2008 / 01
≪ 2007 / 12 - - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - - 2008 / 02 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


日本人の死因別順位は、

1位、がん      33.9%
2位、心疾患    14.1%
3位、脳血管疾患 11.5%

上位3つを足すと、約6割の人がこれらの病気で亡くなっていますので、3大疾病と言われています。

今日は、日本脳卒中協会が作った

『脳卒中予防十か条』

をご紹介します。

①手始めに高血圧から治しましょう

②糖尿病放っておいたら悔い残る

③不整脈見つかり次第すぐ受診

④予防にはたばこを止める意思を持て

⑤アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒

⑥高すぎるコレステロールも見逃すな

⑦お食事の塩分・脂肪分控えめに

⑧体力に合った運動続けよう

⑨万病の引き金になる太りすぎ

⑩脳卒中起きたらすぐに病院へ



いずれも当たり前の事ばかりですが、当たり前のことができないのが人間なんですね~

このブログを見たら、少しでも、意識してがんばりましょう!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





スポンサーサイト

保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


当店のお問合せの多いドル建て保険について少し書いてみたいと思います。

ドル建て保険の最大の特徴は、

保険料や保険金、解約金がドルで支払われるというものですが、(円で支払われるものもあります)なんといってもアメリカと日本の金利差があるため、

保険を買うコストが安い=保険料が安い

ということです。(現在のレートの場合)

たしかに円安になれば、保険料も割高になる可能性もありますが、過去を見ても、ドル・円は他の通貨に比べて変動幅がそんなに大きくありません。

むしろ、円高になれば、毎月の保険料は安くすみますし、円安になれば解約金が多くなりますので、メリットの方が大きいのではと思っています。

そして、保険を通じてドル資産を持つことができ、通貨分散もできるというのも大きなメリットですよね


ドル建て保険の種類ですが、円建てと同じく、無配当終身保険積立利率変動型終身保険特定疾病付き保険低解約型終身保険養老保険個人年金保険、など種類も多彩で、また、そのほとんどはアリコジャパンやAIGエジソン生命など外資系が強いのも特徴ですね!

これらを選択する時は、自分自身の好みにあったものを選択するようにしましょう!

個人的には、お薦めの保険ですよ



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


京セラが中国で携帯電話事業から撤退というニュースがありました。

日本メーカーは、欧米や韓国企業などと価格競争についていけず、今後、世界最大の市場になる中国で、日本の携帯メーカーが姿を消すことになりました。

日本の携帯電話は、高性能なのですが、世界ではあまり売れていません。

これは、携帯に限らす、他の家電製品なども日本の劣勢が目立っています。


保険についても同じことが言えるような気がします。

ここ数年、明らかに元気がある保険会社は、外資系や損保系、カタカナ保険会社です。

逆に日本の大手保険会社は、厳しい状況が続いていますね。

理由は、お客様のニーズに合っている保険や提案であるかどうか!

に尽きると思います。

今週号の週刊ダイヤモンドは、保険の特集が組まれていますが、その中で

『プロが入りたい保険・入りたくない保険』

というのがあります。

保険加入を検討されている方は、もちろんですが、保険の見直しをここ最近していない方に ぜひ、読んでいただきたいと思います




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


当店のホームページコンテンツ別ランキング発表!

1位、学資保険の加入例! 

2位、ライフステージ別加入例! 

3位、ズバリ答えます!☆Pスタメール相談☆ 

4位、メールで保障分析・診断!  

5位、無料サービス一覧! 

6位、シングルマザーの加入例! 

7位、節約しませんか! 

8位、保険の基本! 

9位、お客様の声!  

10位、Q&A! 




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


アフラックのがん保険  『フォルテ』 がリニューアルします

昨年、リニューアルしたばかりですが、お客様のニーズに合わせて、早くも改定されました。

さすがは、アフラック

主な内容は、

1、高額な費用がかかる先進医療を実損填補型に!

2、がん先進医療一時金の新設

3、10年払い済の追加

4、0歳から加入可


詳細はこちらをクリック! 

特に、今までニーズのあった0歳から加入できるというには大きいですね。

今まで、3歳から加入できたのですが、3歳未満のお子様をお持ちの方で加入をあきらめていた人がたくさんいました。

早速、ご案内したいと思います



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


「最近、端正歯科の男女比が四対六になっている」

「広尾のあるエステティックは、3人に1人が男性です」

「伊勢丹新宿店メンズ館の男性向けエステも予約でいっぱいで、男性向け化粧品売り場の売上げは5億円!」

日本でも身だしなみの重要さが認知され始めいるそうです

アメリカのエグゼクティブの三種の神器は、

『時計と靴と歯並び』

時計=約束

靴=行動力

歯並び=信用度


欧米人は、肩書きではなく、身だしなみでその人を評価します

また、経済学でも「見た目」は注目されています。

一昨年のベストセラー「人は見た目が9割」は、

たしか年間ベストセラーにもなっていました。
(この本は、お奨めの本です。★★★★★・・5つ星です)

この本で一番印象に残っているところは、

≪子供の頃、先生から

「人を外見で判断してはいけない」

と教えられた。それは、

「人は外見で判断するもの」

だから、そういう教育が必要だったのだ。≫

このブログは、ミセスの方も多いと思いますので、明日はご主人の身だしなみをチェックしてみてはいかがでしょうか


(編集後記)

心理学では、人の言葉の内容そのものが占める比率は、わずか7%と言われているそうです。私が毎日話している保険の話も7%しか聞かれていない?
そんなことはないと思いたいですが・・・
私も男性化粧品にチャレンジしてみようかな・・・


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日のテーマ 『法人向けがん保険』

がん保険と言いますと、個人で加入するイメージがありますが、実は法人での需要も多いというのは、ご存知ですか!

法人が加入するがん保険というのは、個人で加入するがん保険と少し違います。

一番の違いは、

解約返戻金があるかどうか!

なのですが、

それ以上に、

全額経費で落とせる! 

というのが、法人にとって最大のメリットなのです。

経費で落として、解約返戻金という含み益を保険会社に作れるということですね。

損金で落として、あとで現金化できる商品は、保険商品以外ないですね

法人に大人気の商品で、当店一押し商品です



(編集後記)

最近は、経営者のお客様から株式市場の相談が多くなってきています。
正直、サブプライムがここまで大きくなるとは思いませんでした。
でも、サブプライムが落ち着き、アメリカ経済が安定すれば、そこが底なので、注目が必要です。



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  






保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


最近は、国の年金問題もあってか個人年金保険のお問合せが増えています。

今日は、個人年金保険について少し書いてみます。

(例)年間保険料 10万円、払込期間 60歳、10年確定年金

皆さん、年末調整などで生命保険料控除を利用されていると思いますが、個人年金保険には、別枠で個人年金保険料控除というのがあるのをご存知ですか!

年間10万円以上の保険料ですと、所得税で50,000円、住民税で35000円の控除が受けられます。

課税所得が400万円の場合、

所得税 50,000円×20%=10000円

住民税 35,000円×10%=3500円

合計13,500円の節税になります

10万円支払って13,500円ですから、

利回り13.5%

このような高金利の金融商品は他にはないですよね



(編集後記)

一昨日のアメリカの緊急利下げには、びっくりしました。
さすが、アメリカです。いつもながらアメリカの素早い対応に感心します。
それに比べて日本の政治家や金融当局は・・・・。


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


逓減定期保険とは、保険金額が毎年減少していく保険ですが、最近は収入保障保険の方が、一括受取りと分割受取が選択できますので、人気となっています。

時々、お客様に聞かれることがあります。

「保障は毎年減少していくのですが、なんで保険料は毎年減らないのですか?」

今日は、全く新しいタイプの商品のご紹介です。

逓減定期保険なのですが、

保険金額だけでなく保険料も毎年下がっていくという業界初の商品です

いつか出ると思っていましたが、ついに出ましたね!

この保険は、個人はもちろんですが、法人での加入が多いのも特徴です。

特に借入金がある会社や個人事業主など、合理的に保障を確保することができます。

ぜひ、一考を!!


(お問合せは、ホームページよりお願い致します!)


(編集後記)

首都圏のマンション販売戸数が、前年比20%マイナスだそうです。
約5年ぶりに、在庫も1万戸を超えています。
私の家の近くも少し前までは、完売御礼だらけでしたが、最近は売れていないですね。
都心はともかく、郊外の物件は、少し待った方が良いかもしれません。
金利も上がりそうにないですし・・・・。



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日は、(財)生命保険文化センターによる調査結果(H19.12)の6日目

『介護保障に付いて』その②

自分が介護のなった場合の準備をしている人は?  41.2%

準備していない                      55.9%

ちなみに、他の準備状況は、

医療保障 82.0%

死亡保障 72.4%

老後保障 59.4%


と、介護の準備状況が一番遅れているようです

準備している方は、預貯金と保険が多いですが、

介護保険の加入率は、約6% 

と、とても少ないですね。

これは、保険会社があまり積極的に商品を開発していないのも原因の1つかもしれません。

裏を返せば、介護のなる確率が非常に高いと考えられます。
(実際、人間が最後に介護になる確率はとても高いと言われています)

ちなみに、約7割の方が、今後、介護の準備をする意向があるようですね

備えあれば、憂いなし



(編集後記)
『iのあるメール大賞』の準グランプリの作品もすごく良かったのでご紹介です。
「はじめてメールします。大の父です。みぃちゃんの父でもあるよ。妊娠の事聞きました。1人で不安だったと思います。でも、もう心配いらないよ。本当に大で良いの?それが心配ですが・・・みぃちゃんとお腹の子はみんなで守ります」

だんなさんのお父さんから初めてメールで、見た瞬間、涙であふれたそうです。
良いお父さんですね!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日は、(財)生命保険文化センターによる調査結果(H19.12)の5日目

『介護保障に付いて』

自分の介護について不安ありは? 88.3%

不安なしは?               7.6%

です。

理由は、

「家族の肉体的・精神的負担」
「公的介護保険があてにならない」
「経済的負担」

が上位を占めています。

次に介護経験のある方の平均期間は?

3年10ヶ月で、3割の方が4年以上となっていますね。

介護は経験した方にしか大変さは分からないですね・・・・・

公的介護保険でまかなえると考えているかどうか?

まかなえる    5.9%

まかなえない  86.1%

ほとんどの方は、国の介護保険だけでまかなえるとは思っていないようです・・・

明日は、皆さんがどのように介護の準備をしているかをお伝えします。



(編集後記)
昨日の『iのあるメール大賞』の意味は、
レインボウパパ=虹=2児、おやつ=3時=3児
奥様からご主人に、子供ができたことを知らせメールでした!
このメールを見たあと、ご主人はガッツポーズをしたそうです!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日は、(財)生命保険文化センターによる調査結果(H19.12)の4日目です。

死亡保障の平均加入額は? 

男性 2382万円

女性  980万円

独身の方も含めた平均ですので、平均値は下がっているようです。

一家の大黒柱が、2300万円では少なすぎますよね。

ちなみに、死亡保障の希望額は?

男性 3895万円

女性 1774万円


で、それぞれ、1513万円、794万円不足しています。


皆さん、死亡保障が不足していては???と思いませんか?

買ったばかりの3000万円の新築の家に、1000万円しか保険をかけない人は、あまりいないですよね

生命保険は、物ではなく人なのです。

ましてや、御主人がなくなったら、残された家族は精神的にも大変です。

お父さんの万が一を考えるのなら、せめて、生命保険は少し多めくらいの気持ちで、加入しても良いと思いませんか




(編集後記)

今日、ドコモの『iのあるメール大賞』が発表されていましたのでご紹介します。
グランプリ作品
『さあ!問題です。昨日、レインボウパパからおやつパパになったことがわかりました。この答えがわかったあなたはきっと幸せになるでしょう。』
意味がわかりましたか!答えは明日のブログで!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日は、(財)生命保険文化センターによる調査結果(H19.12)の3日目です。

老後の生活資金を準備している人は59.4%

していない人は、            38.3%

なんと、4割近くの人が準備をしていないようです。

たしか国民年金の納付率も6割くらいでしかたら、同じ方達?かもしれません。

老後の格差も広がりそうで、心配です・・・・


次に老後資金の準備手段としては、

生命保険・年金保険  41.0%

預貯金          40.1%

有価証券          6.4%

損保商品          8.1%

その他           0.5%

やっぱり、保険と預金が多いですね



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日は、(財)生命保険文化センターによる調査結果(H19.12)の2日目です。


○入院保障が付いた生命保険等の加入率は?

87.6%

年々、上がってきていますね。

○がん保険(特約)の加入率は?

31.2%

意外と少ないですね。

2人に1人ががんになると言われているにもかかわらず・・・

ただし、5.9%増と大幅に増えているそうです。

○入院保険は、平均日額いくら?

男性 11800円(+1300円)

女性  9000円(+800円)


○その中で、15000円以上加入している方は?

男性 27.5%

女性 15.3%


入院保険は、しっかり加入している印象ですが、がん保険の加入率が低いのは心配です・・・・



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日から、(財)生命保険文化センターによる調査結果(H19.12)の中から、参考になるところを抜粋してご案内します。

まずは、入院に関する調査から!


○過去5年間に入院経験ありは?  14.4%

結構、多いですね

○平均入院日数は?          22.9日(ちなみに61日以上は、7.9%です。)

○入院時の平均自己負担は?    30.1万円
(100万円以上は、6.1%です)
(高額療養費除く)

○1日当たりの自己負担費用は?  20100円

このような結果が出ていました。

皆さんは、どう思われましたでしょうか?

入院すると、病院代もそうですが、入院中の所得の減少が一番痛いですね!

入院保険は、入院中の所得の保障にもなります




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


 昨今、年金問題が多くマスコミで取り上げられており、当ブログでも何回か取り上げて、老後資金を貯める重要性を書いていますが、今日は、いったいどれくらいの老後の年金を積み立てたら良いか、簡単に試算してみたいと思います。
(あくまで簡単に概算です!)

40歳の方で定年を65歳、あと何年生きられるかという平均余命を20年(85歳)、毎月の生活費を30万円とすると、

30万円×12ヶ月×20年=7200万円が必要になります。

7200万円も必要?

大丈夫です。ここから国の年金を差引きますので、安心して下さい。

国の年金を月、約20万円として、(収入により個人差があります)

20万円×12ヶ月×20年=4800万円

差し引くと、7200万円ー4800万円=2400万円

最低でも2400万円は必要になりそうです。

(これら以外にも、住宅のリフォームやお孫さんへのお小遣い、旅行など趣味のかかる費用、それから老後は病気になる確率も高くなりますので、病院代もかかると予想されます)

この2400万円を20年間で貯める場合、金利ゼロとした場合、逆に毎月10万円の積立が必要ということになります。(国民年金の方の場合、もっと少なくなります)

30歳の方でも、7万円弱必要になりますね。
(運用のできる方は、もう少し少ない積立金額で大丈夫ですが)

か、か、かなりきついです

ある程度の老後を送りたいと考えているなら、早めの貯蓄が必要!

だということです。

国の年金だけでは、最低限の生活だけですし、将来いくらもらえるかどうか分からないので、100%あてにするのは、非常にリスクと思っておいた方が良いと思います



保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


当店のホームページからアフラックの資料請求&契約ができるようになりました。

人気の がん保険フォルテをはじめ、医療保険エヴァー終身保険ウェイズなど取り揃えております。

また、隠れた人気商品の3大疾病保険介護保険もあります。

もちろん今までも資料請求できましたが、アフラック社が提供してくれたホームページでの請求となり箔が付いた感じでとてもうれしく思います

また、保険相談フォーム保険診断サービスも付いています

こちらからも資料請求や保険相談など、どしどし宜しくお願い致します



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


先週の週刊ダイヤモンドは、『寺と墓の秘密』の特集でした。

生命保険は、よくお葬式代の代わりに!と言われていますので、勉強のために早速買ってみました。

いくつか抜粋or感想を書きますのでので、参考にして下さい。

「墓石選びは、石材店選びから」・・・保険と同じですね!

「墓石平均購入費用は、174万円」・・・墓地は入っていませんので結構高いですね)

「10年間の保障書を発行する業者が良さそうです」

「サッカーボールをかたどったりと故人の趣味を墓石にすることもできるそうです」

「山や海、川など自然葬、樹木葬、散葬も増えている。宇宙葬もあるようです」

「墓参り代行ビシネスも増えているそうです」

「中国産は安い。ただ、石なので品質が劣るということはなく、人件費が安いから」

「地方のお寺経営は厳しく、1部の都会のお寺だけが裕福だそうで、ここにも格差社会がありそうです」

「アルバイトをしている住職も多い」


生命保険と同じで、価格を比較する!という文化があまり無いようですが、これからの時代は墓地や墓石も情報収集して検討することが重要ですね



保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


英国ケンブリッジ大学の研究チームが2万人を対象に調査した面白いニュースがありました。

1、たばこを吸わず、

2、運動し、

3、酒を適度に飲み、

4、野菜と果物を毎日食べる


という4つの生活習慣を守ると、全く守らない場合に比べて14年間長生きできる という結果が出たそうです。


また、アメリカのある大学の発表では、お茶にレモンを加えると、カテキンを5倍にする効果もあるそうです。

緑茶に含まれるカテキンは様々なすぐれた健康効果が知られていますが、体内で分解されやすく、実際に体が利用できる量は大幅に減少してしまうという弱点があるそうです。
レモンは、カテキンを消化後にも分解せずに残すみたいですね。

皆さん、お試しあれ

ちなみに、昨日、金時生姜をネットで購入しました。

明日から、コーヒーを止めて、生姜入り紅茶にします



保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


皆さん、こんばんは!

今日は、今年2回目の新年会で、今頃は飲んでいる時間だと思います
(ブログは午前中の予約投稿していますので!)

来週も、2回新年会に参加予定ですので、また体重が増えるか心配です・・・

さて今日は、のお話です。

皆さんは、歯は何本ありますか?

正解は、全員32本です。

これは、、ご存知の方も多いですよね!

では、歯の役割は?

と聞かれたらいかがですか!

歯には、3種類あって、臼歯、門歯、犬歯があります。

そして、

穀物用の臼歯が、20本

果物や野菜を食べる門歯が、8本

肉や魚を食べる犬歯が、4本


割合に直しますと、

穀物=62.5%

果物、野菜=25%

肉、魚=12.5%


普段の食生活がこの比率になっているのが理想と言われています

日本人の食生活が肉やファーストフード中心に変わってから、生活習慣病が増えていますので、昔の日本人のような食生活をこころがけませんか



保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


皆さん、お正月気分はもう取れましたでしょうか!

私は、初日から猛忙しで少しお疲れ気味?ですが、3キロ太った体重もあっと言う間に戻りました。

めでたし、めでたし!

お正月は、どうしても太ってしまいますね。

そういう時は、下記のことわざを思い出してみませんか!

『腹八分に病なし。腹十二分に医者足らず』

聞いたことがあることわざですよね。

実際、いろいろな実験で長生きすることが確認されていますので、食べ過ぎないことはとても重要なことですね。

どこの国か忘れましたけど、

『人間は食べる量の4分の1で生きられる。

残りの4分の3は、医者のために食べている』


ということわざも聞いたことがあります。

あの怖い病気、がんも

『食べすぎ病』

と言われています。

皆さん、食事はコントロールすることが大切です。

食事も仕事と同じです。己を律する精神力を鍛えましょう




保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


昨日までの『生命保険の3つの基本形シリーズ』はいかがでしたでしょうか!

この3種類の仕組みを良く理解して加入すれば、失敗はありません

「こんなはずではなかった。」  「聞いていない。」

というようなことは、無くなります。


これらを不動産に例えることもできます。

定期保険は、賃貸マンションと同じです。

10年定期ですと、10年間、家賃を支払って契約満了すれば、家賃は戻らず、家を家主に返します。

賃貸派に、お薦めです!

終身保険は、ローンで分譲マンションを購入するのと同じです。

65歳まで支払えば、一生自分のものになりますよね!

また、売却して現金にすることもできます。

生命保険も賃貸と持家に分けることができますので、このように覚えておいても良いですね



保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


私がお客様の前でよくお話する

『生命保険の3つの基本形』

3回シリーズの最後です。!

③終身保険

定期保険や養老保険と違い、保険期間が終身なのが最大の特徴で、保険料は定期保険よりは高いですが、養老保険より安くなります。
貯蓄性も高く、人気の商品です。


人気の終身保険ですので、種類がバラエティに富んでいます。

以下、主な終身保険のタイプです。

1、無配当終身保険
文字通り、配当が無い保険で、配当のあるタイプより保険料が安いのが特徴です。

2、、利差配当付き終身保険 
運用成果の出た場合、配当が出ます。

3、低解約返戻金型終身保険
払込期間中の解約返戻金を抑えて、その分、払込終了後には、1,2より解約返戻金が多いのが特徴です。
また、1.2に比べて保険料も割安です。

4、積立利率変動型終身保険 
国債に連動して金利が上昇すれば、解約返戻金が増える仕組みの保険です。
一般的に1,2、3より保険料は少し高めです。

5、ドル建終身保険 
文字通り、円ではなくドルで死亡保険金や解約返戻金が 支払われる保険です。
一般的に円建てのものよりも予定利率が高いので、保険料は割安です。ドルの3,4、バージョンもあります。

6、変額終身保険 
解約返戻金は運用次第でいくらになるか未確定の保険です。
運用が良ければ、上記の保険より解約返戻金が多くなる場合がありますが、運用が悪ければ、逆に少なくなります。
保険料は、割安に設定されています。

このように、終身保険は種類もたくさんありますので、目的や好みに応じて比較検討してみましょう


終身保険は、

《年金と一生涯保障》

という2つの目的で加入します
 




保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


私がお客様の前でよくお話する

『生命保険の3つの基本形』

3回シリーズの2回目!

②養老保険

定期保険と同じく、保険の期間が定められていますが、いわゆる”満期”のある保険で、満期になりますと、保険金と同じ満期金が出る保険です。

養老保険は以下の特徴があります。

1、保障期間が定められている。

2、保障金額(保険金額)と満期金額が同じで、貯蓄性がある。

3、保険料は一番高い。


以前は、郵便局がよく販売していましたが、最近は、貯蓄性がいま1つで、人気は下降しています。

養老保険は、

《貯金と一定期間の保障を》

という方に向いていますね
 




保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


生命保険は、よく難しいと言われますが、基本を抑えれば、ある程度、理解することが可能です。

今日は、私がお客様の前でよくお話する

『生命保険の3つの基本形』

書いてみます。(3回シリーズ)

まずは、

①定期保険

定期というので、銀行の定期預金を連想して、お金が貯まると勘違いしそうですが、保険の場合は、いわゆる掛捨ての保険のことを指します。

定期保険は以下の特徴があります。

1、保障期間が定められている。

2、掛捨てである。(途中解約の場合、解約金が少しあるのが一般的)

3、保険料が安い。


そして、この定期保険の種類は、

a,定期保険

b,逓減定期保険

c,収入保障保険


などがありますが、最近は、cの収入保障保険が人気となっています

定期保険は、

《少ない予算で大きな保障を》

という方に向いていますね
 




保険のご相談なら、

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


福袋を100個用意して、30分で完売しました。
この企画は成功でしょうか?

企画としては成功ですが、経営者としては失敗だと思います

なぜなら、まだまだ売れたにもかかわらず、売る機会(儲ける機会)を逃してしまったからです。

これを機会損失といいます。

くだけた言い方をすると、せっかくのチャンスがあるのにも拘わらず、それを自分のものとすることができず、みすみす見逃してしまうことだということです。


さて、銀行にお金を預ける(預金)ということはどういうことでしょうか?

銀行は、私達が預けたお金を、住宅ローンなど預金金利より高い金利で貸付たり、定期預金より金利の利息の多い国債などで運用したりして、儲けを出します。

つまり、私達のお金で儲けているのです。

銀行がすごく儲かっているには、皆さんご存知だと思いますが、みすみす、銀行の儲けに加担している?のと同じです

ということは、皆さんが、儲ける機会(資産を増やす機会)を失っているということになりませんか!

同じ100万円なら、定期預金より国債で運用した方が、利息は多いですよね。

これからの時代は、お金を預けるのは銀行だけではありません。
(金利も全く期待できませんし・・・)

いろいろな金融商品で、お金を増やす努力が必須です

〔お金のことをとやかく言わないのが日本人の美徳〕

という時代は終わりましたね!

きちんとしたライフプランニング(人生設計)がなければ、長い老後を生きていくことはできないと思います



保険のご相談なら、年末年始も

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  



 『おとそ気分も吹っ飛んだ』

昨日の大発会の日経平均は、616円安と大幅に下落しました。

上記のような気分になったかたも多いのではないでしょうか

大発会にこれだけ下がったのは、記憶にないですよね。

しかも、

為替も5円以上のドル急落で、108円台、

原油も1バレル100ドル、

穀物や金も急騰、


2008年は、大波乱の幕開けです。

しかしながら、日本の経営者の今年の予測では、株高を予想する声が圧倒的に多いようです。
(年前半に底をうち、年後半に17000円~18000円の予想が多いようです)

また、経験則上、ネズミ年は良いみたいで、

08年は、「末広がりの八」の年でもあります!

株が下がると、「株はこわい」と株離れが起きますが、本来は逆で、

下がった時に買う!

が基本です。

この1月は、絶好の買場のような気がしますが・・・・

私達の老後の生活資金つくりに、預金だけでは難しいと思います。

というか、預金=リスクだと思います。
(詳しくは後日に!)

そういう意味で、投資信託や株式、変額年金保険などの勉強は必須です




保険のご相談なら、年末年始も

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


20080104185741


先程、温泉から帰ってきました。

やっぱり正月の温泉は最高ですね!

心身ともにリフレッシュして、すっきりして正月明けの仕事モ-ドに切り替えられます。

明日からは通常のブログに戻したいと思いますので、今年も宜しくお願い致します。

乞うご期待!


(編集後記)

帰りに、これも正月恒例のイチゴ狩りに行きました。

今年は、正月明けの4日に行ったので、すでに荒らされており?、今1つだったかな。

予約制なので、せっかく予約していったのに・・・・



保険のご相談なら、年末年始も

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


昨日は、午前中に家の近くに初詣で出かけて、当店のお客様、家族や従業員、周りのすべての人達が健康でいられるよう祈願してきました

お札は、家内安全、商売繁盛の2つ、

あと、交通安全のお守り2台分と子供のお守り、携帯ストラップのお守りを買いました。

ちなみに、私は毎年、三社参り します。

三社参りとは、文字通り、3つに神社を参ることです。

関東地方やその他の地方では変に思われるかもしれませんが、西日本では、普通のことなのですよ。

ですので、私はあと、二社行く予定です


(編集後記)

今日は、これから栃木の温泉に1拍してきます。

「雪は大丈夫かな~?」

スタッドレスタイヤがないので、少し心配です。


保険のご相談なら、年末年始も

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  


皆さん、おはようございます。

お正月2日目ですが、いかがお過ごしですか!

私の昨日の元旦は、朝一から初売りに行き、福袋を5つ買い(買わされ)、昼からはお節料理と少々の?お酒でゆっくり過ごしました。

今のところ、体重は2キロ増しに抑えて?います。


さて、昨日の日本経済新聞の1面ですが、過激な見出しでしたね。

 『沈む国と通貨の物語』 

日本の円や経済が、相対的に弱くなっていることの特集記事です。

私は、毎年、日経新聞の1面の記事に注目しています。

新聞を書く側の立場を推測しますと、新年1回目の1面見出しは、暗い記事は避けるのが心情のような気がするのですが、このような見出しから判断すると、

今年の日本経済も??

と推測してしまいます。

年末の株式市場の大納会も、大幅に下落しました。(大発会は要注目です)
(サブプライムローン問題で昨年1年間は、日本株式は10%以上下がりましたが、アメリカの株は上がっています・・・日本はなぜ弱い??)

そういえば、2007年を漢字1文字で表す「今年の漢字」は、

『偽』

でした。

ちなみに、2位 食、3位 嘘、4位 疑 5位 謝

でしたが、ほとんどマイナスイメージの漢字でした。

今年1年はどういう年になるのでしょうか?

今年も私達の暮らしに関わる経済から目が離せませんネ



今日は、昨年1年を無事に過ごせたことに感謝し、初詣に行ってきます


保険のご相談なら、年末年始も

匿名Pスタメールメール相談へ(年中無休です)   



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





全タイトルを表示

保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433

Author:保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433
年齢 45歳
血液 O型
出身 大分 山口
資格 ・CFP ・証券外務員2種 ・DCプランナー ・トータルライフコンサルタント
趣味 仕事 海外旅行 ジム ゴルフ 犬の散歩 マッサージ 読書


ファイナンシャルプランナーによる生命保険の節約アドバイス専門店!

当店では、以下の4つをモットーに保険提案をさせて頂きます。

1、お客様のご希望に沿った保険の提案をします!
(保険会社が売りたい商品ではなく、お客様が買いたい商品を提案します。)

2、その保険の中で1番安い組み合わせで提案させていただきます!
(同じ商品でも最大2倍近く保険料が違う場合もありますので、最も安い組み合わせを提案します)

3、しつこい勧誘等は一切行いません!
(保険相談の途中で、考え方の相違などちょっと合わないかな?と思ったら いつでも相談をストップして頂いても全く問題ありません!)

4、相談料や契約時の交通費等、保険料以外のお金は一切頂きません!
(保険料もそれぞれの保険会社へ直接振り込んで頂きますので、お客様との金銭の授受はございません)

東京・埼玉・神奈川は、無料でご自宅まで相談にお伺いさせて頂きます。(1~2週間先、または土・日は予約が埋まっていることが多いですので、早目に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。