2007 / 08
≪ 2007 / 07 - - - 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 - 2007 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

損保ジャパンひまわり生命保険が、10月より、個人保険の契約者100万人を対象に電話・インターネットによる健康管理サービスの無償提供を開始します。

(1)インターネットによる「体況データ」管理

 お客さまがご自身で日々測定されている血圧値や体重値、体脂肪率などのデータを定期的にインターネットのウェブサイト上に入力することにより、過去からのデータが蓄積され、グラフなどでご覧いただけます。また、勤務先等で受診された定期健康診断等のデータを入力いただくことにより、インターネットのウェブサイト上でのご自身の総合的な健康管理が可能となります。

(2)「健康情報コンテンツ」の提供
 気になる症状への対処法やメンタルヘルスに関する情報などをインターネット上でご覧いただけます。

(3)電話・メールによる健康相談
 保健師・看護師・ソーシャルワーカーなどが、病気の悩み、育児の不安、心の相談等の健康に関するご相談を24時間年中無休でお受けします。また、必要に応じて医師による直接相談も可能です。電話のほか、メールでもご相談いただけます。

今までも、アリコジャパンやAIGエジソン生命、東京海上日動あんしん生命保険など、契約者向けのサービスを提供していますが、今後、保険の内容や担当だけでなく、こういったサービスも比較・検討することが重要になってきますね

実際に、アリコや東京海上日動あんしん生命のサービスは、とてもお客様に好評です


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





スポンサーサイト

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

昨日は、『60日ルール』の話を書きましたが、生命保険にはもう1つ『180日ルール』と呼ばれているものがあります。

入院保険を選択する場合の、重要なポイントのひとつに、

『1回の入院で何日保障されるか!』

というのがあります。

(60日、120日、180日。360日、730日等があります)

1回の入院の定義とは、退院してから再入院するまでに180日以内の場合、前回の入院の続きとみなされてしまいます。

これが『180日ルール』です。

入退院を繰り返すケースなどでは、60日型の医療保険では、保障が足りなくなってくることが十分考えられますので、安いという理由だけで60日型に加入されている方は、もう1度何日型に加入しているか確認をして見てくださいね

60日型の意味を理解されて(納得して)加入している方は、もちろんOKですよ! 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

昨日、長崎のハウステンボスから帰ってきました。
(ハウステンボスはなかなか面白いですよ!家族で行くのにはお薦めです!)

私は、もともと飛行機嫌いなのですが、仕事と旅行で、年に数回、飛行機に乗ります。今回は、先日の沖縄・那覇空港の中華航空機の炎上事故の後だけに、少し緊張しました。

今日は、その事故で覚えた方の多い90日ルールの話に関連させてみたいと思います。

90日ルールとは、90秒以内に乗員乗客全員が、飛行機から脱出できるよう非常口等を整備することを義務付けた法律です。

実際、脱出の3分後に爆発していますので、この法律が役に立ったということですよね!

生命保険にも『60日ルール』というのがあります。

ご存知ですか!

『60日ルール』とは、がん以外の3大疾病給付金が支払われる場合、「60日以上の所定の状態」にならないと保険は支払われないというもので、心筋梗塞や脳卒中になっただけでは保険は支払われないということになります。

保険の加入時には説明はされていると思いますが、忘れている人も多いと思います。

しかし、中には例外もあって、180日の介護状態が条件(大手保険会社)ととても厳しかったり、逆に入院20日以上というのもあります。

その中で業界の常識を覆した特筆すべき会社が、オリックス生命のキュアです。

なんとキュアの場合は3大疾病で入院すれば支払われるのです

60日労働の制限とか介護状態とかの条件はなく、入院のみの条件となります。

初めて知った時は、すごい!の一言でした。

医療保険に3大疾病付きを検討されている方には、お薦めです! 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

昨日、内閣改造がありました。

安部内閣も支持率が急降下し、いろいろ言われていますが、私達国民はとりあえず見守るしかありません。

私達の生命保険の仕事は、国の政策と大きくかかわっています。

特に年金問題や医療費問題、税制、介護問題、等、お客様に最新の情報をお届けするのには、日々、チェックしなければならない重要なことです。

今日は、新しく自民党幹事長になられた麻生 太郎さんの著書のご紹介です。

最近、犯罪の多さ・卑劣さや日本人のモラルの低下、学力の低下、また国の借金の多さや日本の国際競争力など今後の日本は大丈夫かな?と思うことが日々のニュースで見られます。

この本を読むと、世界の中の日本は、まだまだ他の国と比べてすごい所がたくさんあり、日本人として胸を張って生きていけるのを再認識できます。

私達の生活に、政治・経済は切っても切り離せません。

この本のご一読をお薦めします!


とてつもない日本 とてつもない日本
麻生 太郎 (2007/06/06)
新潮社
この商品の詳細を見る


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

今日は、独身の方の保障の注意点について考えてみたいと思います。

一般的に独身の方はそんなに多くの保障は必要ないと言われています。

しかし、例外もあります。

親に仕送り等、経済的に面倒を見ている場合です。

親に毎月10万円仕送りなどしている場合、その子供が万が一、亡くなった場合、生活が困窮しますよね。

こういう場合は、独身でもある程度の保障は必要になります。

また、車のローン等、借入金がある場合、ローン(借金)も相続することになります。

こういうケースでも借入金程度の保障は必要になってきます。

独身だからということで、すべて保障がいらないということはありませんね


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

以前にも書きましたが、がん保険で上位人気の東京海上日動あんしん生命とアフラックが9月より値上がりします。

特に、男性はかなり値上がりします。

8月31日までに申し込めば大丈夫ですので、今、検討中の方はお早めに!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

通勤の時に私の利用している駅には、2つの駐輪場があります。

それぞれ

① 1日100円だが無愛想  

② 1日150円だがサービスが良い


という特徴があります。

②は、朝行くと大きな声で、

『おはようございま~す』  『いってらっしゃ~い』

帰りも大きな声で、

『お帰りなさ~い』  『お疲れ様でした!』

と言ってくれます。

私は、②のところに自転車を預けています

値段は①の1.5倍ですが、サービスが断然良いからです。

どちらが良いかは、人それぞれでしょう。

自転車を預けるだけなら、少しくらい愛想が悪くても安い方が良いと思う人も多いでしょうし、逆に50円くらいの差なら気持ちの良いところが良いと思う人もいると思います。

生命保険の加入にも同じようなことが言えると思います。

少しくらい高くても信頼できる人が良い。

多少、保険会社に不安があっても○○さんが良い。

遠方だけど、信頼できるところが良い。

とにかく安い保険が良いので、ネットで調べつくして加入する。

とにかく安ければ何でも良い。

大手日本の会社の方が安心。

外資系の方が良い。

等等。


皆さんはどのタイプに当てはまりますか?


でも私達の心がけていることは、①お客様が本当に納得して保険に加入し、②それで少しでも安く、③そして最大のサービスをすることです



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

いまさらですが、24(トゥエンティーフォー) にはまっています。

おかげで、睡眠時間が毎日4時間くらいでさすがに続くと眠いですね。

今は、シリーズ2を見るのですが、ロサンゼルスに核爆発が起きるという内容です。

皆さんの町に核の危機が迫ると分かっていたら、どうしますか?

遠くに逃げますよね!  

当たり前ですね。

迫りくるリスクが事前に分かっていれば、対処するのは当然だと思います。


では、私達に起こる確率の高いリスクとはなんでしょうか?

それは、 『長生きのリスク』

『長生きのリスク』とは、20年以上の長い老後の生活をどうするかということ!

ご承知のように、国の年金だけでは生活は難しいですよね。

現在の年金制度ですと、

サラリーマンの平均で、夫婦2人で約22万円、

自営業者は満額でも、夫婦で約13万円、

ゆとりある生活ができないのはもちろん、ご飯を食べていけるかどうかの金額です。

ましてや、今後、国の年金はどうなるかわかりません。

年金を払っていない人も多いですよね。

コツコツと貯める以外に方法はないようです。

年金商品は、生命保険ならではの商品です。

年金商品には、確定年金終身年金などいろいろ種類もあります。


ほとんどの人に降りかかるリスク『長生きのリスク』には、早い対策が必須です! 




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  






保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

生命保険の営業マン(営業ウーマン)が減少しています。

10年前は、40万人以上いましたが、現在は20万人ちょっとと半減しているのですよ。

最大の理由は、業界全体で保険契約が減少しているため、営業のコミッション(歩合)が減ってきているからだと思いますが、やはり保険を販売し続けるということが1番難しいのかなと思います。
(保険の仕事は、常に新規契約を必要とするのが、他の業界と違うところです)

実際、私の周りでも多くの方が退職していっています。

保険業界はフルコミッションです。

真面目に頑張っている人は、数千万円稼ぐ一方、多くの保険営業は200,300万円くらいの年収です。

実際、この業界に2年間勤務できる人は、確立10%とも20%とも言われています。(すごい数字ですね)

また、最近では、銀行の窓口販売解禁を前に、銀行が大量採用しているという背景もあります。

来店型保険ショップも売れない営業を採用しています。

この業界は、まさにプロの世界です!

プロ意識を持った人がお客様に感謝され、そうでない多くの人が辞めていく業界なのです

プロ意識とは、

1、お客様本位の営業を実践している。

2、日々、保険やその周辺知識について勉強をしている。

3、経営者として5年後の戦略が明確である。



今日は、ちょっと業界の話でした




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

 『ネットで生保販売相次ぐ』

昨日の日経新聞の記事です。

証券会社銀行などが、ネット販売に参入していることやネット専業の保険会社が設立されるという内容です。

(現在では、多くの銀行や証券会社が保険代理店となっています)

インターネットで加入した場合と対面で加入した場合の1番大きな違いは、担当が付くかどうか!です。

担当が付くメリットは、あえて省略しますが、付くか付かないかでいうと、やはり担当が付いた方が間違いなく良いと思います。
(中には、担当が付くからイヤだという方もいらっしゃると思いますが、そういう方には、ネットでの加入でも良いと思います。)


私は、会社経営をしておりますので、銀行との取引もあります。

振込などもインターネットでできますが、多少、面倒でも店舗に行っていろいろ手続きをします。(ネットを利用する場合もありますが)

その際、担当者から、いろいろな情報を聞けますし、教えられたりすることもあります。
また、銀行の新商品のパンフレットなども見て、金融商品のトレンドなども勉強できたりします。


リアル(対面)ならではだと思います

なんでもネットではなく、ケースバイケースで選択することが重要ですね!

そういう意味では、生命保険は、自分で理解したり比較したりするのは難しい金融商品ですし、たくさんの商品があります。イザという時には頼りになる?と思いますので、担当者付きをお奨めします!

ちなみに、担当が付くことを担当特約?とも言います。

必須の特約です! 


匿名無料メール相談はここをクリック 

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  



保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

当店ホームページの『ライフステージ別加入例』

をリニューアルしました。

当店でも相談が多い 学資保険の加入例

を新たに加えました

人気の学資保険を揃えていますので、ぜひ、参考にして下さい!

学資保険の加入例はここをクリック!  


匿名無料メール相談はここをクリック 

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

先週の株安・円高は、すごかったですね。

特に金曜日の下げは、すごいの一言です。

昨日の新聞にも、投資信託の解約が増えてきているとのことで、純資産残高も4年ぶりに減る可能性が出てきたと報じています。

しかし、皆さん、ちょっと待ってください!

投資の基本は、下がれば買い、上がれば売る! です!

投資に慣れていない日本では、バブルの時もそうですが、上がれば買い、下がれば売る という投資の基本とは全く逆の動きをしていました。(結果、多くの企業や個人が大きな損をしました。)

ここしばらくは、乱高下が続き、サブプライム問題が落ち着くまで、様子見が良いとは思いますが、下がれば買いの投資の基本からすれば、ここはじっくりと買うタイミングを見ていくチャンスだと思います
(サブプライム問題が、どこで終わるかが焦点です)


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

当店ホームページの『ライフステージ別加入例』

をリニューアルしました。

当店でも相談が多い シングルマザー(母子家庭)の加入例

を新たに加えました。

あくまで1例ですが、

①リーズナブルな基本プラン
②おすすめプラン
③高いけど安心プラン


の実際の設計書を見ることができます

ぜひ、参考にして下さいね

シングルマザーの加入例はここをクリック!  

匿名無料メール相談はここをクリック!   


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

当店ホームページの

お客様の声

がリニューアルしました。

当店では、実際にご契約を頂いたお客様の了解を取って、ホームページに乗せています。

ぜひ、参考にして下さい。

ホームページは下記をクリック!
  ↓ ↓ ↓

  お客様の声

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

現在では、上場企業も倒産する時代ですが、当然、保険会社も例外ではありません。

実際、ここ10年で7社の会社が経営破たんしました。

安心を買う!保険会社がつぶれたら、不安ですよね!

では、私達はどのように見分けたら良いのでしょうか?

大きく分けて2つの指標があります。

1つは、ソルベンシーマージン比率(支払余力)

詳しい説明は省略しますが、簡単に言うと、

イザという時に支払いができるか!ということです。

比率が200%を下回ったら、金融庁から措置が取られます。

もう1つは、格付け です。

これもイザという時に保険金が支払えるかなどの財務内容を指標(AAAとか)で表しています。

代表的な会社に、ムーディーズ社やスタンダード・プアーズ社がありますので、ホームページやマネー雑誌等で確認してみてはいかがでしょうか!

最後に、各保険会社が出しているディスクロージャー資料も参考になります。基礎利益や保有契約、新規契約のところをチェックしてみて下さい!

あとは、代理店などから情報を聞くなど、総合的に判断するのが重要ですね 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

今日は、相続対策でも活用される生命保険の活用のワンポイントレッスンです。

まず、生命保険の非課税枠

500万円×法廷相続人の数は、もうご存知ですよね!

妻と子供2人なら、1500万円(500万円×3人)は相続税がかかりません。

今日のポイントは、受取人を誰にするかということです。

正解は、子供を受取人にしておく!

です。

理由は、将来、奥様が亡くなった時にその分を子供に現金を相続するより、あらかじめ、子供に相続しておけば、奥様から子供への相続の時に、税金がかからなくて済みますよね!

生命保険は、こういった 契約形態

誰を契約者にするか!

誰を被保険者にするか!

誰を受取人にするか!


によってかかってくる税金が違ってきますので、十分注意が必要ですよ


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

皆さん、がんの2015年問題をご存知ですか?

日本では、年間約100万人が亡くなりますが、その内、がんで亡くなられる方は、30万人以上いらっしゃいます。

約3人に1人なので、すごい確率ですね。

それでは、現在、がん患者はどれくらいいるかご存知ですか?

300万人です。

そして2015年(8年後)には、540万人になると言われているのが、がん2015年問題です。

医療はどんどん進歩しているのですが、がんになる人は増え続けています。

私の仕事がら、がんの方やその家族に方にお会いすることがよくあります。

治療費が数百万円から1000万円以上かかった人もいます。

こういうリスクに、備え(がん保険)は必須です


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

今日は、ますます高まる生命保険の役割、その2です。

昨日は、死亡保障の大切さを書きました。

しかし、現在では死亡保障に匹敵する!いやそれ以上に重要なリスクがあります。

長生きのリスク

です!

死亡保障は、よく万が一と言われますが、長生きのリスクはかなりの確率でやってきます。

65歳で定年退職して、平均あと何年生きられるかという平均余命といいうのがありますが、だいたい20年くらいです。

平均20年も生きるのです!

国の年金は、減る一方ですが、

国の年金の仕組みをご存知ですか?

国の年金はあてにできますか?

大企業も倒産する時代ですし、リストラにあうかもしれません。

20年、30年企業が存続するのは大変なことですよね。

会社の退職金は100%あてにできますか?


最近良く聞かれるキーワード

自助努力!

自己責任!


年金は、自分自身できちんと積立なければ、老後の生活できません。

私の周りは、みんな年金積立をしています!

皆さんも、少しづつ始めませんか 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

生命保険に加入する目的は、主に以下の3つになります。

1、死亡保障
2、入院保障
3、年金積立

死亡保障は、残された家族の生活費や教育費

入院保障は、病院代はもちろん入院時の所得保障

年金は、文字どうり、年金積立になります。


最近では、お客様のニーズが死亡保障から、医療や年金に移っているようです。

個人的には、生命保険で1番大事なので、死亡保障だと思います。

何かあった時、困るから保険に入る=1番困ることは?

と考えると、

1番困ることは、一家の大黒柱が亡くなった時だからです。

死亡保障は、大黒柱が亡くなっても、残された家族の生活だけは今までと変わらない生活できるように、保険金額を設定しましょう


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 



保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

アフラックのがん保険f(フォルテ)が発売されます。

今までのがん保険との主な相違点は、

1、ライフサポート年金の新設・・・がんになった後の再発予防、検査、療養費の負担のための4年間の年金保障です。

2、通院給付金の保障範囲の拡大・・・退院後、365日以内に最高60日分の保障となりました。(今までは、180日以内に最高30日分でした)

3、プレミアサポートの新設・・・カウンセリングやセカンドオピニオンサービスです。


になるみたいです。
(詳細はアフラックのホームページ等でご確認して下さい)

がん保険は保険各社とも赤字商品のようで、今年一斉値上げをしており、がん保険で人気のアフラックや東京海上日動あんしん生命も9月より値上がりします。

がん保険に力を入れている両者とも、値上げをする分、保障内容を厚くする戦略のようですね!

アフラックのこの内容なら、断然人気の東京海上のがん保険と良い勝負?ができるかもしれません


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 



保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

今日から、お盆休みの方も多いと思います。

海外に行く人、近場で過ごす人、仕事の人、ゆっくり自宅で過ごす人、それぞれだと思いますが、とても暑い日が続いていますので、健康には十分ご注意して下さい。

本日は、ブログ管理人お薦めの本の紹介です!

管理人の趣味の1つは読書です。

なぜ、読書をするかと申しますと、いろいろ勉強をしてお客様に情報提供したり、経営やマネジメントの勉強だったり、自分自身の高いモチベーションの維持のためです。

根が単純?なので、本を読むと、自分もがんばろう!という気持ちが自然に湧いてきます。

この本は、人生や仕事における成功指南と恋愛小説をミックスさせた本で、人生や仕事で幸福になりたい成功したい人、モチベーションを上げたい人にお薦めです

1時間程度で読めると思いますが、最後は感動して、2時間くらいかかるかもしれません

一日を大切に過ごす重要性と命の尊さについて深く考えさせられました。

お薦め度 ★★★★★


君と会えたから・・・ 君と会えたから・・・
喜多川 泰 (2006/07/10)
ディスカヴァー・トゥエンティワン
この商品の詳細を見る



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 



保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

保険法が、約100年振りに抜本改正される中間試案がまとまりました。

内容は、生命保険の支払いで金銭以外の現物給付を認めるとのこと。

例えば、介護状態の時に介護のサービスを提供したり、旅行券を給付するようなことが可能になるとのことです。

面白いですね!

また、『告知義務』を緩和し、『告知応答義務』に改め、不払いの防止を目指していくようです。

来年の国会での法案提出ですので、もう少し先のことですが、保険もさらに進化していきそうで、楽しみです! 





さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 






保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

最近、ガソリンの価格がまた高くなってきました。

以前、ブログにも書きましたが、ガソリンだけでなく、マヨネーズティッシュペーパー、タクシーなども値上がりしています。

世界的な好景気、特に中国やインドでの需要が多く、資源不足になってきており、今後も様々な商品価格は上がると予想されています。

また、円安の影響も大きいですね。

ルイ・ヴィトンメルセデスベンツなども値上げしています。

私達の家計へに負担も少しづつ増えてきていますね。

これからの時代の備えとして、少しでも無駄をなくして、家計の節約をすることがとても重要になります。

生命保険は、家計に占める負担も大きく、見直しによって大きな節約ができる可能性があります。

特に、最近は各保険会社の競争が激しく、保険商品もどんどん進化し、良くなってきていますので、よりメリットが大きくなってきています。


生命保険の見直しは、面倒くさく?後回しになりがちですが、節約を考えるのなら、行動あるのみ!です


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

暑中お見舞い申し上げます。

猛暑ことのほかきびしい中、皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。

おかげさまで私ども一同、相変わらず元気に暮らしておりますのでご安心ください。

この暑さはまだしばらく続きそうです。皆様くれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます。

今後ともなお一層ご愛顧のほどお願い申し上げます。

                       
                        保険Pスタジオ
 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 



保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

『元本保障型』を謳い文句に変額保険が販売されています。

本来、変額保険は、リスクは顧客が取るものなのですが、代わりに保険会社がリスクを取るというものです。

当然ですが、それらの保障がある分、手数料を取られていますので、相場が大きく上がる時には、恩恵は少なくなります。

逆に運用がうまくいかない場合でも、元本割れすることはありません。

分かり易く言うと、

≪そんなに儲からなくても良いので、元本は保障して欲しい≫

という人向けですね。

年齢で言えば、リスクをあまり取れない(取る必要がない)老後を迎える60歳代以降の方たちや若い世代でも安全思考な方向けでしょうか!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




20070806204834


私の好きな番組、『世界バリバリ★バリュー』で紹介されてすぐにインターネットで購入したマッスルトレーナーがついに我が家に来ました
(現在、2週間待ちだそうです)

マッスルトレーナーは、重さが、通常のスポーツシューズの
なんと約4倍です。
この重さによって、程よい負荷が脚にかけられ、理想的な運動効果が得られるとのことで、消費カロリーが25%もアップするそうです!

私も、ウォーキングを始めて1年ですが、さらに力強い見方?ができた感じです。

保険は、加入して安心は得られますが、病気になるリスクは変わりません。(当たり前ですが

日ごろの運動が大切ですよね!

ウォーキング、楽しいですよ!

ストレス解消にも1番です!


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

財務省の『借金時計』にアクセスが集中しすぎて、わずか2時間半で掲載を中止しました。

昨年の9月にこのブログでご紹介しましたが、日本の借金が1秒に19万円増えているというものです。

昨年のブログはこちらです!

1秒で19万円の金利!!

びっくりですよね。

借金時計はこちらにもありますので、宜しければどうぞ!

借金時計(←クリックして下さい)

日本の将来は、大丈夫かな~???

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

生命保険には、たくさんの種類があります。

死亡保険だけでも、

○ 終身保険
○ 定期保険 
○ 養老保険
○ 逓減定期保険
○ 逓増定期保険
○ 収入保障保険
○ 低解約型終身保険
○ 積立利率変動型終身保険
○ 積立利率変動型終身保険(低解約型)
○ 変額終身保険
○ 利率変動型終身保険
○ 終身移行保険
○ ユニバーサル保険
○ ドル建終身保険
○ ドル建終身保険(低解約型)
○ ドル建終身保険(積立利率変動型)
○ 定期付き終身保険
○ 定期付き養老保険
○ 特定疾病付き終身保険
○ 一時払い終身保険


ざっとこれくらいはあり、まだあると思います。

これらの中から、一般の方がどれが良いか選ぶのは、簡単?

ではありませんよね!

これら以外にも医療保険やがん保険、年金保険、にもいろいろあります。


餅は餅屋におまかせしませんか!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  

最近、引受け基準緩和型保険、つまり、今まで保険に加入できなかった方向けの保険が相次いで発売されています。

アフラック、損保ジャパンひまわり生命、アクサ生命、等々。

今まで、アリコジャパン『守りたい』が売れていましたが、新商品が3つも出ましたので、どれが1番自分自身に合っているか見極めないといけないですね。

各社、保険料にも差があります。

昔のように、勧められて加入するのではなく、比較して加入することが重要です

資料請求はこちらからどうぞ


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  

昨日、ばんそうこう問題?(事務所費問題)の赤城農相が更迭されました。
自民党参院選敗北の責任とも言われていますが、いずれにしてもタイミングが遅すぎると強く非難されています。

(参院選惨敗は予想できていたので、安部首相が赤城農相に責任を押し付けるためにわざと更迭のタイミングを遅らせたともとれるのですが)

頭の良い人達が考え出した最善のタイミング?だと思いますので、背景には我々が知る由もない裏があるのではないか?とも思います。

さて、今日は、保険の加入・見直しについてタイミングを考えてみたいと思います。

皆さん、一般的に多いのは、

1、職場に保険勧誘に来ていたから。

2、身内や友人が保険営業を始めたので、付き合いで加入した。

3、身近で病気になった人がいて、あわてて加入した。

上記の例は、あまり良いタイミングではないような気がします。

良い保険加入・見直しのタイミングは、

1、社会人になった時

2、結婚した時

3、子供が生まれた時

4、住宅を購入した時

5、親の面倒を見るようになった時

6、子供が社会人になった時 

7、加入している保険より良い商品が出た時


ではないでしょうか!

保険加入・見直しのタイミングは、人生の中でとても重要です。

病気になってしまった後などは、保険加入が難しい場合も多いですので、タイミングだけは逸しないように!! 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 




全タイトルを表示

保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433

Author:保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433
年齢 45歳
血液 O型
出身 大分 山口
資格 ・CFP ・証券外務員2種 ・DCプランナー ・トータルライフコンサルタント
趣味 仕事 海外旅行 ジム ゴルフ 犬の散歩 マッサージ 読書


ファイナンシャルプランナーによる生命保険の節約アドバイス専門店!

当店では、以下の4つをモットーに保険提案をさせて頂きます。

1、お客様のご希望に沿った保険の提案をします!
(保険会社が売りたい商品ではなく、お客様が買いたい商品を提案します。)

2、その保険の中で1番安い組み合わせで提案させていただきます!
(同じ商品でも最大2倍近く保険料が違う場合もありますので、最も安い組み合わせを提案します)

3、しつこい勧誘等は一切行いません!
(保険相談の途中で、考え方の相違などちょっと合わないかな?と思ったら いつでも相談をストップして頂いても全く問題ありません!)

4、相談料や契約時の交通費等、保険料以外のお金は一切頂きません!
(保険料もそれぞれの保険会社へ直接振り込んで頂きますので、お客様との金銭の授受はございません)

東京・埼玉・神奈川は、無料でご自宅まで相談にお伺いさせて頂きます。(1~2週間先、または土・日は予約が埋まっていることが多いですので、早目に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。