2007 / 03
≪ 2007 / 02 - - - - 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 31 2007 / 04 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました) 

地震大国日本ですが、地震 の場合、生命保険はおりるのでしょうか!

これは、死亡保険と入院保険で違います。

死亡保障の場合は、だいたいの保険会社は出ると思います。
(ただし、災害特約や傷害特約は各社対応が違うかもしれません)

医療保障は、一応、免責になっているようです。(支払われない)

一応 というのは、地震による被害者が少なく、保険会社の経営に影響が少ない場合は支払われます。

今回の 能登半島地震 でも

平成19年能登半島地震で被災された皆様へ

この地震に伴い、生命保険協会より、以下の通りお知らせいたします。

1.地震による免責条項の不適用
 このたびの地震につきまして、生命保険各社においては、災害関係保険金・給付金について、地震による免責条項は適用せず、全額をお支払いいたします。

2.災害救助法が適用された地域の被災者のご契約について
 災害救助法が適用された地域のご契約者の契約につきまして、以下の特別措置を実施しております。
(1) 保険料払込猶予期間の延長
お申し出により、保険料の払込みについて、猶予する期間を最長6ヶ月延長いたします。
(2) 保険金・給付金、契約者貸付金の簡易迅速なお支払い
お申し出により、必要書類を一部省略すること等により、簡易迅速なお取扱いをいたします。


という内容の案内が各社のホームページに出ています。

たしか、新潟の地震、阪神・淡路の地震でも同じ対応だったと記憶しています。

今回のニュースを見ても地震は本当に怖いですね。

被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
早期に復旧が果たされ、皆様に安寧の時が訪れますよう、心よりお祈りいたします。

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ 

スポンサーサイト

ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました) 

保険が支払えなくなったら!の3日目です。

減額!

例えば、1000万円の終身保険を、500万円に減額すると保険料も約半分になります。
また、入院保険10000円を5000円でるタイプに変更しても保険料は約半分になります。


保険料の支払いが厳しくなった場合、解約 という方法だけではなく、

いろいろな方法がありますよ!

(保険会社や商品により異なる場合がありますので、ご注意下さい。)

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ 



ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました)

今日は、支払いができなくなったら! の2日目です。

延長定期保険 のお話です。

その時点の解約返戻金を一時払の定期保険料として充当し、保険金額はそのままで、保険期間を決める定期保険です。
通常、変更後の保険期間はもとの保険期間より短くなり、各種特約は消滅します。


ちょっと例を見てみましょう。

(例)A保険会社、30歳男性、60歳払終身保険、保険金 1000万円、保険料 20,710円、

10年後に支払い停止の場合、

解約返戻金  約213万円

延長定期保険期間 20年


つまり、40歳で支払い停止をしても、1000万円の死亡保障は、60歳までの20年間保障されるということです!

いかがでしょいうか!

支払いが難しくなった場合、この延長定期保険という選択肢もありますよ!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ

ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました)

「毎月の保険料を支払えなくなったらどうしますか?」

「解約する」


これが1番多い答えだと思います。

今日から、あまり皆さんがご存知ないいくつかの方法をご紹介します。

今日は、払済保険のお話です。

払済保険とは、支払いが続けられなくなった場合、支払いを停止して、その時の解約返戻金を一時払いの保険料に充当し、元の保険の保険期間を変えないで、保険を続けるというものです。

たとえば、終身保険なら終身という期間を変えないで、保険を続けることになります。
ただし、保障金額は当然ながら減ることになります。

ちょっと例を見てみましょう。

(例)A保険会社、30歳男性、60歳払終身保険、保険金 1000万円、保険料 20,710円、

10年後に支払い停止の場合、

解約返戻金  約213万円

払済保険金額 約366万円


つまり、支払いをできなくなっても、死亡保障366万円の終身保険は残ることになります!

いかがですか!

支払いが厳しいけど、保障は残したい!

という時に選択肢の1つになります!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ



ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました)  

当店の1月・2月度の学資保険人気ランキングを発表します。

1位、あいおい生命保険 

2位、東京海上日動あんしん生命保険 

3位、ソニー生命保険


1位・2位は、学資保険ではなく、低解約型の終身保険ですが、最近では学資保険の変わりに終身保険を活用される方が多くなってきています。

あいおい生命は、積立利率変動の低解約型が人気の理由です。

東京海上は、4月より10年の短期払い ができるようになりますので、要注目です。

あと、3位は、学資保険で有名なソニー生命でした!

学資保険の見積り希望は、左のメール相談よりどうぞ!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ

ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました) 

4月から、高額療養費制度が少し変わります。

簡単に解説します。

今までは、一旦、窓口で支払った後、請求して自己負担の上限と支払額の差額が返金されていましたが、70歳未満の入院患者の方は、自己負担以上の窓口負担は不要になります。

尚、国民健康保険証と限度額適用認定証を提示する必要があり、認定証の交付には、申請が必要です。(市役所等で手続きします)

また、傷病手当金についても、標準報酬日額の6割が支給されていましたが、標準報酬日額の3分の2相当額が支給されることとなり、少し増額されることになりました。

こういう改正をチェックしておくのは、大事なことですよね!

詳しくは、社会保険庁のホームページで確認してみて下さい。

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ 



ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました) 

今日は、医療保険やがん保険の解約返戻金について書いてみます。

医療保険・がん保険は掛捨てが良いか貯蓄タイプが良いか!

その前に解約返戻気について解説してみます。

解約返戻金というのは、文字通り、解約したら戻ってくる というものですから、原則、解約しない限り戻ってきません。

それでは、質問です。

医療保険は何歳で解約しますか? 65歳ですか?

年を取れば取るほど、医療保険やがん保険を使う確率は高くなってきますし、ましては、最近では終身保障を目的に加入される方が多いと思います。

つまり、基本的に医療保険等は解約しない ですよね!

ということは、解約返戻金は受け取れないということです。

では、死亡した場合はどうか!

これは、保険会社により異なりますが、やはり解約ではないので、解約返戻金を支払わない会社の方が多いようです。

つまり亡くなる直前までに解約しないと、せっかく貯まったお金が無駄になることになります。

(死亡保険が特約でついていれは、死亡保険から支払われますが、死亡保険10万円、解約返戻金100万円の場合でも、死亡後は10万円しか支払われません)

以上、貯蓄タイプの医療保険に加入する場合は、死亡時の解約返戻金がどうなるのかをよく確認してから、加入した方が良いと思います。

最近は、掛捨てタイプが主流であることや貯蓄タイプは保険料が高いことから、基本的には、掛捨てタイプが良いと思います!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ 


ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました) 

今日は、がん死亡者数のグラフを載せてみました。

年々増えているのがお分かりだと思います。

しかも結構な勢いで。

年間約100万人の死亡者のうち、30万人以上がんで亡くなっています。

やはり、がん保険は必須ですね!

20070323213031.gif

20070323213243.gif


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ 


ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました)

インフルエンザの治療薬 「タミフル」 を飲んだ場合の異常行動の問題で、10才以上の投与中止をするよう厚生労働省が指示を出したというニュースがありました。

『9歳なら良いの?』

『かなり前から言われているのに、遅いよね?』


この9歳と10歳の1つの違いは何なのでしょうか?

松岡農水大臣の水道光熱費問題にしても、この厚生労働省の問題にしても、???ばかりです。

国が承認したから・・とか大臣のいうことだから・・・とか、最近は何を信用して良いのか、本当にわかりませんね。

私達、保険業界でも、いろいろあります。

お客様のお金を持ち逃げしたとか、入社したらなかなか辞めさせてくれなかったりいやがらせをされたり、他の人や代理店の悪口ばかり言っている人、そして大手の代理店の言いなりの保険会社等・・・かわいそうな人達だと思います。

よく保険業界は足の引っ張り合いが多いと言いますが、1部そういうことがあるのは聞きます。

こういった時間を使うより、もっと前を向いて、自分の夢を追いかけたり、お客様のことを考えたりしないのは何故?なのでしょうか?

不払いの問題があったように、まだまだ、保険業界はお客様の方を見ていないようです。
(もちろん、1部の人達です)

せめて、現場の私達は、襟を正してお客様の方を向いて仕事をしていきたいと思います。

真面目な同業者の方達、頑張りましょう!

ちなみに、インフルエンザ治療中の場合は、保険加入は難しいと思います。

なおったら、どうでしょう?

各保険会社の判断によると思います!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ

ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました)

ブログランキングで、昨日ついに1位になりました!

皆様のおかげです。

ありがとうございます!


ずーと1位だった『損害保険業界ノススメ』様 がすばらしいブログなので、すぐに抜かれると思いますが、これからも、

簡潔に分かりやすく!

をモットーに、書いていきたいと思います。

今日は、目標について書いてみます。

仕事、営業、資格、受験、趣味、健康、貯金、旅行、等、人それぞれ様々な目標があると思います。

(私もたくさんの目標がありますが、ブログについては、6月までに3位以内 が目標でした。)

この目標設定ですが、高校野球の甲子園大会が近いので例にしてみましょう。

甲子園に出場する のが、目標のチーム。

甲子園で優勝する のが、目標のチーム。

この2つのチームは、目標が違いますので、当然、日々の練習内容 が違いますよね。

つまり、目標によって、今日1日何をするかが変わることということです。

優勝するのは、優勝を目標にしているチームだけだと思います

皆さん、老後はどういう暮らしを目標にしていらっしゃいますか?

ちょっと贅沢に美味しいもの食べたり、いろいろなところに旅行にいったり、趣味を楽しんだり、家の増改築をしたり、孫にたくさんお小遣いをあげたり・・・たくさん、あると思います。

国の年金だけでは、これらの生活をエンジョイするのは基本的に難しいと思います。

それなりの準備が必要になります。

長い年数をかければかけるほど、貯蓄は楽になり、後回しにすればするほど大変になっていきます。

皆さんは、老後の目標に向かって、準備を始めていますか!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ

ブログランキングはこちらから!(ついに1位になりました) 

今日は、保険のパンフレットについて書いてみたいと思います。

子宮がんの場合の入院費用
平均入院日数 30日×30,000円=約90万円かかります!
とか
白血病の場合の入院費用
平均入院日数 60日×50,000円=約300万円かかります!

by 厚生労働省 ○○

というふうに、パンフレットに書いていますが、これは、

実際にかかる(支払う)金額ではありません。

皆さん、ご存知のように健康保険や国民健康保険では、一般は3割負担ですよね。

ここには、この3割負担が計算されていません。

3割負担を計算すると、27万円、90万円 になります。

思ったほど?かからないですよね。

パンフレットにも、小さい字で、

全額自己負担ではありません

と、一応書いています。

よく、銀行の定期預金の広告でも、

年利12%!

と大きく書いていますが、

小さい字で、当初3ヶ月間のみで4ヶ月目からは通常金利です。

と書いてあるのと同じようなことでしょうか。

これって ありなのかな? 詐欺みたい? といつも思います。

お客様が 錯誤 することがとても多いと思いますが・・・。

でも、そこまで規制されていないようですので、ありなのでしょう。

こういった金融商品は、良いことは強調される傾向がありますので、パンフレットはすみずみまで読んで、分からないことは、信頼できる担当者に良く聞くようにした方が良いですよ!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ 



応援クリックをお願いします!(現在、ランキング2位です) 

『通信販売の保険はどうですか?』

よくお客様から聞かれます。

当ブログでは、あまりお勧めは・・・

理由は?

1、保険の内容を理解するのは難しいから!

2、担当者が付かないから!


保険の内容を本当に理解して加入するなら、もちろんOKです。

が、保険の仕組みを理解されていらっしゃる方は、経験上、かなり少ないような気がします。

また、保険に加入する際には、公的年金社会保険所得税住民税等の仕組みを考えた方が良いので、さすがにそこまで勉強されるのは、一般の方にはなかなか大変だと思います。

保険は、高い買い物なので、良くメリット・デメリットを聞いて本当に自分に必要なものに加入するのが良いと思いますので、やはり対面で加入するのが良いと考えます!

また、保険の営業マンは、保険の知識はもちろん、上記の社会保険や公的年金、遺族年金、税金や資産運用、病気などの知識等について日々勉強しています。
(真面目な営業マンであればですが・・・)

そういう意味で、保険の営業マンを使わない手はない!と思います。

昨日も書きましたが、担当者がいれば、新しい商品などの情報提供を無料でしてくれますし、最近は資産運用に詳しい営業も少しずつ増えています。

アメリカでは、『友達を持つなら、医者と弁護士と保険屋』というくらい保険のセールスマンの社会的地位も高いのですが、日本でもきっとそういう時代がくると信じて日々努力している営業マンが少なからずいます。

皆様の家計のフィナンシャルパートナーとして、相性の良い保険セールスマンを1人見つけましょう!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ 



応援クリックをお願いします!(現在、ランキング2位です) 

先週、損保10社の保険金不払いのニュースがありました。

いろいろな企業の不祥事が絶えませんが、契約した保険を支払わないのは、詐欺だと思いませんか?

原因は、保険商品が複雑になってきていることや、お客様の請求がないものは支払いをしていなかったというものですが、当然理由にはなりませんよね。

ここで、大切なことがあります!

以前のブログにも書きましたが、保険加入で大切な3つのポイント!があります。

1、良い保険会社を選ぶ。

2、良い商品を選ぶ。

3、良い担当者から加入する。


今日は、3 についてのお話です。

良い担当者がいれば、保険の請求の時、適切にアドバイスしてくれます。

お客様が請求漏れをすることは、基本的にありえませんし、今まで1度もありません。

また、この業界は、離職率が2年で8割とも9割とも言われます。

ほとんどの人が、辞めていきます。

皆さんは、良い担当者が付いていらっしゃいますか?

『担当者はいない』

保険見直しの立派な動機になります!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ 

まずは、このブログの順位を確認!(ブログランキング) 

『保険の見直しをした時、前の保険はいつ解約したらよいですか?』

正解は、

新しく加入した保険が成立してから になります。

間違っても、成立の前に保険を解約してはいけません。

万が一、保険の加入を断られたら、大変ですから!

『2重に引き落としされてしまうの?』

いえいえ、そのようなことはありません。

裏技があります!

銀行の引き落としを止める!

保険がきれませんか?

大丈夫です。

生命保険には、1ヶ月間の猶予期間があります。

1回口座から引き落としされなくても、保険は有効に継続しています。

こういうことを知っていますと、1か月分の節約 になりますよね!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング! 

応援クリックをお願いします!(現在、ランキング2位です)

お葬式代を終身保険で節約!

さて、どういうことなのでしょうか?

早速、ある会社の保険を例にとり、見てみましょう!

(例)
30歳、女性、死亡保障300万円、40歳払込。

保険料 約1万3千円 

10年間の支払い総額 約155万円


皆さん、お分かりですか!

毎月、1万3千円を10年支払えば、合計155万円です。

人間はいつか必ず亡くなります。

ということは、必ず300万円はもらえるということです。

つまり、155万円で300万円の死亡保険を買ったことになりますよね!
(10年以内で亡くなった場合は、155万円以下になります)

約半額で、お葬式代が出ました!

お得と思いませんか!

もちろん保険ですので、いつ亡くなられても、300万円出ます。

また、生きているうちに使いたいのであれば、たとえば、65歳時解約したら、215万円戻ってきます。

これでも、損はしていないですよね!

155万円支払って215万円ですから!

皆さん、1本、終身保険を持っておきましょう!

(上記の例は30歳、女性の場合です。年齢・性別・保険会社により異なりますので、ご自分のをお知りになりたい方は、メール相談よりお気軽にどうぞ!)

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ



応援クリックをお願いします!(現在、ランキング2位です) 

今日は、終身保険の活用方法について伝授します!

終身保険とは、文字通り、死亡保障を終身保障するものですが、最近では、個人年金保険の利率が低いこともあり、年金積立目的で加入する方も増えています。

それでは、終身保険の活用方をご紹介します。

1、死亡保障を継続する。
(人間は、いつか必ず死亡します。誰かが必ず死亡保険を受け取れますよね。)

2、年金にする。(死亡保障は無くなります)
(全部、または、1部を年金に移行できます)

3、1部ずつ解約して、年金にする。
(たとえば、1000万円の終身保険の場合、100万分を毎年解約します。1年目は900万円の死亡保障が残ります。)

4、病気になったら、1部解約して、病院代にあてる。

5、介護になったら、1部解約して、治療代にあてる。

6、解約して、全額、趣味や旅行などに使う。


いかがですか!

終身保険は、老後にいろいろな活用法があるのが、お分かりいただけたと思います。

皆さんも、ぜひ終身保険を1本いかがですか!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ  



まずは、このブログの順位を確認!(ブログランキング) 

掛捨て保険と貯蓄 VS 終身保険

『保険は掛捨てに加入して、貯蓄は別にした方が良いのでは?』

という質問をよく受けます。

それでは、早速、検証してみたいと思います。

例)30歳、男性、死亡保障1000万円、60歳払込の場合、
   (ある保険会社を例にしております。) 

(終身保険)
30年間の保険料、6,238,800円・・・A
解約返戻金    7,454,000円
返戻率       119.5%

(定期保険)
30年間の保険料、1,458,000円・・・B
解約返戻金         0円
返戻率        0%

A-B=4,780,800円


この約478万円を30年間で、7,454,000円以上にしないと掛捨ての負けです

4,780,800円÷30年間÷12ヶ月=13,280円

この13,280円を毎月、何%の利回りでまわしていけば、終身保険に勝てるのでしょうか?

答えは、約3%複利 です。

さて、現在、確実に30年の間、約3%でまわってくれる金融商品があるのでしょうか?

アメリカやオーストラリアなどの国の金利は高いですが、為替リスクがあります。

日本国内には?・・・

ないですよね!

こうして考えると、老後の資金を貯めるには、終身保険もなかなか良い商品だと思いませんか!

安全・確実です!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキングへ 



まずは、このブログの順位を確認!(ブログランキング)

生命保険には、契約者貸付 というとても便利利な制度があります。

その時点で貯まっている解約返戻金の、8割または9割を貸してくれるというものです。
(注:掛け捨ての保険ではできません)

利息はかかりますが、銀行や信販会社などのカードローン等で借りるより金利が安いケースがほとんどです。

そして魅力なのは、原則返済期限がない ということです。

とりあえず、少しお金を工面したいけど、保険は解約はしたくないという時には、この契約者貸付が有効になります。

イザという時の緊急資金に非常に役に立ちますので、覚えておいて損はないですよ!

さらに詳しい保険節約情報をお探しなら保険ブログランキングへ!



まずは、このブログの順位を確認!(ブログランキング)

生命保険の節約には、2つの節約があります。

1つは、毎月の保険料の節約!

もう1つは、実質支払い総額の節約!

毎月の保険料を節約するには、

1部減額(1部解約)をしたり、

最新の保険を検討してみたり、

定期保険から収入保障保険に変えてみたり、

各社の得意商品を組合わせてみたり・・・


等、いろいろありますが、

もう1つの実質支払い総額も重要なんです!

つまり、何歳までにいくら支払うのか!そしていくら戻ってくるのか!

A:500万円支払って50万円しか戻ってこない保険と、B:1000万円支払って800万戻ってくる保険は、どちらがよろしいでしょうか?

実質支払い総額は、Bの方が、200万円と少ないですよね。

皆さん、それぞれ価値観が違いますので、一概には言えないかもしれませんが、保険節約(見直し)のポイントとして、

実質支払い総額を理解して加入することは、重要だと思いませんか!

さらに詳しい保険節約情報をお探しなら保険ブログランキングへ!

まずは、このブログの順位を確認!(ブログランキング) 

家計の節約を考えている方は、多いと思います。

今日は、私なりの 節約の極意 をお話します。

それは、絶対額!!

分かりやすく説明しますと、例えば、たまごを1パック少し遠いスーパーで、30円安く買うよりは、
300万円の車ではなく、150万円の車を買うと150万円の節約になるということです。


つまり、毎日少しずつ節約するよりも、大きな買い物の時に、大きく節約した方が、節約効果が高い! ということです。

生命保険は、住宅に次ぐ大きな買い物です。

家計の節約を考えていらっしゃるなら、

まずは、生命保険の節約  からですよ!

さらに詳しい保険節約情報をお探しなら保険ブログランキングへ! 



まずは、このブログの順位を確認してね!(ブログランキング) 

よくお客様から、今の保険は、

『誰でも入れる』  『病気でも入れます』

って言われることが多いのですが、ちょっと待って下さい。

たしかに、無選択型保険 と言いまして、一定の条件であれば、治療中の方でも加入できる保険もあります。
(当店でも取り扱っています)

ただし、病気の人が入れますので、当然通常の保険より高くなります。

しかも、2倍とか3倍とか!

よく通信販売で、宣伝していますが、保険料はとにかく高いので、まずは、普通の保険に加入できるかどうかを確認してから、加入した方が良いと思います。

そして、必ず複数の保険会社に当たってみることが大切です。

A保険会社がだめでも、B保険会社で加入できることは、よくあります。

また、条件付き と言って、割増し保険料(2割増しとか5割増しとか)や部位不担保(特定の場所の場合は、○年保険が適用されません)というケースで加入できることもあります。

無選択型保険は、最後の手段です!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング!  



まずは、このブログの順位を確認(ブログランキング) 

入院するなら、月初めに!

これは、知る人ぞ知る基本中の基本です。

なぜなら、高額療養費制度と関係があるからです。

高額療養費制度とは、

簡単に説明すると、入院した時の家計の負担を軽減できるように、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻されるという制度です。

自己負担限度額の計算式は、(70歳未満、一般の場合)

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

ちょっと計算してみましょう!

① 1か月の入院で100万円の医療費がかかった場合、

病院に支払う金額 30万円(3割負担)

自己負担額 8万100円+(100万円-26万7000円)×1%=8万7430円



② 2か月の入院で1ヶ月50万円ずつ(合計100万円)の医療費がかかった場合、

病院に支払う金額 30万円(3割負担)

自己負担額 8万100円+(50万円-26万7000円)×1%=8万2430円

2ヶ月なので、8万2430円×2=16万4860円


ここでポイントは、1ヶ月の自己負担限度 ということです。

入院が2ヶ月にまたがると、単純に約2倍くらい自己負担が増えるということなんですよ!

みなさん、ご存知でしたか!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング! 



保険ブログランキングはこちらです!

『気が付いたら転換させられていた 

という、ご立腹しているお客様に、月に1回くらいお目にかかります。

皆さん、「転換」 という言葉をご存知ですか?

「転換」とは、今、加入している保険のその時点で貯まっている部分(転換価格と言います)を頭金にあてて、新しい保険に加入し直すことです。

通常、転換価格は解約返戻金より多いので、新しい保険に加入し直すより、保険料負担が少なくてすみます。

こういう説明ですと、転換 は良いねと感じると思いますが、お客様は怒っているのです。

なぜでしょうか?

例えば、銀行に5%の定期預金に預けているお金を、1%の定期保険に変更しますか?

わざわざ、金利に低いものに、変更する人はいませんよね。

転換 と言うのは、まさに上記と同じで、予定利率の高いものから、低い保険商品へ変える 転換 がほとんどなのです。

実際、消費者センターのクレームもとても多いのです。

転換 を薦められる時に保険のセールスレディやセールスマンが使うトークや手口は、

「今までと同じ保険料で、死亡保障が増えますので得です。」
(実際は、終身保険(貯蓄部分)を減らして大半を掛捨てに変えている)

払込期間を延長することで、月々の保険料が増えないようにする。
(支払う総額は、間違いなく増えます)

「自在性がありますよ」「新しい医療保険を強調する」、メリットのみを強調する。


アメリカでも問題になったこの 転換セールス ですが、今だに日本で行われているのが現状です。

私の友達の元セールスレディも、当時は胸が痛かったと告白しています。

生命保険の見直し=転換という ありえない日本の保険業界ですが、転換をしない会社もあります。

メリットのあるケースは少ないのです。

保険会社から、『見直ししませんか?』 と薦められたら、必ず疑った方が良いです。
転換かどうか、中身がどうなのか、メリット・デメリットをすべて確認して下さいね!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング!



保険ブログランキングはこちらです!  

傷病手当金の制度が改定されます。

傷病手当金とは、

病気等などで仕事ができない日が3日以上ある健康保険加入者にでる手当てです。

1日につき、標準報酬月額の6割が支給されます。

ただし、会社からお金が出てると支給されません。

期間は、1年6ヶ月です。

この傷病手当金が、4月から改定され、標準報酬月額の3分の2に上がることになりました。

サラリーマンの方には、良いニュースですよね!

こういうことも知っておいた方が、保険節約の重要なポイントです!

ただし、自営業者(国民年金)の方はでませんので、その分、医療保険などで、入院中の所得の変わりに備えておいた方が良いと思います!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング!



保険ブログランキングはこちらです! 

今日は、Pスタジオの役員会議でした。

先程終わったところですが、議題の中で、当店のお客様は保険金の支払いが少ない!という話になりました。

偶然ではあると思いますが、1つだけ当店オリジナルがあります!

当店では、毎週神社に

、『保険Pスタジオのお客様が保険金を受け取ることがありませんように!』

というお祈りを毎週欠かさずしています!

(毎週、往復1時間歩いて、お願いに行っています)

私達、保険の営業がお客様の役に立つことは、保険の支払いの時なのですが、本当は、保険を支払うようなことがお客様に起きないにこしたことはありません。

これが、効いているのかどうかわかりませんが、保険Pスタジオのお客様は、保険金支払いが少ないような気がしています!

健康祈願も含めて、保険Pスタジオで見直ししませんか!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング!  



保険ブログランキングはこちら! 

今日は、お客様とと,でした。

今、帰宅中なので、携帯からブログしてます。

ところで、皆さんゴルファー保険は、加入していますか?

他人に怪我を負わせたりすると、多額の損害賠償がくることがあります。
ホールインワンのお祝いも大変ですよね。

たまにしか行かない人も必須の保険です!

保険料はとても安いですよ!

(今日は、お酒を飲んでいるので、簡単ですみません

保険ブログランキングはこちらからどうぞ!  

投資信託の選び方、6日目です。

テーマは、購入した後のメンテナンスは?

このブログで書いた その1からその5までの条件をクリアした投資信託を買ったとします。

でも、購入後に、

市場平均より悪くなったり、

格付けが下がったり、

ファンドマネージャーが転職したり、

上位4分の1からはずれたり、


することも当然ありますよね。

その時に投資信託を購入した所が、適切なアドバイスをしてくれるのでしょうか?

恐らくあまりそういうところはないと思います。

銀行や郵便局で、そのようなサービスは聞いたことはありません。

運用成績の悪い投資信託を持ち続けるより、成績の良い投資信託に乗り換えた方が良いですよね!

今日のポイントは、

購入後にアフターフォローをしてくれるかどうか!

これが、とても重要だと思います!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング! 



保険ブログランキングはこちらからどうぞ! 

投資信託の選び方、5日目です。(昨年10月の内容とほぼ同じです)

テーマは、格付けをチェックする!

99%の人が知らないのが投資信託の格付け です。

モーニングスター社やリッパー社など、外部機関が、中立に1つ1つの投資信託を評価しているんですよ。
(アメリカでは数十社くらい評価会社があるようです。)

5段階で評価され、レストランやホテルみたいに、5つ星とか3つ星というふうに評価されます。

投資信託の残高が日本の10倍以上の投資信託先進国アメリカでは必ずといっていいほど格付けが4つ星以上を購入します

5段階評価ですから、当然ですよね!! 

でも、不思議なことに日本では、1つ星とか2つ星もかなり売れています。

なぜでしょうか?

それは、日本では、販売力のある所(銀行、郵便局等)が売る商品は、売れるからなのです。

良い投資信託か悪い投資信託かは、あまり関係ないのです。

アメリカ人は、不思議がっているそうですよ。

格付け 1つ星 の商品が売れているなんて・・・


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング!  

保険ブログランキングはこちらから!(応援クリックしてね!) 

パソコンの調子が悪いので、携帯からブログしてます

2月度がん保険人気ランキングを発表します!

第1位 東京海上日動あんしん生命 

第2位 アフラック    

第3位 アリコ 
     

今月もダントツ1位は、東京海上でした。     

ここで皆様にお知らせです。           

各保険会社のがん保険の保険料が4月から改訂されます。

がん保険については、値上がりする会社が多いですので、現在検討中の方は、早めの方が良いかもしれません。中には、今までの1.5倍 になるところもあります。 
       
詳しくは、各保険会社のホームページを御覧になって下さいね!

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング!  



保険ブログランキングはこちらからどうぞ! 

2月度の当店医療保険人気ランキングを発表します。

1位、アクサ生命 

2位、オリックス生命 

3位、東京海上日動あんしん生命  ソニー生命


アクサ生命のセルフガードが半年ぶりに1位になりました。 

今、注目の高度先進医療特約 が付いているのが魅力です!

2位のオリックス生命のキュアの人気も健在です。
なんといっても保険料の安さ は魅力ですよね!
7大疾病時に120日保障されるのも人気の理由です!

3位は、東京海上日動あんしん生命とソニーー生命が同点でした。それぞれ1入院の保障を、60日、120日、360日等から選択できる のが、人気の理由です。


資料請求は、ホームページ もしくは、当ブログ左下の無料メール相談フォームよりお気軽にどうぞ

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら人気ランキング! 



全タイトルを表示

保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433

Author:保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433
年齢 45歳
血液 O型
出身 大分 山口
資格 ・CFP ・証券外務員2種 ・DCプランナー ・トータルライフコンサルタント
趣味 仕事 海外旅行 ジム ゴルフ 犬の散歩 マッサージ 読書


ファイナンシャルプランナーによる生命保険の節約アドバイス専門店!

当店では、以下の4つをモットーに保険提案をさせて頂きます。

1、お客様のご希望に沿った保険の提案をします!
(保険会社が売りたい商品ではなく、お客様が買いたい商品を提案します。)

2、その保険の中で1番安い組み合わせで提案させていただきます!
(同じ商品でも最大2倍近く保険料が違う場合もありますので、最も安い組み合わせを提案します)

3、しつこい勧誘等は一切行いません!
(保険相談の途中で、考え方の相違などちょっと合わないかな?と思ったら いつでも相談をストップして頂いても全く問題ありません!)

4、相談料や契約時の交通費等、保険料以外のお金は一切頂きません!
(保険料もそれぞれの保険会社へ直接振り込んで頂きますので、お客様との金銭の授受はございません)

東京・埼玉・神奈川は、無料でご自宅まで相談にお伺いさせて頂きます。(1~2週間先、または土・日は予約が埋まっていることが多いですので、早目に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。