2008 / 02
≪ 2008 / 01 - - - - - 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 - 2008 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


最近、ニュースの特集とかで、『家計の節約』 をテーマにした特集を良く見かけます。

テレビをほとんど見ない私が目にするくらいですから、頻繁に同じような特集が組まれているのではないのでしょうか?

電気代やがス代・・・

例えば、電気のつけっっぱなしは無駄ですので、ダメだと思いますが、節約が行き過ぎると、節約することだけが人生のような気がしてあまり面白くないのでは・・・・と思いました。
(マスコミがおおげざに放送している?のでそのように感じたかもしれませんが)

私がテレビを見て思ったのは、

節約するエネルギーを、お金を増やすために使っては!

電気代を月3000円節約すると考えるのであれば、3000円増やすために金融商品の勉強をして投資をするとか、出世して給料を増やすとか、自己啓発をして新しいビジネスに取り組んでみるとか・・・・

なんとなく後者の方が充実しそうな気がしませんか

でもなかなかそうはいかないのかもしれませんけど・・・

ただ、日本人の「もったいない」という文化は、お子様へと伝えていかなければいけません。

無駄なものにお金を払うのは、ダメですよね!

例えば、最近では、家庭のゴミの4割が食べ残しとも言われています。
こういうのは、ちょっとどうかな?と思います。
なんでも行き過ぎは、良くないですね。

でも、生命保険は節約できますね!

同じ内容で、保険会社によって値段が違いますので、比較して見直しをすれば十分節約が可能ですよ



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




スポンサーサイト

保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


「家計の金融行動に関する世論調査」が発表されました。

注目すべきは、

一世帯当たりの金融資産  1259万円

なんと、12.5%増えたそうです。

年金に対する不安は想像以上で、貯蓄を進める家庭が増えていますね。

このブログでも何度か申し上げているように、貯蓄(老後資金)は重要ですので、とても良いことです。

会社の経営と同じで、キャッシュを持っている家庭は、強いですから!

一方、貯蓄のない世帯も20%超いて、格差も浮き彫りになっています。

保険に加入するお客様の傾向を見てみますと、(あくまで肌感覚ですが)

毎月の保険料を2万円以下の方は、資産が少なく、また他の手段でも貯蓄をしていない方が多く、保険料が3万円以上の方は、貯蓄もあり、他の手段でも計画的に貯蓄をされている方が多いようです。

これは、貯蓄やライフプランに対する意識の違いからだと思います。もっと言えば、この先起こりうることへの想像力の違いからのような気がします。
(もちろん、貯蓄が難しい状況の方もいらっしゃると思います)

貯蓄は、習慣です

収入ー支出=貯金  (あまったら貯金する)

ではダメで、

収入ー貯蓄=支出  (あまったお金で生活)

を心がけましょう!

そういう意味で、貯金はついつい口座からおろして使ってしまいますが、保険は「解約」という行為が伴いますので、お金を貯めやすいという特性があります



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


平成18年度の全死亡者数は、108万4012人

その内、悪性新生物(がん)は、32万5885人

その内、心疾患は、 17万3026人

その内、脳血管疾患は、 13万2799人

その内、肺炎は、 10万7210人

その内、不慮の事故は、3万9787人


(厚生労働省「平成17年人口動態統計月報年計(概数)の概況より)


がんが断トツですね。

がんは、2人に1人がなる時代だと言われています。

また、がんの2015年問題がくると言われています。


がん2015年問題の参考ブログ(←クリック)

がんになると、本人はもちろん大変ですが、実は家族もすごく負担がかかります。

特に、金銭面の心配をするのはご家族です。

可能な治療はできるだけしてあげようとします。

がん保険は、家族のために加入するものです



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


先日、かんぽ生命と日本生命の提携のニュースがありました。

昨年、かんぽ生命が誕生し、そして銀行も保険代理店になり保険販売を開始しましたので、業界が大きく変化しようとしています。

現在は、銀行も数社の代理店にとどまり、取扱いはかなり少ないですが、今後、お客様は保険に加入するときに、

どこの代理店で加入するか!
(1社専属の営業・代理店、複数取扱う専業乗合代理店、都市銀行、地方銀行、かんぽ生命、その他異業種の代理店、通販、等々)

どこの保険会社に加入するか!

が、とても重要になります。

我々は、銀行やかんぽ生命に規模の面では劣るかもしれませんが、保険代理店専業ですので、知識や経験では負けるとは思いません

そういう意味で、お客様に選ばれる代理店を目指していかなければならないと思います



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


100歳まで長生きされる人を百寿者といそうですが、2007年にはなんと3万2000人を超えました。

長生きの秘訣は、遺伝的要素より、日常の生活によるところが大きいようです。
百歳以上の方は、糖尿病と動脈硬化の割合が低いらしく、これらの病気にならないポイントは、

太らないこと!

腹八分目の食事を心がけることが重要だそうです

そして、性格にも共通点があります。

誠実で外交的で開放的な性格!



生命保険では、死亡、入院、がん、年金(長生き)をカバーすることができます。

この中で1番確率が高いことは、

長生きすること!

ほとんどの方は、老後を迎えますので、このリスクに備なければならないのは言うまでもありません

意外と実感がない方も多いようですが、これは大変なリスクです。

せっかくの元気な老後もお金がないと面白くありませんよね。
病気になるリスクも高くなりますので、経済的な蓄えは必要です


老後の年金は、若い時から少しずつ貯めるのが基本で、生命保険は最も適した手段の1つです



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


株価は、年初めから下落しており不安定な状況が続いておりますが、

配当利回り!!

という尺度から見ますと、魅力が出てきています!
(配当とは、企業の1年間の利益の1部を株主に還元するものです。)

現在、長期金利は、1.4%前後なのですが、1部上場企業の配当利回りは、平均約1.7%と長期金利を上回っています。

長期金利の方が高いのが一般的ですので、最近の株価はやはり割安だと言えます。

例えば、配当の高い企業で有名なのは、日産自動車です。

現在の株価、964円に対して、

予想配当は、40円。

96万4千円分の株を持っていれば、配当は4万円です!

利回り、4,1%

すごいですね

でも、利回りが良いことが、すべてではありません・・・

一般的に、配当利回りが良い企業は、株価が下落しているものが多いのです

そういう意味では、やはり企業の業績が1番重要なのは言うまでもありません。

ちなみに、日産自動車は、

1、米国市場の景気悪化
2、円高
3、最近の相次ぐ格下げ


などが、株価下落の要因のようです。

配当を受けるためには、決算期末に株主になっている必要があります。

上記の日産自動車は3月決算ですので、今年は、3月25日までに株主になれば良いということになります。

株式購入は、価格変動リスクがありますが、値上がり益や配当を享受できるというメリットもあります


(日産自動車の株をお薦めしているわけではありません。株式の購入は自己責任でお願い致します)


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


エイズ治療は劇的に進歩しているのをご存知ですか!

10年前までは、感染が分かった段階で平均余命7年だったそうですが、現在は健康な人と変わらず、40年から50年だそうです。
以前は、「すぐ死ぬ」とか「治療法がない」というイメージでしたが、糖尿病などと同じように生涯付き合う慢性病となっているんですね。

(日経新聞より)

ただし、完治する病気ではないので、発見が遅れれば亡くなることも当然あります。
HIV感染者・エイズ患者は年々増えていますので、定期的な検査も必要ですね!

また、エイズは偏見的に見られることから、検査や治療が遅れたりして先進国で唯一、感染者が増えています。

病気に対する偏見や誤解を無くすのが重要です



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日は、私達の生活に影響の大きい米国の金利について

FRBが先月、

1月22日 0.75%利下げ

1月29日 0.5% 利下げ


なんと、1ヶ月で1.25%も金利を下げました。

これは、

金融不安(サブプライム)と景気悪化が大きな理由です

ちなみに、昨年9月から5回も利下げをしているのですよ!

《政策金利の流れ》

2007年08月 5.25%
2007年09月 4.75%
2007年10月 4.5%
2007年12月 4.25%
2008年01月 3.0%


これらで影響を受けるのが、外資系保険会社が得意とする人気商品、ドル建ての一時払個人年金保険や一時払終身保険などです。

今月2月は、まだ魅力ある金利水準ですが、来月以降は下がっていくと予想されます。
FRBは、次の利下げのタイミングを計っているようで、トレンドしては、米国の金利は、下降していくのではと新聞紙上では言われていますね。


当店お薦め商品のドル建て1時払い商品は、今月中が旬です 


(商品購入は、自己責任でお願い致します!あくまで個人的な意見ですので!!)


大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


当店の来られるお客様は、 『保険料の節約』を目的に来られる方が多いのですが、お客様が選択されるのは、単純に安い保険だけではありません。
(もちろん、 「最低限の保障でとにかく安いものをご希望の方」には、ご希望通りオーダーメイドしております!)

保険の仕組みを説明し、ある程度理解しますと、やはり良いもの(少し高いもの)を選ぶ方もいらっしゃいます。

食事に出かけて、ディナーコースで10000円と12000円のコースがある場合、

コースの中身を見ないで、

「安い方」

と、決める方は少ないと思います。

「2000円しかかわらないのなら、12000円のコースで!」

「この内容なら10000円のコースで十分!」


と2つの考え方に分かれると思います。

なぜか、生命保険の場合は、「安い方」とか「値段だけ見て」決める方が多いという歴史?があります。

保険も中身をよーく比較する(当たり前)の時代になりましたよ~




大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


昨日のニュースに、ドバイの政府系ファンドが、新たに日本の企業の投資先を探しているとのニュースがありました。

昨年、ソニー株を買って話題になったドバイ首長国の政府系投資会社ですね。

COOのクリシュナン氏は、

「新興国市場で高い占有率を持っている日本企業は、株価の上昇が期待できる」

と語ったそうです。

今の日本の株安は、日本の個別企業業績云々より、日本政府の政策が原因の日本売りとの見方が大半です。
日本の株式市場の7割が外国人ですので、外国に見放されたら株が下がるのは当然ですね。

でも、私は個人的には日本株は復活してくると考えています

理由は、今は勢いのある中国やインドなど新興国で、日本の高品質(高価格)の商品は受け入れられていませんが、いずれ経済が成熟してくると、質の高い日本商品に目が行くと思われるからです。

(例えば、日本の携帯電話は、iモードなどの機能は世界トップレベルですが、新興国ではシンプルで安いものが人気があり、世界の携帯市場では日本メーカーは劣勢です)

また、最近は天然ガスや石油など資源のあるロシアや中東の国がとても元気ですが、彼らの目から見ると、資源は有限なので、日本の技術力をとても評価しているとも聞きます。

そういう意味で、10年か15年後?くらいにまた、日本の時代がくると信じたいと思っています。

今の日本株は、とても割安だと考えていますので、長期投資として日本をお薦めします。
(投資は自己責任でお願い致します。あくまで個人的な意見です)

少子化と国の財政問題は、非常に重いですが・・・・・


FPの保険節約相談『Pスタメール相談』はこちらよりどうぞ!


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


農林水産省が、 『輸入小麦の価格を30%引き上げる』 というニュースがありました。
昨年、10月に10%値上げしていますが、その時は、パンやカップ麺が、10%前後上がりました。

今回はいくら値上がりするのでしょうか?

(値上げが予想される食品)
小麦粉▽パン▽即席めん▽うどん▽カレー、シチューのルー▽ギョーザの皮▽天ぷら粉▽スナック菓子▽ビスケット▽ケーキのスポンジ▽和菓子

昨今、多数の食品、ガソリン、電気(最近では最大の上げ幅だそうです)、ガス、など、値上がりラッシですね。

主な理由は、以下だと思われます。

1、中国やインドなど新興国の需要が増えている。
2、世界中の余ったお金が、原油、穀物、金、資源に向かっている。

こうした中で我々ができることは、

自分で自分を守ること

きちんとしたライフプランのもとに、節約できることは節約して将来に備えるしかありません。

家計の節約と言えば、まずは保険です。

保険は、複数の会社に目的ごとに分けて加入した方が安くなります

今や保険も価格競争で、同じ内容でも2倍違うケースもありますので、まずは保険の見直しをして、生活防衛を始めませんか 



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ! 


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


【調査時期】 2007年12月1日~12月5日     【回答者数】14,743名

医療加入状況

(このデータの著作権は、マイボイスコム株式会社にあります)

今日は、マイボイスコム㈱の医療保険の加入状況の最新データをご案内します!
このデータは、普通に見ればなんてことはないのですが、1つ重大なことが分かります。

それは、

『生命保険の特約として医療保険に加入している』  31.5% 

何が重大かと言いますと、

一般的に、終身保険か定期保険に入院特約が付いていますが、

この終身保険を解約して老後の資金として利用した場合は・・・当然、特約も解約になってしまいますので、入院保障も無くなります。

定期保険も更新できたとしてもも80歳までというのが一般的ですので、それ以降の医療保障が無くなってしまいます

定期保険を80歳まで更新すると、保険料も高くなりますし・・・

そういう意味で、医療保険は、

単品で加入するのが基本なのですよ


医療保険のご相談は大好評のPスタ匿名メールよりどうぞ!

人気医療保険の通信販売でのご加入は、こちらをクリック!




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


がんの治療には、主に以下の3つになります。

1、外科療法(文字通り手術です)
2、放射線療法(放射線治療です)
3、化学療法(抗がん剤などです)


この中で最近注目されているのが、

重粒子線治療!

分かり易く説明しますと、今までの放射線治療は、がんの部位の周辺のがんではない部分まで、放射能があたり、副作用も大きかったのですが、
この重粒子線治療では、攻撃力も今までより強く、かつ、ピンポイントでがんを攻撃してくれるもので、負担も少ないないそうです。

『力強い味方』 ができましたね!

でも、問題が・・・・

治療費です・・・

重粒子線治療は、先進医療なので、保険がききません。

314万円もするそうです。

また、入院代、薬代、その他の検査代は別料金になるそうです。

現在、これらの費用も負担してくれる保険は、

アクサのセルフガードやアフラックのがん保険、東京海上日動あんしん生命のがん保険(300万円給付タイプ)などですね

これらは、すべて人気商品です!

人気商品は時代のニーズに合っているのですね



アクサやアフラックなど人気商品の資料請求はこちらから!
大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  






保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


会社を経営されている方は、会社でも保険に加入すのが一般的です。

特に借入れがある場合など、万が一の時に、家族に負債を相続させないためにも保険加入は必須だと言えます。

今日のポイントは、

『死亡退職金と弔慰金の非課税枠活用』

会社が遺族に支払う死亡退職金は、

500万円×法定相続人数が非課税となります。

そして別枠で、弔慰金も非課税になります。

1)業務上の死亡     給料の3年分
2)業務上でない死亡 給料の6ヶ月分


また、上記以外に個人でも500万円×法定相続人の非課税枠が使えますので、

上記と合わせて、非課税枠を目一杯使うように準備しておきましょう!

もう1つ大切なのは、支給基準をしっかり決めて、役員退職金規程・弔慰金規程を必ず作成しておくことです。

規程などがないと、支給した役員退職金等が損金と認められない場合がありますので、注意が必要です



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


よくテレビのニュースで、

「本日の日経平均は100円上げて13000円!」

というのを聞くと思いますが、日経平均とはなんでしょうか

日経平均とは、

日本経済新聞社が1部上場企業の中から選んだ225社の平均なのです。


意外とご存知ない方も多いのでは

ちなみに1部上場企業は、約1500社くらいですので、1部の銘柄の変動により影響するといっても過言ではないですね。

あと、TOPIX(トピックス)というのも良く耳にします。

これは、東証1部全企業が対象で、

1968年1月4日を100とした指数です。

最近は、1300くらいですので、50年前のTOPIX 連動の株を買っていたとしたら、資産は、

13倍!

になっていたことになります。

ちなみに所得税・住民税の合計は、最高税率50%ですが、株で儲けたお金は、現在優遇されており、今年いっぱいまで、10%です。(本来は、20%)
銀行に預金した場合でも、利息は20%源泉分離課税ですので、国の税制から見る優先順位は、


働くより、預金するより、株を買いなさい

ですかね!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


退職金の運用先の1つに生命保険を活用されている方が増えています!
今日は、お薦め退職金運用の4日目!

4、変額個人年金保険

簡単に言いますと、

個人年金保険と投資信託

の2つの機能をもった商品です。

元来、特別勘定(ファンド)で運用されるため、将来のインフレに対応できる可能性がある一方で、運用実績により、元本割れの可能性のある商品でしたが、最近の主流は、

元本保証です

イメージとしては、投資信託の元本保証版!なのですが、

いいことずくめ?

いえいえ、当然メリットもあればデメリットもあります。

元本保証しているので、投信に比べ手数料が高い

この商品を選択する場合、

運用益を狙い、リスクを取れる資産なら、投資信託や他の金融商品。

安全第一でも、運用成果も期待したいのなら変額個人年金保険。


というふうに、個人個人の考え方次第で選択する金融商品が変わってきます。

また、変額個人年金保険は、万が一の時に死亡保険金になりますので、法定相続人1人につき500万円を非課税金額として控除できます。

銀行に500万円の預金をしていれば、当然、相続税の対象になりますが、保険ならではの大きな特典ですので、500万円×法定相続人分の非課税枠は確保しておきたいものですね!

私の考え方としては、資産運用は、資産を分散することが一番重要ですので、こういった保険も1部組み入れることをお薦め致します

大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  






保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


退職金の運用先の1つに生命保険を活用されている方が増えています!
今日は、お薦め退職金運用の3日目!

3、終身保険(ドル建て)

今日は、加入例は省略しますが、最近人気の終身保険のドル建てバージョンです。

ご存知のようにアメリカは日本に比べて金利が高いですので、予定利率も高くなっています。

予定利率が高いということは、保険料は安いということです。

保険料は安いということは、

死亡保険が安く買える

と言い換えることができます。

また、3大疾病時には、大きな保障が付いているものも大人気です。

年齢があがりますと、3大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)のリスクがかなり上がりますよね。

そして、もう1つ、ドル資産を持つことはリスク分散(通貨分散)になるということです。

外貨建てMMFや外貨預金で人気のドルですが、保険で持つこともできるのですよ

死亡保険がついて、貯蓄タイプで、3大疾病も保障され、リスク分散ができる、

一石四鳥の保険ですね!


退職金運用は、資産を分散することが基本ですので、こういった保険も1部組み入れることをお薦め致します


大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  






保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


退職金の運用先の1つに生命保険を活用されている方が増えています。
今日は、お薦め退職金運用の2日目!

2、ドル建て1時払い終身保険

60歳 男性 死亡保険20万ドル(1ドル110円で2200万円)
1時払い保険料 128436ドル(1ドル110円で14,127,960円)
(最低保障利率2.75%で計算しています。今月契約のレートは4.34%ですので、実際の支払額はかなり上記より少なくなります。)

約12万8千ドル支払うと、終身の死亡保障20万ドルを買えるという保険です。

(人間はいつか亡くなりますから、お葬式代を銀行預金においておくなら、保険会社に預けた方がお得ですネ!)

そして、15年後に解約した場合、なんと、

154,700ドル(1ドル110円の場合、17,017,000円)

が確定しています。


退職金運用は、預金や投資信託だけではありません。

こういった生命保険ならではの商品もあります

ちなにみ、当店スタッフの親も数名加入している保険です



大好評の匿名Pスタメール相談はこちらよりどうぞ!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


退職金の運用先の1つに生命保険を活用されている方が増えています。

昨今では、銀行や郵便局の積極販売もあり、退職金を投資信託で運用している方も多いようですが、ご存知のように投資信託は元本保証ではありません。

例えば、昨年夏に日経平均は18000円でしたが、現在は13000円と3割近く下がっています。

3割資産が減ってしまいますと、気がとても重いですよね。

若い方で長期運用をされている方は問題ありませんが、老後の資金については、なんといっても安全第一です。

そういう意味では、生命保険は老後の資産運用の1つに適している商品の1つと言えると思います

今日から、どういう商品が退職金に適しているか何回かに分けて書いていきたいと思います。

1、終身保険(低解約型終身保険)

ある会社を例にしますと、(60歳、男性の場合)

死亡保険     1000万円
保険料(年払い) 822,150円(10年で総支払額は、8,221,500円)
支払い期間    10年

11年後に解約した場合、8,239,000円(返礼率 100.2%)

上記の例ですと、支払った保険料より少しですが多く戻ってくることが分かります。

運用としては銀行金利より低いですが、1年目で死亡したとしても1000万円が支払われますので、預金にはない機能(生命保険)ですよね!


60歳と言えば、若い時より病気や死亡するリスクがかなり高くなりますので、この死亡保険を10年以内に家族が受け取る可能性も少ないとは言えないと思います。
(終身保険ですので、解約しなければ、一生涯の保障になります)


そして、なにより支払った保険料以上に戻ってくるのですから、老後の資金を振り分ける場合、この生命保険を選択肢として入れてみてはいかがでしょうか!




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


メール相談をご利用のsuzu様へ。

メールの返信をさせていただきましたが、エラーで送信できませんでした。

再度、アドレスをご確認させていただければと思いますので、お手数でございますがご連絡いただけますでしょうか!

宜しくお願い致します。


さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  



保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


今日は、ちょっと息抜きに、第一生命が毎年行っているサラリーマン川柳をご紹介します。

これが毎年、面白いんですよね~

第一生命のHPに優秀100句が掲載されており、投票で今年のベスト10が決まります。

今日は、特に私が気に入ったものを紹介しますね!


安い値の ガソリン探し 遠出する

花粉症 ボクはハナカミ 王子です 

ミシュランよ 手が届くのは ガイドだけ

カツに牛 お昼は今日も 丼だけぇ~

“オグシオ”は よく飛ぶのかと 聞く上司

いつのまに! 娘と嫁が 大連立

年金は 賭けるつもりで 掛けている

国民の 年金、損なの 関係ねえ

お出掛けで いつもパパだけ 同じ服

社長業 今や問われる 謝罪力




ちなみに昨年の優秀賞は、

脳年齢 年金すでに もらえます

一昨年は、

昼食は 妻がセレブで 俺セルフ

でした!

皆さんもぜひ第一生命のホームページより投票して見て下さい!



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


そろそろ確定申告の時期ですので、生命保険料控除について説明したいと思います。

簡単に言いますと、

年間保険料が10万円以上の場合、(住民税は7万円以上)

所得税 50000円

住民税 35000円

が控除されるというものです。

ここで注意が必要なのは、所得税が5万円戻ってくるわけではないということ。
(勘違いされている方もいらっしゃいますので、念のため・・)

あくまで、控除 です。

例えば、課税所得500万円の場合、所得税は20%ですので、

5万円×20%=10000円

が戻ってくるというものです。

10万円支払って10000円なら、

利回り10%ということですね。

20万円なら、5%です


このように生命保険は税制上も優遇されています

参考までに、生命保険料控除とは別に、個人年金保険料控除もありますよ!




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


埼玉県の越谷市のホームページは、外国語に翻訳できるということで、利用者が増えていて、大変好評だそうです。
(ちなみに、岡山県の倉敷市に次いで2例目だそうです)

実は、当ブログも

英語、韓国語、中国語

に変換できる機能を備えております。(右の真ん中あたりです・・・)

外国人の方もぜひ参考にして頂ければと思います


生命保険は外国人でも加入できます。

いくつか条件が付く保険会社もありますが、お気軽にご相談下さい。

ただし、当店スタッフは、日本語しかしゃべれませんので、ご了承くださいネ・・・

あと参考までに、大阪弁、博多弁、名古屋弁、広島弁、にも変換でき、

ルー語もOKです




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


遺族年金や老後の年金については、よく質問を受けるのですが、

今日は、特に

自営業者の方に

声を大にして、書いてみたいと思います。

《自営業者(国民年金)の方の注意点》

①遺族年金は、子供が18歳までしか支給されません。

②遺族年金は、子供がいないと支給されません。

③老後の年金は、夫婦2人で満額でも約160万円(年間)しかもらえません。


サラリーマン(厚生年金)は給料天引きで、厚生年金保険料が引かれていますので、遺贈年金も老後の年金もその分、多くなります。(少ないですが)

反面、自営業者は、自分で何らかの手段で積立をしないと、

遺族年金も

老後の年金も

サラリーマンよりずっと少ない


ということです。

ということは、

保険加入も自営業者とサラリーマンでは大きく違ってきます 



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 



「カレーを食べると頭が良くなるんです」

一昨日のニュースで、日本薬科大学教授で、東京・日本橋でクリニックを開業する丁宗鐵医師の記事をご紹介します!

師曰く、

カレーを食べると脳内の血流量が増加して、集中力や計算力があがることが分かったとのことで、カレーを摂取すると脳内の血流が2~4%増えることが確認されたそうです。

「私が薦めたいのは、味噌汁のように、朝食としてカレーを食べることです。受験生は夜遅くまで勉強するから、どうしても夜型の生活パターンになりがち。でも、本番の試験は朝早くから始まるのですから、朝から頭がフルに動くようにしないといけない。そのための『スイッチの切り替え』に、カレーが役に立つのです」


ちなみに、メジャーリーグで活躍するイチロー選手も、朝食と昼食を兼ね、毎日カレーライスを食べているそうですよ


毎日、朝からカレー???

カレー好きの私には、結構、良いかも




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


最近、環境問題についての記事をよくみかけます。

地球温暖化、オゾン層破壊、奇形動物出現や動物の絶滅、海水面の上昇、排ガス問題、・・・

今日は、12歳の少女の

伝説のスピーチ

のご紹介です。






さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


先日、国境なき医師団の特集をテレビでやっていましたね。

国境なき医師団とは、貧困地域や紛争地域を中心に医療援助を行っている団体です。

日本は経済的に豊かですので実感がありませんが、世界の中には、水もなく、寝るところもなく、病気の治療も受けられない子供達がたくさんいます。

5歳までに3人に1人が亡くなる地域もあります。

1日、3万人が貧困で亡くなってると言われています。

10億人以上の人がにごった不衛生な水を飲んでいるそうです。



皆さん、今日から寄付をしませんか!


1000円で250人の給食が作れるそうです。

2000円で100人に緊急栄養食を与えることができるそうです。

5000円で毛布8枚を送ることができるそうです。

1万円でおよそ250人に予防接種を行うために必要な医療機器を購入できるそうです。


毎月、1000円とか2000円程度でも良いと思います。
それくらいなら、負担にならないですよね?

働いた中の少しの金額で、世の中の役に立つことができるのですよ!


私も小額ですが、昨年からクレジットカード会社経由で毎月、寄付をしていますし、コンビニやファーストフード店では、なるべく小銭を募金するようにしています。

生命保険も、少ない掛け金で万が一の時には大きな保障が得られるように支え合いの精神から成り立っています!




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  




保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


スタンダード&プアーズ社の保険会社格付け最新情報です。(最終更新日 2008-01-29)

保険会社は、保険財務力がどれくらいか格付けされています。
最近は、マネー雑誌やインターネットでも公開されていますが、今日は最新版をお届けいたします。

(例)AA   債務を履行する能力は非常に高く、最上位の格付け(「AAA」)との差は小さい。
(他の格付けの記号は、S&P社のホームページよりご確認下さい)



アイエヌジー生命保険 AA-/安定的/--

あいおい損害保険 8761 A+/安定的/--

アクサ生命保険 AA/安定的/--

アクサ フィナンシャル生命保険 A+/ポジティブ/--

朝日生命保険 BB+/安定的/--

アメリカンファミリー生命保険 AA/安定的/--

アメリカンホーム保険 AA+/安定的/--

アリコ・ジャパン AA+/安定的/--

AIGエジソン生命保険 AA+/安定的/--

AIU保険 AA+/安定的/--

エース損害保険 A-/安定的/--

オリックス生命保険 A-/安定的/--

共栄火災海上保険 A-/安定的/--

ジブラルタ生命保険 AA/安定的/--

住友生命保険 BBB+/ポジティブ/--

セコム損害保険 A-/安定的/--

ソニー生命保険 A+/安定的/--

損害保険ジャパン 8755 AA-/安定的/--

損保ジャパンひまわり生命保険 AA-/安定的/--

太陽生命保険 A/ポジティブ/--

第一生命保険 A/ポジティブ/--

大同生命保険 A/ポジティブ/--

東京海上日動あんしん生命保険 AA/安定的/--

東京海上日動火災保険 AA/安定的/--

トーア再保険 A+/安定的/--

日新火災海上保険 8757 A/ポジティブ/--

ニッセイ同和損害保険 8759 A+/安定的/--

日本興亜損害保険 8754 A+/安定的/--

日本生命保険 AA-/安定的/--

ハートフォード生命保険 AA-/安定的/--

日立キャピタル損害保険 A-/安定的/--

フェデラル保険 AA/安定的/--

富国生命保険 A-/ポジティブ/--

富士火災海上保険 8763 A-/安定的/--

プルデンシャル生命保険 AA/安定的/--

マスミューチュアル生命 AA/安定的/--

マニュライフ生命保険 AAA/安定的/--

三井住友海上火災保険 8752 AA/安定的/--

三井住友海上きらめき生命 AA/安定的/--

三井住友海上メットライフ生命 AA/安定的/--

三井生命保険 BBB-/ポジティブ/--

明治安田生命保険 A-/ポジティブ/--




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  



保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


最近は、生活関連の値上げラッシュがすごいですね。

ガソリン・灯油、食品は多数、タクシー、電気、ガス・・・・

物の値上げは、給料が減っていると同じことなんですよ

まずいですよね~

皆さん、こういう時代こそ、生活防衛のための、夢の実現のためのきちんとしたライフプランが必要だと思いませんか

私は、一応ファンナンシャルプランナーですので、8年くらい前から自分のライフプランを作成し、毎月の家計簿(家計簿というかキャッシュフロー表)で収入と支出のバランスをチェックしています。

大きなお金のかかる支出や年間の旅行の予定なども、計画的に準備しています。

そうすると、海外旅行に行くとか家電製品を買うとか車を現金で買うとか、小さな目標ですが、確実に達成することができます。

それが喜び・楽しみにもなるんですね~

その中でも特に、毎月の支出が大きい住宅ローンと生命保険等の見直しは、

キモ

ですよ



さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  



保険ブログランキングはこちら!
(一日1回応援クリックを宜しくお願いします
 
 


営業のセールストークのテクニックの1つに

「イエス・バット方式」

というのがあります。

これは、お客様の反論や拒絶に対して、まずお客様の気持ちを受け止めてから、やんわりと切り返すいうものです。
最初から、お客様の意見を否定するより、その後の会話(商談)がうまくいくというテクニックの1つですね。

これは子供の教育にも当てはめることができます。

例えば、

「ママ、もう疲れたから帰ろうよ」

「そうね。ママも疲れたから早く帰りたいわ」

「ねえねえ、早く・・・・」

「ママも足が痛くなってきたわ、最悪ね」

「疲れてお腹すいたよ~」

「もうすぐだから、終わったら美味しいものをいっぱい食べようね!ママが頑張って作ってあげるからね!」

「分かった」


このようにスムーズにいくかどうか分かりませんが、まずは、

子供の言っていることを受け止めることが非常に大切だという例です。

この「イエス・バット方式」を使うと、子供と良好な関係が築け、怒ることも少なくなりますよ

お母さん、試してみてはいかがですか




さらに詳しい保険節約・見直し情報をお探しなら保険ランキングへ 

保険ランキングはこちら(一日1回応援クリックお願いします)  





全タイトルを表示

保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433

Author:保険Pスタジオ      ㈱フィックス.ジャパン  0120-310-433
年齢 45歳
血液 O型
出身 大分 山口
資格 ・CFP ・証券外務員2種 ・DCプランナー ・トータルライフコンサルタント
趣味 仕事 海外旅行 ジム ゴルフ 犬の散歩 マッサージ 読書


ファイナンシャルプランナーによる生命保険の節約アドバイス専門店!

当店では、以下の4つをモットーに保険提案をさせて頂きます。

1、お客様のご希望に沿った保険の提案をします!
(保険会社が売りたい商品ではなく、お客様が買いたい商品を提案します。)

2、その保険の中で1番安い組み合わせで提案させていただきます!
(同じ商品でも最大2倍近く保険料が違う場合もありますので、最も安い組み合わせを提案します)

3、しつこい勧誘等は一切行いません!
(保険相談の途中で、考え方の相違などちょっと合わないかな?と思ったら いつでも相談をストップして頂いても全く問題ありません!)

4、相談料や契約時の交通費等、保険料以外のお金は一切頂きません!
(保険料もそれぞれの保険会社へ直接振り込んで頂きますので、お客様との金銭の授受はございません)

東京・埼玉・神奈川は、無料でご自宅まで相談にお伺いさせて頂きます。(1~2週間先、または土・日は予約が埋まっていることが多いですので、早目に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。