2007 / 10
≪ 2007 / 09 - 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 - - - 2007 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


当店は、東京の江戸川区にある来店型保険ショップなので、

気軽に相談できる地域密着の店舗

を念頭に営業していますが、一方、インターネッを通じて全国にお客様がいらっしゃいます。

この度、江戸川区タウンという、ユーザー参加型のまちづくりコミュニティに、

e-まち看板

に広告を出しました。

また、来年から江戸川区役所の封筒に、当社の名前も入ります

これからも、地域と全国の皆様に

お客様が本当に納得のいく保険

の提供をこころがけていきたいと思います!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




スポンサーサイト

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


昨日、お伺いしたお客様のところで、今、話題の『年金問題で社会保険庁ともめている』という話を聞きました。

そのお客様は、支払っていた国民年金保険の記録がなくなっていたそうでご立腹でしたが、それよりも老後がとても不安だと話されていました。

ニュースでご存知のように、年金保険料は、グリーンピアなどの無駄?な施設、厚生年金会館、職員の宿舎、公用車の購入、交際費、職員の外国旅費、など、

私達の年金以外に使われていたことが判明

したのは記憶に新しいところです。

国が運用しているからといって、信用できないことが分かりました。

また、私達がもらえる年金は、今後減ることはあっても増えることはないと予想されます。

これらのことから個人的に、

公的年金は補完的な年金になる!

と思っています。

今までは、老後は公的年金で生活し、足りない部分を年金保険や貯金で生活してきましたが、20年、30年後の私達の老後は、この考え方が逆転するのでなないでしょうか!

そういう意味で、生命保険代理店の役割の中で

お客様に老後リスクに備えて頂く!

という警鐘を鳴らすのも重要だと思います。

年金保険や終身保険、投資信託など何らかの手段で、年金積立を1日でも早く始めましょう



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  


最近、個人年金保険についての問い合わせが多くなってきました。

国の年金が老後いくらもらえるか分からないので、自助努力で準備する方が多くなってきているようです。

個人年金保険の最大のメリットは、

個人年金保険料控除が使える

というものです。

この控除を使いますと、

所得税、住民税、健康保険料、介護保険料、

が少し安くなります。


告知も簡単ですので、普通の保険に加入できない方でも加入できるケースも多いのも特徴です。

また、銀行預金との違いは、所定の高度障害状態の場合は、保険料免除になり、年金はもらえるという保険ならではの機能もあります。

お問合せは、右上の無料メール相談よりどうぞ!
 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


明日は、ドクターであるお客様の所に、個人情報漏洩保険の契約にお伺いします。

個人情報漏洩保険とは、文字通り、個人情報が漏洩した時の多額の損害賠償に備える保険です。

主な保障内容は、

損害賠償、

訴訟費用、

公告費用、

事故原因調査費用、

コンサルティング費用、等々

保険料は、年商2億円で3000万円の賠償責任の場合、

毎月、約4500円です。


安いですよね!

個人情報を保有している会社は、必須の保険です


 
さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


昨日、ゴルファー保険の契約に行きました。

最近の女子ゴルフ人気もあり、ゴルファーが増えているようですが、ゴルファー保険に加入している方は少ないような気がします。
私は、横峯さくらの大ファンです

私もゴルフをしますので、ゴルフ場での事故は時々耳にします。

あの固いボールが、どこに飛んで誰に当たるか分からないのですから、保険に加入するのは当然だと思うのです!

今年も頭にあたった死亡事故のニュースがありましたよね。

ましてやゴルフ場に行く方の平均スコアは、100くらいらしいですから。


ゴルファー保険の内容は、安いプランでだいたい下記のような感じです。

1、賠償責任    5000万円

2、傷害       500万円

3、用品       15万円

4、ホールインワン 30万円


これで、年間6000円くらい(月にすると500円くらい)です。

安いですよね!

女性の方、男性の方、うまい、ヘタ、問わず加入した方が良いですね




 
さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


『がんの患者7人がアルプス最高峰のモンブラン登頂に成功!』

皆さんもニュースで覚えている方もいらっしゃると思います。

 『生きがい療法』 とは、

生きがいをもって生きることで免疫力を上げる心理療法です。

実際、富士山登頂に挑戦することによって、生き方が変わった方は少なくないそうです。

病気の方が、大きく目標を持って頑張っているニュースを、時々目にします。

私自身も、大きな目標があると、1~2ヶ月休みを取らなくても、体(心身)は逆に元気になっているような経験はよくあります。

好きなこと(生きがい)をしていると、本当に体に良いんですね

登山に限らず、生活の中にちょっとした生きがいを見つけると、人生そのものが変わることがあると思います。

皆さん、

生きがい探し、始めませんか



山がくれたガンに負けない勇気―「生きがい療法」二十年の歩み山がくれたガンに負けない勇気―「生きがい療法」二十年の歩み
(2002/06)
小嶋 修一

商品詳細を見る


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


銀行での保険販売がいよいよ12月22日から全面解禁されることが決まりました

永年、保険会社は、

1、保険料競争を避けるため
2、自社の営業マン(営業レディ)の生活を守るため


に銀行の代理店化に反対をしてきましたが、顧客重視のために妥協したようです。

この大きな販売網をもつ銀行の出現により、1社専属の保険営業マン(営業レディ)や代理店は、大幅に減少すると言われています。

実際、私の周りでも、銀行業界に転職した方が多くいるんですよ


しかし、個人的には、銀行の保険参入は大歓迎です。

銀行が大々的に生命保険をアピールすることにより、

お客様が今まで以上に、保険への関心が向くと思われるからです


『保険は高い買い物』にもかかわらず、

まだまだ比較をしないで加入している方が大多数です。

車やテレビなどは比較して購入しますが、なぜか生命保険は比較して加入する方が少ないんですよね。

生活費の中で、最も節約できるものの1つだと思うのですが・・・

いずれにしても生命保険も比較して加入する時代に突入しましたね




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


入院保険では、手術給付金について、どこの保険会社も

『所定の手術が対象』と記されています。

ということは、『所定の手術』でないと保険はおりないということです。


では、一般的にどのような手術は対象にならないのでしょうか?

主なものに、

1、切り傷による皮膚の縫合

2、良性の腫瘍(皮膚)の摘出(アテロームなど)

3、扁桃腺の摘出手術


などがあります。

たまに、手術なら何でも出ると思われている方もいますが、(保険業界の人も)

あくまで、所定の手術なんですね!

参考までに!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


皆さん、質問です!

① 『積立利率変動型終身保険』
② 『利率変動型積立終身保険』の違いをご存知ですか?


簡単に説明しますと、

①は、普通の終身保険の1つです。

死亡保障だけですが、最近、年金目的で加入される方も多い人気の貯蓄タイプの保険ですね。

そして②は、

保険料払込期間中は積立金を貯めて、保険料払込期間満了後はその時の積立金をもとにして、一定の範囲の終身保険に移行できる というものです。

(注:積立金は、あくまで積立をしているだけですので、保険を買っているわけではありません)

一般的には、これらに特約として定期保険や医療保険、がん保険などがついています。

少し、分かりづらいかもしれませんが、

2つとも”終身保険”という名前が付いていますが、

全く別物だということです。


一般に終身保険というと、貯蓄タイプと思われていますが、必ずしも《終身保険》と名前が付いていても、

『終身保険に移行できる保険』

というのもあります。

いわゆるよく売れている保険?ですが・・・


このような例からも「保険は分かりにくい」といわれる所以だと思いますが、

貯蓄タイプと思っていて、イザ65歳になったら、支払った金額の5%くらいしか戻ってこなかった???

当店に駆け込まれるお客様で、よくある一例です。


保険は、メリット・デメリットを理解して加入しましょう!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


がん基本対策法が、4月から施行されています。

がん患者は、どこに住んでいても、適切な医療を受けられるようにするというのが目的です。

つまり、がん治療において、大きな地域格差があるということですね。

自治体にも取り組みに温度差があるようです。

肺がん検診の受診率で、

1位、  64.8% 大分県

最下位  5.7% 奈良県 


胃がん受診率

1位   39.2% 山形県

最下位  4.9% 東京都


ブログでも書きましたが、『がんの2015年問題』と言われるように、2015年には、500万人以上ががん患者になり、全死亡者数の半分ががんで亡くなると言われています。

最近、新聞記事でがんの記事を見ない日はないくらいですね。

今朝の日経や読売にも、がん関連記事がありました。

今後、がんに関する記事や本、自治体からの案内など、皆さんが『がん』という言葉に触れることが多くなる思います。

私のお客様にも、がんとは誰も無関係ではなく、様々な情報提供ができればと思います



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


今日は、終身保険の活用法


(第6日目最終)

老後に解約して、趣味や旅行に使いましょう!

終身保険は、イザという時の死亡保障のために加入しますが、そうは言っても65歳くらいまでに亡くなる確率は、約1割くらいです。

約9割の方は、保険(死亡)を使うことはないので、

何十年もがんばって支払った保険料を、自分の好きな事に使えれば良いと思いませんか

世界一周をするのもよいですし、

お庭を造るのもよいでしょう。

おそばを打つのもいいし、

毎月のお小遣いにしても良いと思います!


老後の夢を計画し、そのための貯蓄(保険料を支払う)と思えば、少しは保険支払いも楽しくなるかもしれませんよね

ちなみに私は、自分の終身保険を世界一周クルーズ旅行の1部にするつもりです(状況によって変わると思いますが・・・) 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


今日は、終身保険の活用法


(第5日目)

介護になったら、1部解約して、治療代に当てましょう!


保険に加入するのは、死亡保障、入院保障、がん保障、年金保障、そして『介護保障』が、主な目的なのですが、

介護保険に加入されている方は、とても少ないと思います。


なぜでしょうか?


保険の営業マンがあまり勧めていなかったり、お客様のニーズもそこまでないのが、現実のような気がしますが、

最大の理由は、

① 介護状態になる確率が高く、平均介護年数も長いことから、リスクの予測がたたず、保険商品として開発が難しい。

② もし、商品ができたとしても、保険料が高く、販売見込みがたたない


からだと思います?(恐らくですが)

50%以上の人が、平均5年以上、介護になるとも言われていますので、すごい確率ですね。


そこで、終身保険の出番です

昨日と同じ考え方ですが、終身保険は現金と同じですので、解約して介護費用に当てることもできます。

やっぱり、終身保険ですね 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  



『笑うかどには福来る』

『笑いは百薬の長』

《笑い》に関することわざはたくさんありますが、

『よく笑うと免疫力が高まる』

と、昔から言われています。

アメリカでは、1960年代から『笑いと病気の関係』が研究されていて、

日本でも、がんの治療に笑いを取り入れているところがあるそうです

《笑い》には、血圧を下げ、食欲も増進させるそうですね

有名な映画『パッチ・アダムス』では、笑いを治療に取り入れている医学生の物語で、実話ということで話題になりました。

私の大好きな映画の1つです。

ロビン・ウィリアムズの演技も最高ですね!

お薦め ★★★★★

皆さん、毎日、笑っていますか! 




パッチ・アダムス パッチ・アダムス
ロビン・ウイリアムズ、モニカ・ポッター 他 (2005/05/27)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


今日は、終身保険の活用法


(第4日目)

一部解約して、イザという時の治療代(病院代)に当てる!

昨日は、死亡保障1000万円の終身保険を、一部解約して年金の代わりにするという話を書かさせて頂きましたが、

老後に病気になり、治療費がかかる場合などは、終身保険の一部を解約して病院代に当てるということもできます

こういう考え方も、あり ですね

終身保険は、とても万能な保険です!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


今日は、終身保険の活用法


(第3日目)

毎年、一部解約して年金にする!

例えば、死亡保障1000万円の終身保険の場合、死亡保障100万分を毎年解約するということです!

これを10回、繰り返しますと、10年確定年金と同じように10年間保険会社から現金を受け取ることができますよね

これは、知る人ぞ知る裏ワザです

また、この方法だと死亡保障も残りますので、死亡保障を残したい方にとても有効ですね

そして、何よりもこの方法が良いのは・・・・

答えは、後日?メルマガで?



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


がん検診について、昨日の続きです。

がん検診の費用は、

市長村の実施するがん検診は1項目あたり1000円前後です。

一方、民間病院で実施しているものは10万円~20万円します。

皆さん、ご存知のような

コンピューター断層撮影装置(CT)

陽電子放射断層撮影装置(PET)

磁気共鳴画像装置(MRI)

超音波

腫瘍マーカー


などですね。


では、どれくらい、がんの発見率に違いがあるのでしょうか?


詳細は、省略しますが、約10倍だそうです。

これだけ発見率が違うのであれば、民間病院の検診が良いのは明らかですが、20万円という金額が・・・・・

実際、経営者や会社役員が中心と新聞記事に書いてありました。

もう少し、安ければ、がん保険に加入せず、検診だけ?という考え方もできるかもしれませんね??



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


昨日は、日経新聞、読売新聞ともにがん検診の記事がありました。

男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんになるにもかかわらず、がん検診の受信率は、

わずか20%

だそうです。

がん患者が減少傾向のアメリカでは、乳がん検診受信率が約70%、(日本、約12%)、子宮頸がんは、約80%で、他の先進国も同様のようです。


その検診ですが、市町村などの自治体が安く実施しているのをご存知ですか?


前立腺がん検診  200円
胃がん検診   1900円
肺がん検診   1200円
子宮がん検診  2000円
乳がん検診    800円

(東京都新宿区の場合)


がんは早期発見の場合は、治る病気と言われています。

自治体によって、金額や検診の種類は違いますが、1度お近くの市役所などのホームページで確認してみてはいかがですか


ちなみに、我が家の奥様も、今週、友達数人と子宮頸がん検診に行くそうです!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


今日は、終身保険の活用法


(第2日目)

年金に移行する!

終身保険は、貯蓄タイプの保険ですので、死亡保険目的の他に、老後の年金や学資保険目的で加入されるのが一般的です。

終身保険は、一般的に以下のような年金に移行できます。

* 確定年金

* 保障期間付き終身年金

* 保障期間付き夫婦年金

* 保障金額付き終身年金


簡単に説明すると、

確定年金は、

解約返戻金を一定の期間に分けて年金受取するもの。

終身年金は、

文字通り、生きている限り年金がもらえるというものです。

このように、終身保険は、死亡保障だけでなく、老後の年金になりますので、一石二鳥ですね

できれば、1本は持ちたいものです




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


今日から終身保険の活用法をご紹介致します!

終身保険というと、単純に『終身の死亡保障』というイメージだと思いますが、実は、いろいろな活用ができるのです。


(第1日目)  

死亡保険(お葬式代)として活用する!

ご存知のように終身保険は、(加入年齢にもよりますが)、支払った保険料より多く解約返戻金があります。

「掛捨ての保険かイヤだ」と言われる方に好まれる保険ですね。

また、老後の年金保険代わりに売れている定番の保険でもあります。


では、この保険を有効に活用する最大限の方法をご存知ですか?

それは、亡くなるまで解約しないことです

そうしますと、支払った金額に対して、最大限お金をもらうことができます。

例えば、死亡1000万円の終身保険の場合、支払う保険料は3百数十万~7百万円です。 (年齢や支払回数、円建て、ドル建てによって様々です)

人間はいつか必ず亡くなりますから、遺族の誰かが必ず受け取れるのが終身保険です!

お葬式代として銀行に預金しておくなら、生命保険に預けた方が、得だと思いませんか 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


がんになりますと、

3つのダメージ

があると言われています。


*精神的ダメージ

(がんを宣告されますと、精神的にかなりきつくなります。)

*身体的ダメージ

(がんになりますと、当然、体に悪い影響がでます。)

*経済的ダメージ

(がんになりますと、保険の適用されない治療であったり、治っても再発しないように長期間、病院に通わなければならず、金銭的にいくらかかりか不安になります。また、仕事も休まなければならず、収入も無くなるかもしれません。)


がんは、2人に1人がなると言われているくらい確率の高い病気で、患者数も年々増加しています。


保険には、いろいろな保険があり、すべて保険をかけるとなるとお金がいくらあっても足りません。

しかし、がん保険だけは必須だと思っています

少なくとも経済的ダメージは、少なくなると思います。



がんを宣告されたお客様は、がん保険に加入していたので、少しだけ安心できたと言われていました。




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


私の好きな言葉  『継続は力なり』

ブログを書き始めて、まだ1年ちょっとですが、記事も400を超えてきました

1年前は『ブログって何』っていう状態だったのですが・・・

お客様もたくさん見て頂いていますので、最近では、毎日更新するのが義務?となっています。

結構大変なんですよ

なんといってもネタが・・・・・


夜になると、

「今日は何書こう?」

って感じです


このブログは、

《保険に関連する記事を分かりやすく書くこと》

徹底的にこだわっておりますので。



保険も継続が大事です!

無理して高い保険に加入しても、続けないと失効したりして意味がありません。

無理のない予算で!

基本ですね!
 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


 『妻の死亡保障はいくらくらい必要なのでしょうか?』

当店でもよく聞かれる質問です。

よく奥様には、死亡保険はあまり必要ではないと言われていますが、それはちょっと間違いです。

早速、以下のパターンで考えてみたいと思います!


1、専業主婦で子供がいない場合

奥様に万が一があっても、御主人の生活は経済的には困りませんので、お葬式代程度の保険で十分です。

2、専業主婦で子供が独立している場合

上記1と同じです。

3、専業主婦で子供が小さい場合

奥様に万が一があった場合、実家などが子供の面倒を見てくれる場合は、上記1と同じですが、そうでない場合、ベビーシッターやお手伝いさんが必要になり、それなりの出費が必要になります。
上記1より多めの保障が必要になりますね。

4、専業主婦で子供が大きい場合

子供が大きい場合は、ある程度協力して生活が可能ですので、上記1と同じで大丈夫です。

5、奥様が仕事をしている場合

奥様の収入がなくなることによって、今の生活が厳しくなる場合は、きちんと計算して保険加入する必要があります。


このように専業主婦とか女性だからといって保険の加入金額は一律ではなく、経済環境や生活環境によって大きく変わってきますので、注意が必要ですね



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

最近、マネー雑誌や新聞等でファイナンシャルプランナーが、 「無駄な保障をカット」という記事をよく見かけます。

確かに、今まで保険の営業が必要以上に保障を販売していた面は否めないのですが、結構、行き過ぎた記事もあります。

節約するのは重要ですが、肝心な保障が少ないとイザという時に、何のために保険に加入していたか分からなくなりますよね。

生命保険で1番重要なのは、死亡保障です

なぜなら、御主人が亡くなった場合が、1番生活に困るからです。

「遺族年金があるから死亡保険はいらない」とか「奥様が働けば保険はいらない」というのは、安易すぎるような気がします。

遺族年金だけで普通生活することは無理ですし、小さいお子様がいて奥様がどれくらい働けるのでしょうか?

御主人と同じ給料を稼ぐのは、一般的には難しいですね。

死亡保障は、きちんと確保する!

最も、重要なことですね 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

アンケートにご協力ください
相談したい内容は?保険は何を重視?
とにかく毎月の保険料を節約したい!
総合的に保険の見直しをしたい!
納得のいく担当から加入したい!
納得のいく保険に加入したい!
医療保険はどこの会社が良いか教えて!
がん保険はどこの会社が良いか教えて!
死亡保険はどこの会社が良いか教えて!
複数の保険会社のいいとこどりがしたい!
老後の年金が心配なので、どの商品が良い!
まずは匿名で相談したい!

[PR]アンログ.jp 自動車保険


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

生命保険は、よく相続対策に使われます!

なぜなら生命保険は、遺言と同じ効果があるからです

生きている間に、誰にいくら と指定できますよね

また、生命保険は、 『受取人固有の権利』 ですので、誰にも渡さなくてもOKです。

ちなみに相続対策なら、終身保険が適しています。

終身保険は、基本的に支払う累計保険料より、保険金の方が大きいので損もないですね。

一時払い終身保険では、死亡保険の約3分の1の保険料で買えるものもあります。

”遺言書”を書くには抵抗があるかもしれませんが、生命保険ならお手軽?ですね!! 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

一昨日は、東京海上日動あんしん生命のメディカルアシストのお話をしましたが、今日は、私自身が実際に利用した例を紹介します。

1、お正月に、旅先で子供が熱をだしたので、正月でも開いている病院を調べてもらいました。
旅先で土地勘もなく非常に助かりました。

2、夏休みのプールで、子供が毛虫に刺され腫れたので、応急処置の仕方を教えてもらい、近くの病院を教えてもらいました。
どうしたら良いか分からなかったので、非常に助かりました。

3、夜中に親知らずがすごく痛くなり、応急処置に仕方を教えていただきました。
歯は痛いのは本当に我慢できないですよね。
電話して応急処置をすると、気分的に非常に楽になりました。

4、足にヒビが入った時に、自宅の近くの整形外科を教えてもらいました。


携帯にフリーダイヤルを入れておくと非常に便利です!

東京海上の社員さんもよく利用するそうですよ



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

歌手のアグネス・チャンさんが乳がんの手術をされたとのニュースがありました。

10月1日に手術をしたそうですが、退院は5日の予定だそうです。

最近の入院の短期化傾向もあり、がんでも入院日数が短くなっていますね。

しかし、がんの場合、切って(手術して)終わりではありません。

5年間は、再発・転移を抑えるため服用が必要になるようです。


1週間程度の入院なら、入院費もさほどではないと思いますが、5年間の治療代は、負担になると思います。

ここで、活躍するのが、がん診断給付金です。

文字通り、診断されたら支払われるというものですね!

診断給付金には、悪性がんのみ支払われる会社と、上皮内がん(初期がん)でも悪性がんでも支払われる会社があります。

診断給付金には、1回限りというがん保険もあれば、何回でも支払うというがん保険があります。


保険料は、(個人的に)そんなには大きくかわらないと思いますので、上記の2点に注意してがん保険を選んで下さいね!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  

以前、ブログにも書きましたが、東京海上日動あんしん生命の保険に加入しますと、メディカルアシストというサービスが付きます。

内容は、

1、緊急医療相談(24時間、365日)

2、医療機関案内

3、予約制専門医相談

4、がん専用相談窓口

5、転院・患者移送手配


などのサービスが付きます。

また、育児相談やセカンドオピニオン、介護相談、健康指導、海外医療相談なども行っています。

では、このサービスに加入するとしたら、どれくらい費用がかかるかご存知ですか?

このサービスは東京海上メディカルサービス㈱が行っているのですが、実は、一般企業に販売している商品(サービス)なのです。 

大体ですが、100人の企業の場合、年間200万円の費用が必要らしいのです

1人年間2万円くらいのサービスですね!

これらのサービスが、医療保険やがん保険1本加入しておくだけでOKなのですから、このサービスも含めた保険の検討が必要ですね


明日は、実際、私が利用した事例をお知らせします!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします) 


当店では、保険見直し相談に来られるお客様に、がん保険への加入の必要性を訴えています

理由は、

《男性は2人に1人、女性は3人に1人はガンになる》

という確率からです。

皆さん、

2件に1件火事になるとしても火災保険に加入しませんか?

3人に1人が自動車事故にあうとしたら、自動車保険に加入しますよね?


年間死亡者数100万人のうち、毎年30万人以上ががんで亡くなっているという事実。

がん保険に加入しない理由は、ありません

保険Pスタジオの信念です




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


住宅ローンを組むと、団体信用生命保険に加入しますよね。

ということは、

生命保険に加入するのと同じですので、今、加入している生命保険と保障が二重になってしまいますので、生命保険節約のチャンスです

ご存知でしたか

ただし、賃貸に住んでいることをを前提に生命保険契約をしている場合ですけどね!

当店ではファイナンシャルプランナーが生命保険だけでなく、住宅ローン相談や資産運用相談も相談に乗っています。

HPや当ブログからお気軽にメール相談をして下さいね 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


全タイトルを表示

保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433

Author:保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433
年齢 45歳
血液 O型
出身 大分 山口
資格 ・CFP ・証券外務員2種 ・DCプランナー ・トータルライフコンサルタント
趣味 仕事 海外旅行 ジム ゴルフ 犬の散歩 マッサージ 読書


ファイナンシャルプランナーによる生命保険の節約アドバイス専門店!

当店では、以下の4つをモットーに保険提案をさせて頂きます。

1、お客様のご希望に沿った保険の提案をします!
(保険会社が売りたい商品ではなく、お客様が買いたい商品を提案します。)

2、その保険の中で1番安い組み合わせで提案させていただきます!
(同じ商品でも最大2倍近く保険料が違う場合もありますので、最も安い組み合わせを提案します)

3、しつこい勧誘等は一切行いません!
(保険相談の途中で、考え方の相違などちょっと合わないかな?と思ったら いつでも相談をストップして頂いても全く問題ありません!)

4、相談料や契約時の交通費等、保険料以外のお金は一切頂きません!
(保険料もそれぞれの保険会社へ直接振り込んで頂きますので、お客様との金銭の授受はございません)

東京・埼玉・神奈川は、無料でご自宅まで相談にお伺いさせて頂きます。(1~2週間先、または土・日は予約が埋まっていることが多いですので、早目に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。