東京海上とソニーは、1入院の保障を、60日、120日、360日等から選択できるのが、人気を理由です。


皆さん、自分自身にあった医療保険を選びましょう!

応援クリックお願いいたします。 





保険人気ブログランキングはこちら! 

今週号の『日経ビジネス』に、

団塊世代の方約700万人が、退職後に巨大な消費マーケットを形成するという期待が膨らむ中、格差がかなりある。

という記事がありました。

その中の日本経済新聞社の調査では、

現在の保有資産が、

500万円未満、34.4%。  1000万円未満、19.2% 

半数以上が、1000万円未満だそうです。

また、退職金500万円以下も、約半数とのことです。

そして、定年後に気になる事の上位は、

生活費、年金、仕事。

悠々自適な年金生活は、あまり見えてきません

原因として、

学歴、住宅取得、資産運用、リストラ、等で、差がついたとのこと。

今の60歳代は、年金も厚く裕福な所が多いと聞きますが、現実は、とても厳しいようです。

それでは、我々、40歳代以下の世代はどうなるのでしょうか?

年金は、減少の一途で、とても今の60歳代のようには、もらえないでしょう

医療費の負担も、1割負担が3割負担になり、どんどん上がっていす

老後の負担は、増すばかりです。

長生きの時代です。

何も準備しなければ、かなり、厳しい生活は簡単に想像できますよね。

年金減少や医療費負担の問題は、誰もが分かっていることです。


それには、生命保険を無駄なく掛けて、少しでも、老後の資金にあてなければ、なりません。

生命保険の節約と老後資金作りは、我々プロにお任せいただけませんか!

フリーダイヤル 0120-171-968

ホームページ  http://www.hoken-p.com/

最後まで、お読み頂き、ありがとうございました。

宜しければ、クリックお願いします。 



全タイトルを表示

保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433

Author:保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433
年齢 45歳
血液 O型
出身 大分 山口
資格 ・CFP ・証券外務員2種 ・DCプランナー ・トータルライフコンサルタント
趣味 仕事 海外旅行 ジム ゴルフ 犬の散歩 マッサージ 読書


ファイナンシャルプランナーによる生命保険の節約アドバイス専門店!

当店では、以下の4つをモットーに保険提案をさせて頂きます。

1、お客様のご希望に沿った保険の提案をします!
(保険会社が売りたい商品ではなく、お客様が買いたい商品を提案します。)

2、その保険の中で1番安い組み合わせで提案させていただきます!
(同じ商品でも最大2倍近く保険料が違う場合もありますので、最も安い組み合わせを提案します)

3、しつこい勧誘等は一切行いません!
(保険相談の途中で、考え方の相違などちょっと合わないかな?と思ったら いつでも相談をストップして頂いても全く問題ありません!)

4、相談料や契約時の交通費等、保険料以外のお金は一切頂きません!
(保険料もそれぞれの保険会社へ直接振り込んで頂きますので、お客様との金銭の授受はございません)

東京・埼玉・神奈川は、無料でご自宅まで相談にお伺いさせて頂きます。(1~2週間先、または土・日は予約が埋まっていることが多いですので、早目に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。