2007 / 09
≪ 2007 / 08 - - - - - - 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 - - - - - - 2007 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


このブログは”保険節約術”をテーマにしていますが、今日は『家計の節約術&お金持ちになる極意』の話です


スーパーの特売で、①きゅうり5本200円(1本40円)でした。

買う予定なのは、②2つ(1本60円で2本で120円)です。

皆さんならどうですか

1本あたり単価では、①の方が特ですが結局、無駄に使ったり、腐ったりする経験も多いと思います。

それなら、200円と120円で80円安い②を選択した方が良いと思いませんか!

私の知る限り、お金持ちの人はだいたいこのようなタイプです。

お金持ちは、『必要なものにお金を惜しみません』

お金持ちになるには、『必要なもの以外は買いません』
 


これが、節約&お金持ちになる秘訣です 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


スポンサーサイト

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


皆さん、こんにちは!

保険料免除特約は、各社、免除になる基準が全然違うのをご存知ですか!

1、3大疾病で所定の状態になったら。

2、所定の介護状態になったら。

3、所定の障害状態になったら。

4、重度慢性疾患になったら。

5、不慮の事故で所定の身体障害になったら。

6、高度障害になったら。


さらに、「180日以内に」とか「病気で」とか「要介護3以上」とかいろいろな条件が付く場合もあります。

また、「所定の」というのも分かりにくいですね。

そして、この特約を付けた場合、無料のものもあれば、年齢によっては1万円以上高くなる場合もあるのですよ。

このように、保険料免除特約といっても様々です

この特約を付けると、どれだけ保険料がかかるか納得して、加入することが重要ですね 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  



保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

貯蓄タイプである終身保険や年金保険に加入するときに、何を目安にどれくらい積み立てれば良いと思いますか?


1、毎月の保険料・・・予算を1番に考える。

2、支払い期間・・・いつまで支払うかを考える。

3、保障の期間・・・いつまでの保障かを考える。



皆さん、一番、重要視されるのは、やっぱり毎月の保険料ですね。

もちろん、予算がありますので、毎月の保険料は重要です。

でも1番大切なのは、

いくら貯めるか!

です!


例えば、40歳から60歳まで1万円ずつ20年間貯金した場合、

利息がないとしたら、240万円しか貯まりません。

240万円を老後の年金として考えても、何年生活できます?

夫婦で旅行をしたり、お孫さんにおこづかいをあげるのも躊躇してしまうかもしれませんね。

国の年金があったとしても、2~3年で無くなりますよね。


『240万円しか貯まらなかった』

『もう少し貯金しておけばよかった』


と後悔しても後の祭りです。


今の時代は、自分の老後は自分で準備しなければなりません。

国の年金も多少もらえるとしても、いくら準備しなければならないかを逆算して一番に考えましょう! 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

12月に予定されている保険商品の銀行窓口販売の全面解禁について解禁時期の先送りを生命保険協会が要請したそうです。

保険商品の銀行窓口販売で、銀行は12月の解禁に向けてかなり準備をしていますので、恐らく予定通り解禁されるでしょうが、かなり難航しているようですね。

昨今、イオンやヨーカ堂などのスーパーやニッセンなどの通信販売会社、クレジットカード会社、郵便局などいろいろな所で加入できますし、私達のような来店・訪問型ショップも増えていきますので、今後、保険はどこでも買える時代になるのは間違いありませんね。

その時にどこで加入するかの最大のポイントは、

販売する側の”プロ意識”です

保険は、非常に難しい商品なのですが、特に周辺知識がとても重要になります

所得税や住民税などの税金や厚生年金や遺族年金の仕組み、国の年金・医療・介護の政策や国内外の経済情勢、為替や金利の知識・動向、ライフプランニング、相続、・・・・・

私達も”プロ意識”を高めていかなくてはなりません 

 
さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

大垣共立銀行が、慰謝料・財産分与・裁判費用など離婚で必要な費用で用立てる離婚ローンを作りました。

離婚件数は全国で約26万件あり、需要があるとのことです。


では、生命保険の場合、離婚したらどうなるのでしょう?

夫婦特約は、当然、解約になりますよね。

その場合、夫は主契約を残せば良いのですが、奥様は加入しなおさなければなりません。

年齢も上がっているので保険料は高く、健康状態で加入できないかもしれません。

また、死別の場合も、奥様の保障は消滅してしまいます。
(例外もありますが)

保険は、夫婦別々に加入するのが基本ですね! 

 
さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

 『独立系ファイナンシャルプランナーが新たな窓口に』

投資信託の販売で、独立系FP経由の投資信託が増えているとのことです。

現在、主な独立系FPは、LPL日本証券、日興コーデイアル証券、日本インベスターズ証券の3社です。
(一部違う所もあるかも!?)

今までは、金融機関の売りたい投信?を買わされていた?投資信託ですが、

独立系FPは、どこの系列にも属していないのいで、中立的な立場でお客様に商品を勧めるのが最大のメリットです

中立・・・

生命保険と同じですね!

投資信託も生命保険も今までは、お客様のニーズに関係なく、勧められるがままに加入するのが当たり前?でしたが、今の時代は、中立な販売代理店で、いろいろ選べる時代ということですね。

ちなみに、投資信託には、販売手数料と信託報酬がかかりますが、銀行でも独立系FPでも手数料は基本的に同じです。
(一部、独立系FPの場合、相談料がかかるところもありますが)



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

素朴な疑問です。

たばこを吸うと、がんになると言われています。

たばこを吸う人は年々減ってきており、私のまわりも吸わない人が多くなってきました。

しかし、

肺がん患者は、逆に増えているんですよね!

これは日本だけでなく、欧米諸国でも喫煙率は下がっていますが、肺がんは増えています。

たばこを止めたら、肺がんが増えるという話ではなく、

がんになる原因は、他の要素が大きい!

のではないかと推測されます。

皆さん、いかがでしょうか?




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

当店ホームページがヤフー!カテゴリに登録されました。

ヤフーのトップ画面から地域情報の江戸川区に登録されています。

でもなぜか?〈保険〉ではなく〈ファイナンシャルプランニング〉に登録されています。

よかったら1度見てみてくださいね!

当店ホームページはこちら!! 




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

アフラックが、「がんと生きるコツ」の募集に応募された方のいくつかが新聞広告で紹介されていました。

『大いに笑う。大いにけんかする』

『頑張らないこと』

『愛犬と坂道を歩くこと』

『毎日違うステキな便せんで手紙のやりとり』

『日課の母との電話』

『自分自身のがんを知る』

『生活を楽しむ。たとえば、おしゃれ』

『夫と寄席いくこと』

『「負けるか」って大声で叫ぶこと』

『畑仕事で作物から気をもらう』

『お母さんのマッサージとお姉ちゃんのつぼ押し』

『少し背伸びをすること』


タイトルのみ表示しました。

がん患者の生の声を聞いていろいろ考えさせられますね。

詳細は、  「アフラック生きる.com」 でご覧になれます。



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

FRB(米連邦準備理事会)が、0.5%の利下げをしました。(同時に日本は利上げを見送りました)

新聞記事によりますと、年内にFRBが再利下げするとの予想が大勢だそうです。

当ブログで何度か取り上げましたアリコジャパンのお薦め商品は、アメリカの金利により、運用利回りが変わってきます。(運用利回りについて、月1回から2回見直しています)

一時払いドル建て終身保険レグルスⅢの金利が来月以降、下がる可能性があります。

ご検討中の方は早めの方が良いかもしれません! 



アリコジャパンの商品についてのご相談は、メール相談よりどうぞ


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

 『バーモンドカレーも値上げ!』

今年は、いろいろなものの値上げラッシュですね!

覚えているだけでも、ティッシュペーパー、マヨネーズ、コーヒー、ガソリン、電気、ガス、航空運賃、ヴィトン、ベンツ、タクシー、等、

私達の生活にじわじわと影響が出てきています。


皆さん、ぬるま湯で死ぬカエルの話はご存知ですか?

熱いお湯にカエルを入れると、お湯が熱いのでカエルは飛び出して死ぬことはないのですが、ぬるま湯だと熱いのに気づかず、いずれ死んでしまうという話です。

このように物価がじわじわと上がっていっても実感がないかもしれませんが、少しずつ上がっていくとボディーブローのように効いてきます。


ところで、私達の生活は、お金がないと生活できません。

日本人は昔からお金の話をするのは品がないと言われています。

でも私は、これからの時代は、お金についてきちんと考える必要があると思います

資産運用や投資など、一部のお金持ちの人だけの話ではなく、一般の私達こそ真剣に向き合わなければ、普通の生活さえも厳しい時が来る可能性があります。

これらの、物価上昇に負けない家計・ライフプラン設計、老後の準備、保険の節約が必須の時代です 



ライフプランについての相談は、匿名メール相談よりどうぞ


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


慶応大学病院に入院している安倍首相ですが、差額ベッド代はいくらいなのでしょうか?

病室はセキュリティーの問題から公表されていませんが、部外者の立ち入りが厳しい1号棟の個室と言われています。

安倍総理が一番良い部屋だとしたら、76平方メートルと高級ホテルのロイヤルスイート並みの広さで、1泊のベッド代は、

なんと8万4000円です!

1ヶ月入院したら、

252万円ですね!

ちなみに、庶民的な値段で、1日10000円としても、

1ヶ月30万円です。

差額ベッド代はやはり高いですね~

ちなみに安倍総理の入院代って税金ですよね?



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

アクサ生命の『セルフガード』オリックス生命の『キュア』が相変わらず売れています。

このブログでも何度か取り上げていますが、両方ともベースは60日型なので保険料が割安で、7大疾病時にはそれぞれ180日、120日保障と厚くなっているのが特徴ですね。

昨日の日経新聞でも、入院の93%は60日以内という記事が出ていましたが、こうした入院の短期化や割安な保険料ということもあり、これらの商品が売れているのもうなずけます

また、最近は、インターネットで様々な情報が見れますので、当店にもこの2つを指名してこられるお客様がとても多くなっています。

個人的のもお薦めの2つです



これらの商品の質問・相談は匿名相談よりどうぞ


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

昨日は休みでしたの、お客様からご要望の多いプライベートを久しぶりに書いてみます。

名付けて、『管理人の24』

一昨日から、家族は旅行に行っていますのでのんびりの1日です!


06時       起床

06時~07時   新聞2紙を読みながら朝食です。
          今日は、パンとコーヒーでした。

07時~08時   ブログとメルマガチェック
          毎朝の日課です。

08時~09時   読書 『ガンが逃げ出す生きかた』
          読書も日課です。

09時~10時   ウォーキング
          近くの神社まで(歩いて往復1時間です。)
          天気が良くて最高でした!

10時~11時   シャワーを浴びて休憩。

11時~12時   経理の仕事と来週の計画・準備
          意外と経理の仕事好きです!

12時~13時   昼食  
          
13時~16時   メール相談と提案書作成

16時~17時   ゴルフテレビ観戦
          飯島3週連続ならず!

17時~18時   ゴルフ練習
          調子(いつも)悪い。

18時~20時   夕食とお風呂
          1人で近所の焼き鳥さん。

20時~21時   ブログ記事更新

21時~23時   読書 『スピリチュアルワーキング・ブック』
          江原 啓之

23時~02時   ビデオ観賞 『24』

02時       就寝

06時       起床

1日一人でしたので、好きなことばかり充実の1日でした!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

 「保険は損だよ。」

生命保険の加入率は、約90%なのですが、なかには「保険は損」と言われて加入されない方もいらっしゃいます。

理由は、保険金や給付金をもらうより保険料を支払う方が多いからで、貯蓄した方が良いからだそうです。

確かにそうですね。

終身保険や養老保険などの貯蓄タイプの保険を除いて、医療保険やがん保険、収入保障保険などは掛捨てが主流です。

入院してもらう保険給付金は、支払った保険料より少ないかもしれませんし、死亡する確率もそんなに高くないかもしれません。

でも、ちょっとだけ待って下さい!

その考え方ですと、

自動車保険は不要ですか?

事故をする確率は、そんなに高くないですよね。
(ちなみに、私は20年以上自動車保険を使ったことはありません。)

火災保険は不要ですか?

火災で家が燃えた人も、意外と自分の周りにはいなくないですか?
(私は、30年一括払いで火災・家財とも加入しています)

つまり、自動車保険も火災保険も損をして当たり前で、逆の言い方をしますと、

保険で特をするということは、自動車事故にあうか、家が燃えるか、ということです。


万が一にでも、車で人をひいたり、家が燃えたら、経済的にすごく大変だから保険に加入するんですよね!

生命保険も考え方は同じです

ご主人が亡くなっても、誰かが入院したりガンになっても、お金がたくさんある方は、貯蓄だけでまかなえるかもしれませんが・・・。  



大好評の匿名メール相談はこちらから


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

 『100歳以上は、3万2295人』

『100歳以上は10年間に3.8倍』

厚生労働省が今月末時点の高齢者数を発表しました。

男性は4613人、女性は27682人だそうです。

ちなみに100歳以上の割合が高い「長寿県」は

1位が35年連続で沖縄県

2位の高知県

3位の島根県

上位10県がすべて西日本に集中しています。

最下位は18年連続で埼玉県です。

埼玉県の方、がんばりましょう!

超長生きの時代です。

今後、ますます我々もような保険や投資信託などの資産運用アドバイザーの役割は大きくなりそうです


大好評の匿名の年金・資産運用メール相談はこちらから!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

20070914120326.jpg


当ブログが、旅行会社のJTBの雑誌『ノジュール』に紹介されました

その中の≪ブログで得よう、生活の知恵≫のコーナーです。

50代からの人生エンジョイ雑誌がコンセプトだそうすが、40代でも60代でも興味をそそられそうな内容でした。

『ノジュール』のホームページは、ここをクリックして下さい! 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  



保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


安倍総理大臣が辞意を表明しました。

テロ対策特別措置法の国際公約発言は?

職を賭して発言は?

臨時国会での所信表明は?

と今まで言ってきたことはなんだったのかと思う方も多いみたいですね。


生命保険はとても高い買い物で、お客様の将来の考える上での重要な商品であり、お客様に安心を売る仕事でもあるので、軽はずみなことは言えません。

保険の担当も

『私がずっと担当するから大丈夫』

『この商品はお薦めです』 

『お客様のため』

と言っていたのに、

今の保険の担当は、すぐに会社を辞めてしまったから信用できないとお客様からも良くお聞きします。

そういう意味で、この仕事を続けることは、当店で加入して頂いたお客様への大きな責任と思っています。

離職率も高い保険営業の世界は、確かに続けることは簡単ではありませんが、大きな使命と責任を持って取り組んでいかなければいけません。



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


当店のドル建の保険に加入する人が増えています。

主なメリットは以下になります

1、金利が高い(予定利率が高い)ので、保険料が安い。

2、為替差益が期待できる。

3、通貨分散ができる。



つまり、以下の人に向いていると言えます

1、終身保険(死亡保険)を安く加入したい。

2、ドル資産に興味がある。

3、掛捨てより貯蓄タイプが好き。



個人的にもお薦めの一品ですので、お気軽にご相談下さい

終身保険や養老保険、一時払い終身保険、年金保険等、種類も様々です。 

詳しくはブログ左の無料メール相談よりどうぞ!




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

今日は、法人のお客様への話です。

ご存知の方も多いでしょうが、10月より、信用保証協会保証付融資は、100%信用保証協会が保証するのではなく、20%を銀行がリスクを負担することになります。

今までは、信用保証協会の保証がおりれば、銀行は融資を実行してきました。

しかし、10月からはそうもいきません。

銀行の審査が加わるからです。

信用保証協会は、中小企業の育成という使命をもった公的機関なので、審査は緩めですが、銀行は営利企業だからシビアです。

融資を受けるなら、9月中ですね!

私も多店舗展開用に借りようかな~



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

健康保険の自己負担(病院の窓口で支払う割合)は現在、3割負担なのはご存知だと思いますが、以前はどうだったか覚えていらっしゃいますか?

1981年まで      タダ 

1981年から1997年 1割負担

1997年から2003年 2割負担

2003から現在     3割負担


ここ10年で病院代は、3倍になりました。

最近、風邪をひいて病院にいくと、高いですよね~。

また、毎月の健康保険料も、ボーナス時の負担が大幅に増えたため、2003年よりほとんどの人が増えています。

今までは、国がある程度見てくれましたが、今後は医療費も自己責任の時代になっていくのは間違いありません。

そういう意味で、医療保険の加入は今まで以上に重要になってきます

国は、窓口負担3割は維持したいと言っていますが・・・・。

 

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

生命保険の契約に関するトラブルが,高齢者の間で急増しているそうです。

契約内容を十分に説明せず、高齢者に不利益になるような高額な保険を契約させるような悪質なケースも目立つということで、今年4月から7月までに寄せられた生命保険に関する70歳以上の人からの相談は650件もあり、前年度同期に比べ約2・3倍に急増しているとのことですから、驚きです。

このブログで保険加入は担当者がいた方が良いと書いていますが、上記のようなケースでは、いないほうが良いですね


保険は、保険会社や商品と同様、担当者選びがとても重要です。

1番重要なのが担当者選びと言っても過言ではないくらいです。



新商品の案内やイザという時の保険金の請求、
国の税制や年金の情報提供など、お客様と保険会社の間に、代理店が入るメリットはあってもデメリットは全くないからです。


そういう営業の方達は、いずれ業界から淘汰されますので良いとしても、騙されたお客様の不信は一生ぬぐえるものではありません。

上記のニュースを見て、すごく腹が立ちました。

今日は、怒りのブログ?でした


 
さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

埼玉県の世論調査で、生活全体に不満を感じている人が、この1年間に15%も増えて約51%になったそうです。
逆に満足を感じている県民は、20%減って約42%です。


特に、年齢・性別では、40歳代の男性が64%と突出しています。

理由は、『教育費の負担が重くのしかかっている』 と分析しています。

生命保険は、将来のリスクに備えるものです。

そういう意味で、『40歳代に教育費が増える』 ことはあらかじめ想定できるリスクですよね。

将来、確実に生活が厳しくなることがわかっていますから、今のうちから、こつこつと積立てる必要があります。

ついつい、今の生活を優先してしまいがちですが、問題を先送りにしてはいけません。

貯蓄は少ない金額を早く始めるのが基本ですね! 



学資積立の無料相談はこちらからどうぞ!  
 

さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

満期まで支払えば、全額戻ってきて医療保険は一生続くという貯蓄タイプの医療保険が売れているそうです。

個人的には、以下の点を考慮した方が良いと思います。

1、掛捨てに比べて保険料の負担がどうか?
2、途中解約時の解約返戻金はいくらか?
3、死亡保障をどうするか?


似たような保障は、オーダーメイドで終身保険と終身医療保険の組み合わせでも作ることが可能です。

それぞれメリット・デメットがありますので、ご注意を!




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

 『年金横領も氷山の一角』

昨日の日経新聞の社説です。

99件、3億4300万円。

社会保険庁の職員が年金を横領していた金額です。

年金支払記録がなくなって、今まで支払った年金がもらえるかどうか分からない問題とは別の新たな問題です。

しかも、長年この事実を公表していませんでした。

ありえない・・・・

まじめに保険料を支払ってきた国民からすれば許されない犯罪ですね。

実は、国の年金については重大な問題があります。

年金は、いくら支払っていくらの年金がもらえるという一種の契約なのですが、国はこの契約内容をいつでも変えることができるのです

例えば、年金は60歳から支給開始だったのですが一方的に65歳からと変更になりました。
(今後、また変わる可能性が大だと思います)

これによりもらえる年金が5年分も少なくなったのです。

金額にすると一般家庭で、なんと約1500万円ですよ!


また、もらう金額も法律を変えれば、いつでも減額できます。

国だから?こういうことができるのでしょうが、民間の生命保険会社では、倒産しないかぎりありえません!
(そんなことをしたらみんな解約しますよね!)

上記のようないい加減な年金管理の問題もあり、個人的には、国より保険会社を信用しますが、皆さんはいかがでしょうか! 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

 『100匹目の猿現象』というのをご存知ですか?

100匹目の猿現象とは、

宮崎県の幸島に棲息する猿の一頭がイモを洗って食べるようになり、同行動を取る猿の数が閾値(仮に100匹としている)を越えたときその行動が群れ全体に広がり、さらに場所を隔てた大分県高崎山の猿の群れでも突然この行動が見られるようになったという。

このように「ある行動、考えなどが、ある一定数を超えると、これが接触のない同類の仲間にも伝播する」という現象を指すそうです。

生命保険は、今までA生命が良いとかB生命が安いとかC生命とのお付き合いいう感じで、基本的に1社の生命保険会社で加入するのが普通でした。

しかし、最近では乗合代理店といい、複数の保険会社の取扱いが認められるようになっています。

最大のメリットは、医療保険はA社、がん保険はB社、死亡保険はC社、年金はD社に、というふうに、保険の加入目的ごとに分けて加入することにより、保険会社のいいとこどりができることです

まだ、このようにして加入される方は、乗合代理店の歴史が浅いので、少数ですが、乗合の来店型店舗がどんどん増えていますので、今後、主流になっていくのは、間違いありません。 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

当店のライフステージ加入例の学資保険の加入例が好評です!

他にない特徴は、学資保険で人気の各社の設計書が見れることです!


下記をクリックしてみて下さい!



<お父様30歳、男の子0歳>のご参考プラン
○アフラック「かわいいこどもの保険」
○ソニー生命「学資保険」
○AIGエジソン「ドルまる君」
○アリコ「学資積立プラン」
○学資保険としての終身保険



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

乳がん検診には主に、視触診マンモグラフィがありますが、検査を受けた人の人数は以下になります。

(視触診)
平成○年  13年    14年     15年    16年    17年
受診者数 2,830,296  2,774,120  2,770,371  1,599,234  662,632

(マンモグラフィ)
平成○年  13年    14年     15年    16年    17年
受診者数 448,916  563,082   717,703  1,099,713  1,604,557

明らかに、視触診が減ってマンモグラフィが増えています。

この中で、再検査を受ける確立も、4.9%と8.9%で大きな違いがありますので、マンモグラフィーの人気の理由が分かりますね!


現在、年間3万5000人が乳がんと診断されています。

なんと1日あたり、約100人が乳がんと診断されていることになり,がん患者は増え続けています。

この9月よりがん保険で人気の東京海上日動あんしん生命とアフラックが実質値上げになりました。

値上げするということは、それだけ、がんになる人が増えているという裏返しです。

値上げと同時に保障内容も大幅に変わりましたので、現在、検討中の方は、早めに検討してみてはいかがでしょうか



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

大好評の匿名メール無料相談を始めて、1年が経ちました!

今では北海道から九州にお客様がいらっしゃいます。

皆様のお役に立てて?本当にうれしく思います

この匿名メール無料相談ですが、おそらく当店が全国で初めてではないでしょうか?(初めてではなかったらすみません。)

相手が全く分からないインターネットで、人生のライフプランの相談をするのですから、最初から名前を明かすのはちょっと??と思う方も多いのではないかと思い始めましたが、思いのほか好評です。

中には、悪質な同業者もいますが、大勢の方に役に立っていると思いますので、これからも続けて行きたいと思います。

以下のような悩みをお持ちの方はお気軽にどうぞ!

1、保険のことは何も分からないので、基本的なことから教えて欲しい。

2、保険見直しを検討したいけど、どうしたら良いですか?

3、いくつか候補があるけど、Pスタジオの意見を聞かせてほしい。

4、しつこい勧誘はいやだ。

5、学資保険のお薦めはどにようなタイプですか?

6、シングルマザーの加入する保険はどれが良いですか?

7、運用商品や年金商品のお薦めを教えて下さい。



匿名メール無料相談はこちらから! 


* 同業者の方は固くお断りします。


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

 『心を病むサラリーマンが増えている』という記事がありました。

うつ病になる確立は女性の方が高いが、自殺者は男性が圧倒的に多いそうです。

なぜ、男性が高いか?

1、男性は衝動を抑えにくい。
2、困った時も助けを求めてはいけないと思っている。
3、相談しても意味がないと思っている。


が原因だそうです。

私は、うつ病ではありませんが、どちらかというとイケイケ?だし、問題が起きてもなるべく自分で解決しようとするし、相談しても最終的には自分が決めることなので誰かに相談することもあまりありません。

全部、自分に当てはまるような気がしました

でも、以下の記事で少し安心しました。

『食べることとおしゃべりをすることに価値を置く文化圏では、自殺率が低い』そうです。

私は、良く食べ、良く飲み、良く喋りますから

ちなみに、うつ病になると保険に加入できる確率はかなり低くなります。


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




全タイトルを表示

保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433

Author:保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433
年齢 45歳
血液 O型
出身 大分 山口
資格 ・CFP ・証券外務員2種 ・DCプランナー ・トータルライフコンサルタント
趣味 仕事 海外旅行 ジム ゴルフ 犬の散歩 マッサージ 読書


ファイナンシャルプランナーによる生命保険の節約アドバイス専門店!

当店では、以下の4つをモットーに保険提案をさせて頂きます。

1、お客様のご希望に沿った保険の提案をします!
(保険会社が売りたい商品ではなく、お客様が買いたい商品を提案します。)

2、その保険の中で1番安い組み合わせで提案させていただきます!
(同じ商品でも最大2倍近く保険料が違う場合もありますので、最も安い組み合わせを提案します)

3、しつこい勧誘等は一切行いません!
(保険相談の途中で、考え方の相違などちょっと合わないかな?と思ったら いつでも相談をストップして頂いても全く問題ありません!)

4、相談料や契約時の交通費等、保険料以外のお金は一切頂きません!
(保険料もそれぞれの保険会社へ直接振り込んで頂きますので、お客様との金銭の授受はございません)

東京・埼玉・神奈川は、無料でご自宅まで相談にお伺いさせて頂きます。(1~2週間先、または土・日は予約が埋まっていることが多いですので、早目に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。